Pocket

この記事では、アスタリフト美容液(エッセンス インフィルトとエッセンス デスティニー)の成分評価や効果について説明します。

 

「アスタリフト美容液って、シミを美白してくれるのか気になる」

「お肌によくない成分が入っていないか心配」

「どんな美肌効果が期待できるのかな?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

エッセンス インフィルトの成分評価や効果|お肌によくない成分配合!

エッセンス インフィルトの全成分はこちらです。

有効成分:リン酸L-アスコルビルマグネシウム、グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、γ-オリザノール、ツボクサエキス、水溶性ツボクサエキス、酵母エキス(3)、マロニエエキス、天然ビタミンE、大豆リン脂質、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、アルカリゲネス産生多糖体、ベタイン、ジグリセリンDPGエタノールPOEメチルグルコシド、POE水添ヒマシ油、オレイン酸ポリグリセリルショ糖脂肪酸エステルPOEフィトステロールグリセリン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤

有効成分

エッセンス インフィルトは医薬部外品であり、有効成分としてリン酸L-アスコルビルマグネシウムとグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。

リン酸L-アスコルビルマグネシウムは、ビタミンC誘導体と呼ばれる美白有効成分です。

 

ビタミンC誘導体は、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、できてしまったメラニンを分解したり、メラニンの排出を促す働きがあります。

そのため、紫外線を浴びてできたシミやニキビ跡のシミなどのケアにとても効果的な成分ですね。

 

続いて、グリチルリチン酸ジカリウムは、強力な抗炎症作用があるので、赤く腫れたニキビを鎮めたり、肌荒れを予防する効果が期待できます。

 

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿効果がそこそこ高い成分は、水溶性コラーゲン液くらいですね。

ヒアルロン酸などの保湿力が高い成分は配合されていません。

 

界面活性剤

ピンク色で示した成分は界面活性剤です。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

この界面活性剤は、お肌への成分の浸透性を高める目的などで使われています。

 

ただ、界面活性剤の配合数や配合量が多くなるとお肌への負担が懸念されます。

通常の美容液なら1~2種類くらいは界面活性剤が配合されますが、エッセンス インフィルトには、界面活性剤が5種類も含まれており、お肌への負担が大きいと考えられます。

 

お肌によくない成分

お肌によくない成分は、DPGエタノールです。

DPGは目や肌に刺激を感じる人もいるいわくつきの成分です。

 

エタノールは、化粧品の成分の浸透感を演出したり、さっぱりした使用感を出してくれる便利な成分です。

しかし、エタノールは揮発性が高く、蒸発するときにお肌の水分を巻き込んで、一緒に蒸発させてしまうので、お肌を乾燥させてしまうリスクがあります。

なので、お肌の弱い人はDPGやエタノールのような刺激性に懸念がある成分は避けた方がいいでしょう。

総合評価

エッセンス インフィルトは、ビタミンC誘導体が配合されているので、シミのケアには効果を発揮してくれるでしょう。

また、消炎作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれているので、ニキビ予防にも役立ちます。

 

ただし、保湿力の高い成分が含まれていないので、この美容液1本では保湿しきれない可能性があります。

特に、冬場は別の保湿化粧品を追加で塗布する必要がある人も出てくるでしょう。

あと、界面活性剤の配合数が多かったり、お肌への刺激性が懸念される成分も入っているので、お肌の弱い方は使わない方がいいでしょうね。

 

もし、あなたが美白効果が高くて、お肌に優しい美容液を探しているなら、販売数が60万個を突破した、ペネロピムーンという今話題の美白美容液をチェックしてみてください。


エッセンス デスティニーの成分評価や効果|保湿力はイマイチ!

エッセンス デスティニーの全成分はこちらです。

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、リン酸アスコルビルMg水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンヘマトコッカスプルビアリス油トマト果実エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、加水分解エラスチン、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、アルギニン、ローヤルゼリーエキス、加水分解水添デンプン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、プルラン、オレイン酸ポリグリセリル-10ステアリン酸ポリグリセリル-2ステアリン酸スクロース、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルルチン、グリコシルトレハロース、キサンタンガム、ダマスクバラ花油、クエン酸、水酸化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

ヒアルロン酸のような保湿力の高い成分は配合されていません。

 

強いて言えば、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチンあたりは、まずまずの保湿効果があります。

これらの成分は、水を抱え込んで保持する働きがあり、湿度が下がっても水分をキープしてくれます。

ただ、ヒアルロン酸と比べると保湿力では劣りますね。

 

油分

油分はオレンジ色で示しています。

油分は、お肌にツヤを出したり、滑らかな感触を与えてくれる成分です。

 

美肌成分

美肌成分としては、リン酸アスコルビルMgが配合されています。

この成分はビタミンC誘導体と呼ばれていて、上で説明したように、シミのケアに効果的な成分です。

また、ビタミンC誘導体はお肌によくない活性酸素にアプローチしてくれます。

 

界面活性剤

ピンク色の成分は界面活性剤です。

エッセンス デスティニーには、界面活性剤が4種類も配合されていて、お肌への負担が気がかりです。

 

総合評価

エッセンス デスティニーは、コラーゲンやエラスチンが含まれているので、保湿効果はまずまずですが、決して高くはありません。

美肌成分としてビタミンC誘導体が配合されているので、活性酸素による肌トラブルを防いでくれます。

ただし、界面活性剤の配合数が多いのはマイナスポイントですね。

 

アスタリフト美容液のまとめ

アスタリフト美容液のエッセンス インフィルトは、ビタミンC誘導体が配合されているので、紫外線によるシミやニキビ跡のシミのケアには効果的です。

また、消炎作用のある成分も含まれているので、ニキビケアにも役立ちます。

 

ただし、保湿力は弱いので、この美容液1本だけでは冬場は厳しいでしょう。

あと、お肌によくない成分が入っていたりして、肌の負担が大きいので、お肌の弱い方は使わない方がいいでしょうね。

 

エッセンス デスティニーは、ビタミンC誘導体が含まれているので、肌トラブルの予防に役立ちます。

ただし、保湿効果がイマイチですし、界面活性剤の配合数が多いのがマイナスポイントです。

sponsored link