Pocket

ユニリーバのパーソナルケアブランドとして有名なDove。

このブランドは、フェイスケア、ヘアケア、ボディウォッシュ、ニオイケアなど様々な化粧品を取り扱っています。

Doveといえば、CMでもおなじみのシャンプーが有名なイメージがありますが、洗顔料の種類も豊富であり、人気も高いです。

 

「いつも肌がテカテカして見た目の印象が悪いので、テカリを解消できる洗顔料が欲しい」

毛穴の黒ずみが気になるので、ごっそりと落としてくれるような洗顔料を探している」

「洗顔後に突っ張りや乾燥が気になるので、しっとりとした洗いあがりの洗顔料に変えたい」

 

このような肌トラブルを抱えている人は、Doveの洗顔料を試してみようかと悩んでいるかもしれません。

 

ただし、洗顔料はお肌に合わないと、使用後にピリピリしたり、赤みが出たりするので、購入前に事前にネットで口コミを調べておき、自分のお肌に合いそうなのかを確認しておきたいですよね。

また、口コミをチェックするだけでなく、その洗顔料に含まれている成分についても把握しておくことが大切です。

 

もしかしたら、お肌に刺激の強い成分が含まれているかもしれませんので。

そこで今回は、Dove洗顔料の真の口コミや成分評価についてまとめておきます。

 

ちなみに、お肌に優しくて、汚れだけをごっそり落としてくれる洗顔料を探しているなら、アマゾンで1位を獲得したバルクオムという洗顔料の方が、Doveより人気ですね。

 

Dove洗顔料の口コミまとめ、「毛穴の汚れが落ちない」との意見も!

Doveの洗顔料には、悩み別で次の5種類の商品があります。

  1. ダヴ ビューティモイスチャー : キメ
  2. ダヴ ディープピュア : テカリ
  3. ダヴ クリアリニュー : くすみ
  4. ダヴ センシティブマイルド : 敏感肌
  5. ダヴ フレッシュ : さっぱりうるおう

 

今回は、上記の中でも2番目のダヴ ディープピュアの口コミを紹介します。

 

Amazonやアットコスメには、以下のような口コミが寄せられています。

  • 洗浄力は強すぎず、弱すぎずちょうどいい
  • 洗いあがりは突っ張らない
  • 使用後に顔が赤くなった
  • 毛穴の黒ずみも少しよくなった
  • 毛穴の詰まりが目立たなくなり、ニキビができにくくなった
  • 汚れが落ちきっていない気がする
  • 毛穴の黒ずみや角栓への効果はなし

 

ダヴ ディープピュアのAmazonでの評価は、5つ星のうち4.4とかなり高評価されています。

そのため、「洗浄力はそれほど強くないので、つっぱらない」、「ニキビが改善したなど」などの良いコメントが並んでいます。

ただ、一方でお肌に合わない方は、顔に赤みが出るなど肌にトラブルを起こしているようなので、敏感肌の方は、ダヴの洗顔料を使うならセンシティブマイルドの方を試した方がよいでしょう。

 

アットコスメの口コミを見ても、効果は人によって大きく異なるようです。

毛穴の汚れが改善されたとの意見もあれば、汚れが落ちきっていないように感じるというコメントもあります。

Amazonの口コミで洗浄力はそれほど強くないとの指摘があることからも、おそらくダヴ ディープピュアは頑固な毛穴汚れや皮脂汚れには効果が低いのではないかと考えられます。

 

なお、@cosmeの口コミにも、肌がボロボロになったとのコメントがあるので、次はダヴ ディープピュアにお肌に良くない成分が含まれていないか確認してみましょう。

 

Dove洗顔料の成分評価、お肌に良くない6つの成分が・・・

ダヴ ディープピュアには、以下のような成分が含まれています。

ミリスチン酸,グリセリン,水,PG,水酸化K,パルミチン酸,ステアリン酸,ジステアリン酸グリコール,ラウリン酸,デシルグルコシド,ステアリン酸グリセリル,カオリン,ベントナイト,ポリクオタニウム-7,酸化Mg,EDTA-2Na,メチルイソチアゾリノン,香料

この中で、ピンク色をつけたものは、お肌によくない成分です。

 

まず、デシルグルコシドは、界面活性剤であり、皮脂汚れなどを水に混ぜ合わせて洗い落とす働きがあります。

デシルグルコシドは、洗浄力や起泡性、泡の安定性に優れた界面活性剤です。

ただし、軽度の眼刺激性があるので、目に入らないように注意が必要です。

 

ポリクオタニウム-7は、陽イオン系の界面活性剤であり、界面活性剤の中ではお肌への刺激性が強めです。

 

EDTA-2Naは、殺菌作用や防腐作用を持つ成分です。

こちらは、ごくまれに紅斑や丘疹などのアレルギー反応が起こることがあります。

 

このように、ダヴ ディープピュアには、お肌によくない成分が3つも含まれています。

使用後に、肌が赤くなったり、皮膚がボロボロになったとの口コミがありましたが、上表にまとめたお肌に良くない成分が影響している可能性もあります。

 

以上から、ダヴ ディープピュアは、皮膚への刺激に難があるので、洗顔料としてはおすすめできません。

また、ダヴに限らず、メンズビオレやオキシーなどの洗顔料にも皮膚への刺激が懸念される成分が多いので、避けた方がよいです。

 

そもそも、ドラッグストアで販売されている洗顔料は、安くて洗浄力が強く、洗いあがりもサッパリしているので、ユーザーからの評価は高いです。

しかし、脱脂力を強くしたり、爽快感を与えるために皮膚への刺激性が強い成分が多く配合されている商品も見られます。

そのため、購入する前にネットで含有成分などをチェックし、過去に自分のお肌に合わなかった商品と同じ成分が含まれていないか、刺激性の強い成分が含有していないかなどを確認しておくことが大切です。

 

と偉そうに言いましたが、私も過去には成分をよく確認せず、メンズビオレという洗顔料を購入してしまい、お肌のヒリヒリや突っ張りなどに悩まされたことがあります。

毛穴の頑固な黒ずみを解消したくて、脱脂力の強い洗顔料を探していたのですが、成分評価を行わずに購入したために、肌トラブルを起こしてしまったのです。

そこで、今では洗浄力が高く、皮膚への刺激性が少なくて、洗顔後に乾燥しにくい洗顔料を使っています。

 

洗浄力が高く、皮膚への刺激が少なく、なおかつ保湿性に優れた洗顔料ならコレ!

脱脂力が強くて、それでいて皮膚刺激が弱く、洗顔後に突っ張りや乾燥が起こりにくい洗顔料としては、バルクオムという洗顔料がおすすめです。

バルクオムは、Amazonで1位を獲得し、2016年と2017年のベストコスメに選ばれるなど、今人気のメンズ化粧品です。

 

さらに、バルクオムは、多くの男性雑誌やテレビ番組(月曜から夜ふかし)などで紹介されており、三浦◯平さんがインスタで紹介したことでも話題になりました。

このように、バルクオムの人気が高いのは、汚れだけを選択的に落としつつ、お肌に必要な潤いはしっかりと守ってくれるからです。

バルクオムには、クレイミネラルズとベントナイトという2種類の皮脂吸着成分が含まれているため、高い脱脂力があり、頑固な皮脂汚れを除去してくれます。

そして、リンゴ果培養細胞エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシドなどの保湿効果に優れた成分が配合されているので、洗顔後に突っ張りやカサカサなどが起こりにくいです。

もちろん、ダヴ ディープピュアのようなお肌への刺激が強い成分は含まれていません。

 

バルクオムは洗顔料と化粧水をセットで使用することで、

・お肌のベタつきやテカリ

・いちご鼻などの毛穴の黒ずみ

・ニキビなどの毛穴トラブル

を防ぎ、お肌の保湿や保水を促して、潤い肌へと導いてくれます。

 

もし、あなたがお肌のベタつきや毛穴の黒ずみ、ニキビなどの肌トラブルで悩んでいるなら、今すぐバルクオムでスキンケアを始めましょう。

公式サイト⇒今すぐバルクオムで肌ケアをして、プルプルのモテ肌を手に入れる

BULK HOMME

Dove洗顔料のまとめ

Doveの洗顔料は、Amazonでの口コミ評価は高いですが、使用後にお肌が赤くなったなどのネガティブなコメントも散見されます。

これは、Dove洗顔料に含まれるデシルグルコシドやEDTA-2Naなどのお肌によくない成分が影響している可能性があります。

なので、お肌の弱い人はDove洗顔料を使わない方がいいでしょう。

 

お肌の潤いは守りつつ、汚れをしっかり落としてくれる洗顔料を探しているなら、バルクオムのように脱脂力の高い成分と保湿力の高い成分が両方入った洗顔料がおすすめですね。

あなたが次に読んだ方がいい記事

上で紹介したバルクオムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

関連記事⇒バルクオムでニキビは治る?増える?

 

関連記事⇒バルクオムの効果発現までの期間は?効果絶大は本当なのか・・・

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

 

sponsored link