Pocket

この記事では、セタフィルのクリームの成分評価について説明します。

「お肌によくない成分が入っていないか気になる」

「ニキビには効果あるのかな?」

「赤ちゃんやアトピー肌の人が使っても大丈夫?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、保湿効果の高いクリームを探しているなら、熊田曜子さんが使っていることでも有名なクラウンセルクリームというクリームの方がいいですよ。

 

セタフィルのクリームの成分評価

まず、セタフィルの保湿クリーム(モイスチャライジングクリーム)の全成分はこちらです。

水、グリセリンワセリンジカプリリルエーテル、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、アーモンド油セタノール、ステアリン酸PEG-30、ジメチコノール、酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、ベンジルアルコール、(アクリル酸グリセリル/アクリル酸)コポリマー 、PGEDTA-2Na、水酸化Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

保湿成分

まず、セタフィルの保湿クリームには、グリセリンという保湿成分が配合されています。

グリセリンはしっとりした使用感が特徴で、緩い保湿効果を持った低刺激の成分です。

 

このグリセリンは、吸湿性があり、空気中の水分を吸収して、お肌を潤してくれます。

ただし、空気の湿度が下がると、保湿力は低下してしまうので、冬場の保湿ケアには不向きですね。

セタフィルの保湿クリームには、保湿成分がグリセリンしか含まれていないので、冬場の保湿効果は期待できません。

 

油分

オレンジ色で示したものは、油分です。

油分は、お肌を柔らかくしたり、油膜を張ってお肌を保護したり、水分蒸発を防ぐ働きがあります。

 

例えば、ワセリンは、安全性が高く、乾燥肌の保護によく使われる成分ですが、油性感が強い(ベタつく)のがデメリットです。

アーモンド油は、塗ったときの肌なじみがよく、お肌を柔らかく保ってくれます。

 

ただし、セタフィルに配合されている油分は、いずれも水分蒸発を防ぐ力は弱いです。

なので、お肌の潤いキープにはさほど貢献してくれません。

ちなみに、水分蒸発を防ぐ力が強いのは、セラミドのような水分保持力の高い油分をいいます。

 

お肌によくない成分

セタフィルには、セタノールPGEDTA-2Naといったお肌によくない成分が含まれています。

まず、セタノールはベタつきが少なく、皮膜を形成する目的でよく配合されますが、アレルギーの懸念がある成分です。

PGは、肌への浸透性が高く、刺激性が懸念される成分であり、最近では化粧品への配合が控えられています。

 

最後に、EDTA-2Naは、キレート剤という化粧品の品質を保つための成分です。

ただ、こちらもアレルギーの懸念がある成分です。

 

総合評価

セタフィルの保湿クリームには、お肌の保護効果に優れたワセリンが入っているので、外部刺激からお肌を守ってくれます。

ただし、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸などの成分は入っていないので、保湿効果は弱いです。

公式ページでは高保湿を謳っていますが、高保湿な成分は1つも含まれていませんね。

 

なので、カサカサした乾燥肌を改善して、潤い溢れるすべすべのお肌にするような効果は期待できないです。

 

また、赤く腫れたニキビに有効な抗炎症作用のある成分は配合されていないので、ニキビへの効果はありません。

また、ニキビ跡に効く美白有効成分も配合されていないので、ニキビ跡への効果も望めないです。

 

そして、セタフィルには、セタノールやPG、EDTA-2Naなどのお肌によくない成分が含まれています。

そのため、敏感肌やアトピー肌のように、お肌の防御機能が弱っている人は使わない方がいいでしょう。

もちろん、赤ちゃんへの塗布もおすすめしません。

 

ちなみに、保湿効果の高いクリームを探しているなら、最強の保湿成分・セラミドが配合されたクラウンセルクリームというクリームが人気ですよ。

公式サイト⇒芸能人も使う高保湿クリームをチェックしてみる!

セタフィルのクリームのまとめ

安価な保湿クリームとして人気のセタフィルですが、成分をチェックしてみると、保湿成分はグリセリンしか入っておらず、保湿効果は弱いことが分かります。

また、お肌への刺激性やアレルギーが懸念される成分が入っているので、お肌の弱い人は使わない方がいいでしょう。

セタフィルのクリームを使ったからといって、すぐにお肌によくない変化が起こるとは考えにくいですが、使い続けることでダメージがどんどん蓄積されていく恐れがあります。

 

もし、あなたがお肌に優しくて、保湿効果の高いクリームを探しているなら、女性タレントが使っていることでも有名なクラウンセルクリームをチェックしてみてください。

保湿力が抜群に高いセラミドが配合されているので、セタフィルよりも圧倒的に保湿効果が高く、お肌をぷるっぷるに潤してくれますよ。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

上で紹介したクラウンセルクリームの成分や効果、レビューなどを知りたい方は、こちらの記事で詳しく説明しています。

関連記事⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使い方まとめ|私が実際に使って気づいたメリット・デメリットも紹介

sponsored link