Pocket

毎日忙しいママのために生まれた時短ケアコスメ・アベンヌミルキージェル。

「忙しくてスキンケアに時間をかけられないけど、いつまでも綺麗なママでいたい」

そんなママさんたちから人気の保湿ジェルです。

 

この記事では、そんなアベンヌミルキージェルの成分解析や効果について説明します。

「アベンヌミルキージェルを使いたいけど、お肌に悪い成分が入っていないか気になる」

「ニキビには効果あるのかな」

「このジェルにどんな美容効果があるのか知りたい」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果の高いジェルを探しているなら、最強の保湿成分・セラミドが配合されたシュセラモイストゲルをチェックしてみてください。

 

アベンヌミルキージェルの成分解析や効果

まず、アベンヌミルキージェルの全成分はこちらです。

水、BGトリエチルヘキサノインプロパンジオールスクワラングリセリンミリスチン酸ポリグリセリル-10、温泉水、ベタインペポカボチャ種子油、レシチン、ギンバイカ葉エキスアボカド油コンドロイチン硫酸Na、ヒアルロン酸Naトコフェリルグルコシド、トコフェロール、パルミチン酸セチル、ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、カルボマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、水添ココグリセリルペンチレングリコール、フェノキシエタノール、ポロキサマー188、水酸化K、PGステアロイルメチルタウリンNa、ステアリン酸ソルビタン、香料

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿成分は、お肌の潤いをキープして、乾燥からお肌を守ってくれる成分です。

アベンヌに配合された保湿成分では、ヒアルロン酸Naが保湿力の高い成分です。

 

ヒアルロン酸Naは、スポンジが水を含んでいるときのように、大量の水分を抱え込んで保持する働きがあり、保湿力に優れた成分です。

ヒアルロン酸Naはお肌の表面にしっとりとした保護膜をつくって、お肌を乾燥から防ぐとともに、角質層の水分量を高めて、お肌の潤いをアップさせます。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、お肌を柔らかくしたり、ツヤを出したり、滑らかに整えたり、保護したり、水分蒸発を防いだりといった様々な効果が期待できます。

 

収れん成分

黄緑色で示したギンバイカ葉エキスは、保湿作用と収れん作用を持つ成分です。

このエキスは収れん作用があるので、お肌になじんだ後で肌を引き締めて、キメを細かく整えてくれます。

これにより、お肌が滑らかに整ったり、一時的に毛穴が目立たなくなったりといった効果が期待できます。

 

界面活性剤

ピンク色で示したものは界面活性剤です。

界面活性剤は、保湿成分などの水に溶けやすい成分と、水に溶けない油分を混ぜ合わせる働きがあります。

つまり、水性の成分と油分のつなぎ役といったところですね。

 

また、界面活性剤は保湿成分や美肌成分のお肌への浸透性を高める働きもあります。

ただし、界面活性剤は配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなってしまいます。

 

ここで、通常の化粧品であれば、界面活性剤の配合数は2つか、多くても3つくらいです。

しかし、アベンヌミルキージェルでは、界面活性剤が6種類も配合されており、お肌への負担が大きいです。

しかも、そのうちの一つステアロイルメチルタウリンNaは、洗浄剤としても使われる界面活性剤なので、お肌への負担が懸念されます。

 

お肌に悪い成分

お肌に悪い成分は、赤色で示したPGです。

PGは保湿作用のある成分ですが、お肌への浸透性が懸念されていて、最近では化粧品への配合が控えられているいわくつきの成分です。

 

総合評価

アベンヌミルキージェルは、ヒアルロン酸Naが配合されているので、保湿力は高めです。

また、油分が複数配合されているので、お肌を柔らかくしたり、滑らかに整えたりといった効果が期待できます。

さらに、収れん作用のある成分も含まれているので、お肌を引き締めて、キメの整った美しい肌つくりに役立ちます。

 

ただ、残念なのは界面活性剤の配合数が多く、お肌に悪い成分も配合されているので、肌への負担が大きめだということです。

なので、乾燥肌や敏感肌のようにお肌が弱い人は使わない方がいいでしょう。

また、ニキビなどの肌荒れを起こしているお肌にも刺激になるので避けたいところです。

 

ちなみに、お肌に優しくて、お肌をぷるっぷるに潤してくれるジェルを探しているなら、最強の保湿成分・セラミドが配合されていて、圧倒的な保湿効果が期待できるシュセラモイストゲルをチェックしてみてください。

シュセラ モイストゲル

アベンヌミルキージェルのまとめ

アベンヌミルキージェルは、保湿力の高い成分が配合されているので、お肌の潤いをキープする効果は高めです。

ただ、敏感肌用とのことですが、実際には界面活性剤の配合数が多くて、お肌への負担は大きめなので、お肌の弱い人や肌荒れしている人は使わない方がいいですね。

なお、このアベンヌミルキージェルには、ニキビに効果的な消炎成分は配合されていないので、ニキビケアには不向きです。

 

ちなみに、あなたが保湿効果の高いオールインワンジェルを探しているなら、今30~40代の乾燥に悩む女性から人気のシュセラモイストゲルをチェックしてみてください。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒シュセラモイストゲルの成分評価や使い方|ニキビやアトピーに効果があるのか?

 

関連記事⇒メルラインの口コミは怪しい?ニキビ跡には効果あり!成分の働きを正しく理解しよう!

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link