Pocket

リーズナブルなお値段で、お肌にいい成分がたくさん入っているセザンヌの化粧水。

アットコスメの口コミランキングでもよく上位に食い込んでいます。

この記事では、そんなセザンヌ化粧水の成分解析の結果について説明します。

 

「セザンヌの化粧水が気になるけど、お肌に悪い成分が入っていないか心配」

「アルコールの配合量が多いって聞いたけど、お肌を乾燥させたりしないのかな」

「セラミドが入ってるらしいけど、保湿効果は高いの?」

「ニキビケアには効果あるのか気になる」

「敏感肌だけどセザンヌの化粧水使っても大丈夫?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、保湿効果の高い化粧水を探しているなら、アットコスメで1位を獲得し、累計で100万本以上売れているバイタルコンディショニングローションという化粧水が今SNSで人気ですよ。

 

セザンヌ化粧水の成分解析の結果

まず、セザンヌの化粧水には以下の4つのタイプがあるので、それぞれの商品の成分解析を行います。

・ふきとり化粧水

・スキンコンディショナー

・スキンコンディショナー高保湿

・モイスチュア リッチ エッセンスローション

 

ふきとり化粧水の成分評価

まず、ふきとり化粧水の全成分はこちらです。

水、BGエタノールハトムギ種子エキス乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、アルファルファエキスオウレンエキスグリチルリチン酸2Kヒドロキシエチルウレア、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、クエン酸Na、クエン酸トリエチル、ポリソルベート20、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿成分は、お肌の潤いをキープする働きがあります。

ただし、このふきとり化粧水にはヒアルロン酸のような保湿力の高い成分は配合されていません。

 

消炎成分

続いて、緑色で示したハトムギ種子エキスとグリチルリチン酸2Kは消炎作用があるので、肌荒れを防いで清潔なお肌を保つのに役立ちます。

 

ピーリング成分

次に、黄色で示したクエン酸は、穏やかなピーリング作用があり、古い角質を取り除いてお肌に透明感を与えてくれます。

また、クエン酸はお肌を引き締める収れん作用もあるので、肌のキメを整えて美しく仕上げます。

 

お肌によくない成分

最後に、赤色で示したエタノールは収れん作用があるので、クエン酸同様にお肌を引き締めて綺麗に整えてくれます。

ただし、エタノールは揮発性が高くて、蒸発する際にお肌の水分を奪ってしまうことがあります。

そのため、配合量が多くなると、お肌を乾燥させる恐れがあります。

 

このふきとり化粧水では、水、BGに次いで3番目に配合量の多い成分がエタノールなので、お肌を乾燥させないか気がかりですね。

 

 

総合評価

セザンヌのふきとり化粧水は、クエン酸が配合されているので、穏やかなピーリング効果で古い角質を除去して、お肌に透明感を与えてくれます。

ただ、保湿力が低く、お肌を乾燥させるエタノールの配合量が多い点がデメリットですね。

乾燥肌や敏感肌のようにお肌が弱い人は避けたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、お肌に優しいふきとり化粧水を探しているなら、teateaをチェックしてみてください。

 

スキンコンディショナーの成分評価

続いて、スキンコンディショナーの全成分はこちらです。

水、BGDPGハトムギ種子エキスソルビトール、ベタインアラントインヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、ダイズ種子エキス、グルタミン酸、ポリグルタミン酸、ノイバラ果実エキス、レモン果実エキスアーチチョーク葉エキスブドウ葉エキスクレマティス葉エキスローズマリー葉エキスセージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキスオランダガラシ葉/茎エキスセイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキスホップ花エキスアルニカ花エキスゼニアオイ花エキスカミツレ花エキスローマカミツレ花エキスオドリコソウ花エキストウキンセンカ花エキスセイヨウナツユキソウ花エキスセイヨウアカマツ球果エキス、マグワ根皮エキスシャクヤク根エキストウキ根エキスゴボウ根エキスニンニク根エキスクララ根エキスアマチャエキススギナエキスヒバマタエキスフユボダイジュエキスセイヨウノコギリソウエキスPCA-Na、セリン、リシン、グリシン、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、キサンタンガム、(スチレン/VP)コポリマー、メチルパラベン、プロピルパラベン

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

スキンコンディショナーには、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲンといった保湿力の高い成分が含まれています。

そのため、保湿効果は高めですね。

 

収れん、消炎成分

黄緑色で示したものは、収れん作用や消炎作用を持つ成分です。

スキンコンディショナーには、収れん成分や消炎成分がたくさん入っているので、お肌を引き締めて毛穴を目立たなくさせたり、肌荒れを防いで清潔なお肌を維持する効果が高いです。

 

お肌に悪い成分

赤色で示したものはお肌によくない成分です。

DPGは、お肌や目への刺激性が懸念される成分です。

ローズマリー葉エキスは、芳香性のある成分で癒やしや安らぎを与えてくれますが、アレルギー性が懸念される成分です。

 

総合評価

スキンコンディショナーは保湿力高めで、肌荒れ防止やお肌引き締めの効果が期待できます。

ただし、お肌によくないDPGやローズマリー葉エキスが入っているのが残念なポイントです。

 

スキンコンディショナー高保湿の成分評価

スキンコンディショナー高保湿の全成分はこちらです。

水、グリセリン、BGハトムギ種子エキスセラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシンヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、ダイズ種子エキス、グルタミン酸、アロエベラ液汁レモン果実エキス、ローズマリー葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、スギナエキスPCA-Na、セリン、リシン、グリシン、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、コレステロール、ベタインアラントインソルビトール、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、(スチレン/VP)コポリマー、メチルパラベン、プロピルパラベン

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

上で紹介したスキンコンディショナーと同様に、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲンという保湿力の高い成分が入っています。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、お肌を柔軟にしたり、肌になじんで異物やアレルゲンからお肌を守ったり、水分蒸発を防いだりする働きがあります。

特に、スキンコンディショナー高保湿に配合された油分では、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOPという3種類のセラミドが非常に重要な成分です。

 

セラミドは、私たちの肌に含まれていて、お肌の水分を保持して水分蒸発を強力に防ぐ働きがあります。

お肌の水分の約8割はセラミドが保持しているという実験データもあるほどで、最強の保湿成分と呼ばれています。

また、セラミドは角質層の隙間を隙間を埋めることで、紫外線や異物などの外部刺激からお肌を守る役割も果たしています。

 

ただ、このセラミドは日々の洗顔や加齢によって徐々に失われてしまいます。

特に、乾燥肌や敏感肌の人は、セラミドが不足していることで、お肌が乾燥しやすくなっていたり、肌が過敏になっていたりするので、毎日のスキンケアで外部から補給してあげることが大切です。

 

消炎成分、収れん成分

黄緑色で示したものは、消炎作用や収れん作用のある成分です。

お肌を清潔に保ったり、お肌を引き締め美しく整えるのに役立ちます。

 

お肌に悪い成分

上で説明したように、ローズマリー葉エキスはアレルギー性の懸念があります。

 

総合評価

スキンコンディショナー高保湿は最強の保湿成分・セラミドが配合されているので、通常のスキンコンディショナーより保湿力は高いです。

ただし、セラミドは非常に高価な成分であり、化粧品に配合した場合の相場は1ヶ月分の容量で3000~1万円となります。

しかし、スキンコンディショナー高保湿はわずか650円(税抜き)であり、相場よりも安すぎます。

 

そのため、セラミドの配合量が少なかったり、セラミド自体の品質がよくない可能性もあります。

セラミドの配合量が少ないと、本来の高い保湿効果が期待できないので、相場より安いものを使うことはおすすめしません。

セラミド化粧水を買うなら、せめて3000円以上の適正価格のものを使った方がいいでしょう。

 

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果の高い化粧水を探しているなら、セラミドがたっぷり入ったバイタルコンディショニングローションという化粧水をチェックしてみてください。

 

モイスチュア リッチ エッセンスローションの成分評価

モイスチュア リッチ エッセンスローションの全成分はこちらです。

水、BG、グリセリン、加水分解酵母、加水分解酵母エキス、加水分解コメヌカエキス、加水分解コメエキスカミツレエキス加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、グリコシルトレハロース、加水分解ヒアルロン酸グルコシルセラミドペンチレングリコール、PEG-60水添ヒマシ油、ベタイン、加水分解水添デンプン、クエン酸Na、キサンタンガム、クエン酸、デキストリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン

モイスチュア リッチ エッセンスローションは、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミドといった保湿力の高い成分が配合されているので、保湿効果は高めです。

また、消炎作用のあるカミツレエキスが配合されているので、肌荒れを防いで清潔なお肌を維持してくれます。

 

セザンヌ化粧水のまとめ

セザンヌの化粧水には、ふきとり化粧水、スキンコンディショナー、スキンコンディショナー高保湿、モイスチュア リッチ エッセンスローションの4つのタイプがあります。

まず、ふきとり化粧水は緩いピーリング効果で、古い角質を取り除いてくれるため、お肌の透明感アップが期待できます。

ただ、エタノールの配合量が多いので、お肌を乾燥させるリスクが高いです。

 

続いて、スキンコンディショナーは保湿力の高い成分が複数配合されているので、お肌の潤いをキープする効果が高いです。

また、お肌のキメを整えたり、肌荒れを防いで清潔なお肌を保つ効果も望めます。

ただし、お肌に悪いDPGやローズマリー葉エキスが入っているのは残念ですね。

 

次に、スキンコンディショナー高保湿はセラミドが配合されているので、セザンヌの化粧水の中では最も保湿効果が高いです。

ただ、こちらもお肌に悪い成分が入っています。

 

最後に、モイスチュア リッチ エッセンスローションは保湿力高めで、お肌に悪い成分も入っていません。

ただし、収れん作用のある成分は配合されていないので、毛穴開きへの効果は期待できません。

また、セラミドが入っていないので、スキンコンディショナー高保湿よりも保湿力は低いです。

 

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果の高い化粧水を探しているなら、セラミドがたっぷり入ったバイタルコンディショニングローションという化粧水をチェックしてみてください。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒バイタルコンディショニングローションの成分分析や効果、口コミなどまとめ

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link