Pocket

1本3800円もするクリニークの化粧水。

お値段が張るので、さぞかし美肌効果も高いのだろうと思いきや、アットコスメでは

「乾燥肌だけど、使用感がサッパリなだけで、つけると乾燥した」

「1ヶ月ほど使ったけど、ニキビには効果なかった」

「ふき取り化粧水を使っていたら、お肌の乾燥が悪化した」

といったネガティブなコメントが多数見られ、評判はあまりよくありません。

 

そこで今回は、クリニーク化粧水の成分解析を行い、保湿効果やニキビケアが本当に期待できるものなのか調べたので、詳しく説明します。

 

あっ、ちなみに保湿効果の高い化粧水を探しているなら、セラミド配合でクリニーク化粧水よりも保湿力の高いグラングレースローションをチェックしてみてください。

公式ページ⇒リピート率95%!クリニーク化粧水より保湿効果の高いグラングレースローションをチェックしてみる!

 

クリニーク化粧水の成分解析の結果|保湿効果はまずまず!

クリニークの化粧水には、保湿ローションと角質ケアローションの2種類があります。

ここでは、保湿ローションの成分解析を行います。

角質ケアローションについては、次の項で説明します。

 

さて、まずは保湿ローション(イーブンベターエッセンスローション)の全成分を見ていきましょう。

水、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、グリセリンアルゲエキスペンチレングリコールトレハロース、スクロースアセチルグルコサミン、サッカロミセス培養液、チャ葉エキス、ホホバエステル、PEG-32、カプリリルグリコール、PEG-6、カフェイン、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10ー30))コポリマー、
スクワラン、スイカ果実エキス、ポリソルベート20、デキストリン、リンゴエキスヒラマメ果実エキス、セタノール、EDTA-2Na、ヒアルロン酸Na、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ヘキシレングリコール、水酸化Na、オオムギエキス、コムギ胚芽エキス、
乳酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、キュウリ果実エキス、クエン酸Na、
アルテミアエキスPCA-Naオキナワモズクエキスタマリンド種子エキス、エルゴチオネイン、ビオチン、オウゴンエキス、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、安息香酸Na

水色で示したのは保湿成分です。

こう見ると、クリニークの保湿ローションには21種類もの保湿成分が配合されていることがわかります。

で、この中で高い保湿効果が期待できるのが赤字で示したヒアルロン酸Naグリセリンです。

 

まず、ヒアルロン酸Naは、わずか1gで6Lもの水分を保持することができる優れた保湿成分です。

ヒアルロン酸Naは、肌なじみもよく、しっとりとした質感があります。

そして、肌の表面や角質層で水分を保持して、肌の水分量を高めてくれます。

 

次に、グリセリンは単体では保湿力は大したことありません。

しかし、ヒアルロン酸Naとセットで化粧品に配合すると、ヒアルロン酸Naの保湿力をさらに高めることができます。

また、肌の上に薄い皮膜をつくって外気の乾燥からお肌を守ってくれます。

 

このように、クリニークの保湿ローションにはヒアルロン酸Naとグリセリンが配合されているので、化粧水の中では保湿力は高い方です。

ただ、ニキビに有効な成分(グリチルリチン酸二カリウムなど)は配合されていないので、ニキビケアには向かないです。

まあ、100本以上の化粧品の成分解析を行なってきた私が点数つけるなら、100点満点中70点くらいですね。

 

ふき取り化粧水は多用するとお肌の乾燥を悪化させる!

次に、角質ケアローションですが、これは「ふき取り化粧水」と呼ばれるものです。

ふき取り化粧水は、化粧水をコットンに染み込ませて、それで肌表面をこすることにより、洗顔で落とせなかった古い角質を除去します。

そして、強制的に新しい角質を表面に露出させることで、くすみや肌のゴワつき、ザラつき、角質のめくれなどを改善しようとする美容法です。

 

ただし、このふき取り化粧水は、お肌を乾燥させる恐れがあるので、あまりおすすめはしません。

古い角質を除去すると、確かにくすみやザラつきは取れるので、一時的に透明感のある明るい肌になります。

しかし、古い角質を除去した肌は、無防備で非常に乾燥しやすい状態です。

 

そのため、保湿力の高い美容液や乳液、クリームなどでしっかりとケアしておかないと、お肌の乾燥を招く恐れがあります。

特に、冬場はただでさえ湿度が低くて乾燥しやすいので、冬場にふき取り化粧水を使うのはやめた方がいいでしょう。

2週間に1回くらいの頻度で使うのであれば、くすみやザラつきが取れていいかもしれません。

ただ、頻繁に使用すると、肌が乾燥してカサカサになったり、乾燥ニキビができたりする可能性があります。

 

これは、私が経験済みです。

ふき取り化粧水の気持ちよさから、毎日使っていた時期があったのですが、夏場なのにお肌がカッサカサになってしまいました。

なので、ふき取り化粧水の乱用は絶対にやめた方がいいです。

 

 

また、お肌が乾燥すると、肌を守るために角質が厚く、硬くなるので、肌のゴワつきが悪化してしまいます。

もちろん、肌のバリア機能が弱っている乾燥肌や敏感肌の人は、ふき取り化粧水など使用すべきではありません。

 

もし、あなたがどうしても角質ケアローションを使いたいのであれば、アルコールフリーのクラリファイングローション1.0がいいでしょう。

ちなみに、クラリファイングローション1~クラリファイングローション4まではアルコールが含まれているので、おすすめしません。

アルコールはサッパリした清涼感を与えてくれますが、揮発性が高く、蒸発するときに周りの水分も一緒に蒸発させてしまうので、お肌を乾燥させるリスクが高いです。

 

というわけで、クラリファイングローション1~クラリファイングローション4は使わない方がいいでしょう。

 

 

クリニーク化粧水の使い方|保湿ローションは洗顔後90秒以内に!

クリニーク化粧水を使う際のポイントは、洗顔後できるだけ速やかにつけることです。

特に冬場は肌が乾燥しやすく、洗顔後90秒以内につけるのが望ましいです。

 

そもそも、洗顔後は皮脂が一時的に失われていたり、肌の潤い成分が流出しているために、肌が乾燥しやすいです。

いったん肌が乾燥してしまうと、化粧水の肌なじみが悪くなったり、化粧水をつけてもカサカサ感が出てしまうことがあります。

なので、洗顔後は角質層に素早く水分を補給し、その水分をヒアルロン酸などの保湿成分に保持してもらって、お肌の潤いを維持することが大切です。

 

お肌の乾燥が気になるあなたには、最強の保湿成分・セラミド配合の化粧水がおすすめ!

お肌の乾燥に悩んでいて、保湿効果の高い化粧水を探しているなら、クリニークよりも保湿力の高いグラングレースローションという化粧水の方がおすすめですね。

このグラングレースローションは、大学病院や皮膚科医の協力によって誕生した保湿化粧水です。

 

皮膚科医が携わっていることもあり、お肌にいい成分が厳選して配合されています。

そのため、保湿効果が高く、使った人の95%が保湿感に満足しています。

 

そして、グラングレースローションの保湿効果が高いのは、セラミドという最強の保湿成分が配合されているからです。

セラミドは、お肌(角質層)に含まれている潤い成分です。

 

セラミドは、非常に強力な水分保持力があり、肌の水分のうち、約80%もの量を保持しています。

そのため、最強の保湿成分と呼ばれることがあります。

 

そして、クリニーク化粧水に含まれているヒアルロン酸Naよりも、セラミドの方が圧倒的に保湿力は高いです。

なので、お肌の乾燥が気になる方は、クリニーク化粧水よりも、セラミド配合のグラングレースローションを使った方がいいですよ。

 

さて、そんなグラングレースローションですが、使った人からは、こんな声が聞かれます。

・翌朝の肌が全然違った。使い続けていくうちに、お肌がふっくらしてきて、友達から「最近綺麗になった?」と言われるようになった。

・肌の乾燥でほうれい線が強調されていて、実年齢よりも5歳くらい年上に見られることがあったけど、今では逆に2歳くらい若く見られるようになった。

・乾燥がひどかったけど、コレを使うようになってからは、スベスベしたお肌になり、毎日鏡を見ながら肌を触るのが楽しくなった。

グラングレースローションの口コミは、公式ページにも掲載されており、こちらは顔出しレビューが掲載されているので信頼性が高いです。

なので、信用できる口コミを見たい方は、公式ページをぜひ覗いてみてください。

 

ちなみに、グラングレースローションは、公式ページから購入すると、お得に手に入れることができます。

公式ページでは、初回限定で通常価格4200円(税抜き)が、1400円OFF2800円(税抜き)で買えます。

これは、より多くの人に使って効果を実感してもらい、広めて欲しいという販売側のご厚意によるものです。

 

そのため、初めての方に限り、2800円のお試し価格で買うことができるんです。

しかも、送料無料で。

ただ、この特典はいつ終わってしまうか分からないので、グラングレースローションが気になる方は、早めに公式ページをチェックしてみてください。

 

公式ページ⇒リピート率95%!クリニーク化粧水より保湿効果の高いグラングレースローションをチェックしてみる!


※グラングレースローションの成分や効果について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでください。

参考⇒グラングレースローションの成分分析や効果、口コミまとめ

 

クリニーク化粧水の成分解析の記事まとめ

クリニーク化粧水の保湿ローション(イーブンベターエッセンスローション)はヒアルロン酸Naが配合されているので、保湿力はまずまずと言えます。

そのため、脂性肌や普通肌の人であれば、コレ1本でお肌の潤いを維持できる人もいるでしょう。

ただし、クリニーク化粧水には、ニキビに有効な成分は配合されていないので、赤く腫れたニキビを抑える効果は期待できません。

 

次に、角質ケアローションですが、こちらは拭き取り式の化粧水なので、頻繁に使うとお肌を乾燥させる恐れがあります。

なので、使う場合は2週間に1回くらいの頻度にとどめておき、お肌を乾燥させないように保湿ケアに注意してください。

 

ちなみに、保湿効果の高い化粧水を探しているなら、最強の保湿成分・セラミド配合グラングレースローションをチェックしてみてください。

 

ニキビに悩むあなたが読んだ方がいい3つの記事

ニキビに効果の高い化粧水を探しているなら、こちらの記事をチェックしてみてください。

関連記事⇒ベルリアンの成分分析や使い方|毛穴やニキビ跡に効果はあるのか?

 

ニキビ跡(赤み、デコボコ肌、茶色いシミ)でお悩みなら、こちらの記事で紹介している化粧水が効果が高いですよ。

関連記事⇒リプロスキンの成分解析や効果、使い方、口コミなどまとめ

 

今話題の時短コスメ”オールインワンゲル”で、ニキビやニキビ跡を治したい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

関連記事⇒メルラインの口コミは怪しい?ニキビ跡には効果あり!成分の働きを正しく理解しよう!

sponsored link