Pocket

アルビオンの化粧水は、アットコスメの化粧水ランキングで常にトップ5に入るほどの人気商品です。

「お値段ちょっと高めで、美肌効果の高い化粧水を使いたい」と考えている女子なら、やっぱり気になりますよね。

 

ただ、アルビオン化粧水の成分をチェックしてみると、お肌によくない成分が配合されている商品や値段の割に高価な美肌成分が入っていない残念な商品見つかりました。

そこで、今回は、アルビオン化粧水の成分を分析して分かった”落とし穴”や”本当の効果”についてお伝えします。

 

「アルビオン化粧水のお肌によくない成分が気になる!」

「アルビオンの化粧水ってたくさん種類があるけど、どれを使えばいいのか分からない」

「アルビオンの化粧水って、毛穴開きやニキビ跡に効果があるの?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

あっ、ちなみに保湿効果が高い化粧水を探しているなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されたナールスピュアという化粧水の方が、アルビオンより人気ですよ。

 

アルビオン化粧水の成分評価や効果まとめ

アルビオンの化粧水は、全部で15種類ありますが、今回は特に人気の高い以下の7商品の成分や効果を調査したので、その結果を紹介します。

  1. 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(スキコン)
  2. モイストフル ローション I
  3. セルライブ ローション
  4. ホワイトアップ ローション II
  5. ダーマ パンプ ローション
  6. ホワイトニング パンプ ローション
  7. アクネモイストローション

 

薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(スキコン)の成分評価や効果

スキコンの全成分はこちらです。

それでは、成分評価から判明したスキコンの良い点(美肌効果)と悪い点について説明します。

良い点

まず、スキコンにはグリチルリチン酸ジカリウムという強力な消炎作用を持つ成分が含まれているので、ニキビの赤みを鎮めたり、ニキビの予防に効果を発揮します。

 

悪い点

エタノールが含まれているので、お肌に刺激感が出たり、お肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

また、ハマメリスエキスは収れん作用があり、お肌を引き締めて、一時的に毛穴を目立たなくしてくれます。

しかし、敏感肌には刺激が強い成分なので、できるだけ避けた方がいいでしょう。

 

総合評価

スキコンは、皮脂過剰によるニキビケアには適した商品です。

ただ、保湿効果の高い成分はなく、お肌によくない成分も配合されているので、脂性肌でニキビに悩んでいる人以外は使わない方がいいかと思います。

スキコンに点数をつけるなら、40点くらいですね。

 

スキコンは、110mlで3500円(税抜き)であり、高級化粧品アルビオンのラインナップの中では安い方です。

しかし、お肌によくない成分が入っていて、保湿効果も乏しいので、私なら使いたくないですね。

アットコスメの星評価もMAX7つ星のうち4.8しかなく、ユーザーからの評価も低いですしね。

 

もし、あなたが保湿効果の高い化粧水を探しているなら、乾燥に悩む女性の90.2%が効果を実感しているナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水がおすすめですね。

モイストフル ローション Iの成分評価や効果

モイストフル ローション Iの全成分はこちらです。

保湿効果の高い成分として、加水分解ヒアルロン酸が含まれているので、お肌の潤いを保持する力はまずまずですね。

先程のスキコンよりも保湿力は高いです。

 

ただし、モイストフル ローション Iは、水の次に配合量が多い成分としてエタノールが表記されています。

エタノールは、さっぱりした使用感を与えてくれるのですが、揮発性が高くてお肌を乾燥させる恐れがあります。

 

なので、あなたがお肌の乾燥で悩んでいるなら、エタノールの配合量が多い化粧品は避けた方がいいでしょう。

点数をつけるなら、50点くらいです。

 

セルライブ ローション の成分評価や効果

セルライブ ローションの全成分はこちらです。

セルライブ ローションでは、4番目に配合量の多い成分がエタノールです。

こちらもお肌を乾燥させるリスクがありますね。

加水分解ヒアルロン酸の高い保湿効果もエタノールが台無しにしています。

 

ちなみに、◯◯エキスと名のつく植物エキスは、いかにもお肌に良さそうな印象を受けるかもしれませんが、期待できるのは緩い保湿効果くらいです。

セルライブ ローションに点数をつけるなら、50点くらいですね。

 

ホワイトアップ ローション IIの成分評価や効果

ホワイトアップ ローション IIの全成分はこちらです。

まず、良い点としてはL-アスコルビン酸2-グルコシドという美白有効成分が配合されていることです。

L-アスコルビン酸2-グルコシドは、ビタミンC誘導体と呼ばれており、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、黒色メラニンを分解したりする働きがあります。

そのため、日焼けによるシミを予防したり、ケアしたりする効果が期待できます。

 

また、ビタミンC誘導体は、メラニンの排出を促す作用もあるので、ニキビ跡の茶色いシミをスムーズに排出するように働きかけてくれます。

 

反対に悪い点としては、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲンなどが含まれていない点です。

先のセルライブ ローションの方が保湿力は高いでしょう。

 

また、お肌によくないエタノールも配合されています。

美白化粧水としては優れていますが、保湿効果はあまり期待しないでください。

点数をつけるなら60点くらいですね。

 

ダーマ パンプ ローションの成分評価や効果

ダーマ パンプ ローションの全成分はこちらです。

まず、良い点としてはアセチルヒアルロン酸Naと加水分解ヒアルロン酸が含まれていることです。

アセチルヒアルロン酸Naは、肌なじみがよくて、保湿力の高いヒアルロン酸よりもさらに水分保持力が強いので、高い保湿効果が期待できる成分です。

お肌の表面や角質層内で水分を捕まえてキープすることで、お肌の潤い維持に貢献してくれます。

ここまで紹介した商品のなかでは、最も高い保湿効果が期待できますね。

 

次に、悪い点としては、DPGやエタノールが配合されている点です。

DPGは目や肌に刺激を感じる人もいるので、できるだけ避けたい成分ではあります。

最後に点数をつけるなら、65点くらいですね。

 

ホワイトニング パンプ ローションの成分評価や効果

ホワイトニング パンプ ローションの全成分はこちらです。

まず、良い点としては、ホワイトアップ ローション IIと同様に、ビタミンC誘導体のL-アスコルビン酸2-グルコシドが含まれていることです。

そのため、日焼けによるシミの予防やケア、ニキビ跡のシミのケアにピッタリですね。

 

次に、悪い点としてはエタノールが配合されている点や、保湿力の高いヒアルロン酸が入っていない点です。

そのため、お肌の潤いをキープする力に欠けますね。

点数をつけるなら、60点くらいです。

 

アクネモイストローションの成分評価や効果

アクネモイストローションの全成分はこちらです。

まず、良い点としては、スキコンにも配合されていたニキビ予防に効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれている点です。

また、保湿効果や抗炎症作用のあるD-パントテニルアルコールも有効成分として配合されているので、ニキビケアには効果を発揮しそうですね。

 

反対に悪い点としては、こちらも保湿効果の高い成分が見当たらないことです。

点数をつけるなら、50点くらいですね。

お肌の乾燥が気になる方は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が含まれた化粧水を使った方がいいでしょう。

 

アルビオンの化粧水のまとめ

アルビオンの化粧水はお肌によくない成分が配合されているアイテムが多いので、選ぶときには商品の成分表示をよくチェックしてください。

特に、お肌の乾燥で悩んでいる人は、エタノールの配合量が多いものは避けた方がいいでしょう。

 

もし、あなたが、お肌の乾燥で悩んでいるなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されてバカ売れしているナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水の方が、アルビオンよりおすすめですよ。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ナールスピュア+の成分評価や効果まとめ|保湿効果とエイジングケア効果が高い!界面活性剤不使用なので、お肌にも優しい!

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link