Pocket

この記事では、メンズ洗顔料・Amsk(アムスク)の口コミや評判について紹介します。

また、Amsk(アムスク)の成分を評価すると、ニキビに効果のある有効成分が入っており、ニキビ予防や改善に役立ちそうです。

Amsk(アムスク)の口コミや評判

まず、Amsk(アムスク)洗顔料の口コミや評判について、通販サイトやSNS、公式サイトなどをチェックしたのですが、商品が発売されたばかりということもあって口コミ件数はゼロでした。

公式サイトには、楽天で1位をとったとステッカーマークのようなものがのっていましたが、楽天では現在販売されていないようです。

ここは謎ですね。

 

ただ、実際に使用した人がレビュー記事をネットにあげており、それによると、以下のように評価されています。

  • 泡立ちはよく、手を逆さにしても落ちない泡ができる
  • ニオイは無臭
  • 洗いあがりは突っ張らず、爽快感もあって気持ちいい
  • 容器の口が大きくて、取り出すときにドバっと出た

 

ただ、この口コミだけを信用するのは心もとないので、Amsk(アムスク)洗顔料に含まれるすべての成分をチェックし、評価しておきます。

 

Amsk(アムスク)の成分評価

まず、Amsk(アムスク)の公式サイトを見ると、洗顔料に含まれる成分は一部は開示されていましたが、全成分の表示はありませんでした。

また、販売会社のサイトもくまなく探したのですが、やはり全成分の記載はなかったです。

そこで、販売元に問い合わせると、ようやく全成分を開示してもらえました。

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール

その他成分:ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ジステアリン酸エチレングリコール、セタノール、石鹸用素地、ジブチルヒドロキシトルエン、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、フェノキシエタノール、濃グリセリン、精製水、水酸化カリウム、エデト酸二ナトリウム、銅クロロフィリンナトリウム、ヨモギエキス、1,3-ブチレングリコール、ドクダミエキス

 

では、これらの成分について評価していきます。

 

有効成分について

まず、Amsk(アムスク)には、グリチルリチン酸ジカリウムとイソプロピルメチルフェノールという2つの有効成分が含まれており、単なる化粧品ではなく、医薬部外品にあたります。

グリチルリチン酸ジカリウムは、強力な消炎作用があり、ニキビの悪化を防いだり、予防する目的でスキンケア商品によく配合される成分です。

 

イソプロピルメチルフェノールは、通常は防腐剤として化粧品に配合されることが多いです。

殺菌作用があり、アクネ菌を抑える働きがあります。

また、抗真菌作用もあるので、背中ニキビの原因になるマラセチアも殺菌してくれます。

 

ただし、殺菌作用の強い成分にはデメリットもあり、皮膚を雑菌から守っている皮膚常在菌をも殺菌してしまう恐れがあるということです。

つまり、アクネ菌は退治できますが、そのせいで外部の雑菌には弱くなってしまい、人によっては逆にニキビを増やしてしまうこともあります。

 

そのため、アムスクを使ってみてニキビが増えていくようなら、ただちに使用を中止した方がいいでしょう。

 

洗浄力について

Amsk(アムスク)には、ピンク色マーカーで示したように、3つの界面活性剤が含まれています。

これらの界面活性剤には洗浄作用があり、皮脂汚れを水に混じり合わせて洗い流してくれます。

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)は、非イオン界面活性剤なので、肌への刺激は無視できるほど小さく、洗浄力もマイルドです。

 

ただし、石鹸用素地やヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム(ココイルメチルタウリンNa)は、陰イオン界面活性剤なので、洗浄力が高く、肌には少なからず刺激になります。

成分を見る限り、Amsk(アムスク)は洗浄力が高いので、洗顔後に美容液などでしっかりと保湿ケアをしておかないと、人によっては肌の乾燥を招く可能性があります。

 

潤い成分について

Amsk(アムスク)洗顔料には、水色マーカーで示したように潤い成分が配合されています。

これらの潤い成分は、洗顔後のすすぎでほとんど洗い流されてしまうのですが、洗顔時には肌を保護する働きがあり、肌に必要な成分を落としすぎてしまうことを防いでくれます。

また、セタノールという成分も肌になじんで水分蒸発を防ぐ皮膜をつくる働きあります。

 

総合評価

Amsk(アムスク)洗顔料は、ニキビ予防に効果のある有効成分・グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている医薬部外品なので、ニキビに悩んでいる人に向けた洗顔料だと考えられます。

また、洗浄力も強いので、皮脂過剰が原因でニキビができている脂性肌の人にはピッタリです。

ただし、肌の乾燥が原因でできる乾燥ニキビの人は、避けた方がいいかもしれません。

 

Amsk(アムスク)洗顔料は洗浄力が強いので、乾燥肌の人が使うと、もともと少ない皮脂が洗い流されてしまい、肌のバリア機能が弱くなってしまい、肌トラブルを悪化させる恐れがあります。

乾燥ニキビの人は、まずは化粧水、乳液、美容液などでしっかり保湿ケアして、肌の水分保持量を増やし、水分と油分のバランスを整えることが先決です。

 

以上から、Amsk(アムスク)洗顔料は、以下のような人におすすめです。

  • 日中肌がテカって、ベタついている
  • ベタつき肌でニキビが多い
  • 冬場でも日中は肌がベタついている
  • あぶらとり紙が手放せない
  • 鼻の横を油が流れている

 

このような脂性肌や皮脂過剰からくるニキビに悩む男性にとっては、Amsk(アムスク)の有効成分や洗浄力が役立つでしょう。

 

なお、現在アムスクはモニターを募集しており、先着5000名限定で、洗顔料と美容液をかなりお得に購入できるようです。

詳しく知りたい方は、以下の公式サイトを覗いてみてください。

公式サイト⇒今すぐamskで肌ケアを行い、ニキビ肌やベタついた肌とはおさらばして、潤いのあるスベスベ肌を手に入れる!
Amsk(アムスク)

sponsored link