Pocket

季節の変わり目や体調がすぐれないときは、お肌が敏感になって肌荒れを起こしたり、肌に乾燥感が出たり、かゆみを生じたりすることがあります。

dプログラムでは、このように一時的に肌が過敏に反応する状態を”ときどき敏感肌”と呼んでいます。

実は、女性の99%がこのときどき敏感肌を実感しているようです。

 

この記事では、ときどき敏感肌をケアしてくれるdプログラム化粧水の成分解析について説明します。

「dプログラム化粧水を調べたら、”落とし穴”って出てきたけど、どんな欠点があるのか気になる」

「dプログラム化粧水は、毛穴開きに効果あるのかな?」

「dプログラム化粧水でニキビに効果があるのはどれ?

このような疑問にお答えしていきます。

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果が高い化粧水を探しているなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されたナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水をチェックしてみてください。

dプログラム化粧水の成分解析

今回は、dプログラム化粧水のうち、以下の5種類の商品の成分解析を行います。

・バランスケアプログラム

・アクネケアプログラム

・モイストケアプログラム

・エイジングケアプログラム

アレルバリアシリーズ

 

バランスケア ローション W Ⅰ・IIの成分評価

バランスケア ローション W Ⅰの全成分はこちらです。

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,セイヨウサンザシエキス,イチョウエキス,エリスリトール,濃グリセリン,精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,ポリエチレングリコール1000,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,クエン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,クエン酸,ピロ亜硫酸ナトリウム,オウバクエキス,フェノキシエタノール  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

まず、この化粧水は医薬部外品であり、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムという有効成分が配合されています。

トラネキサム酸は、日焼けによるシミの元となるメラニンの生成を抑制する作用があるので、シミの予防に効果的な美白有効成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムは強い抗炎症作用があるため、ニキビの炎症を鎮めてくれます。

 

続いて、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いをキープする働きがあります。

ただし、この化粧水には保湿力の高いものは配合されていないので、保湿効果は弱いですね。

 

次に、黄緑色で示したものは美肌効果のある成分です。

セイヨウサンザシエキスは収れん作用があるので、お肌を引き締めて毛穴を一時的に目立ちにくくしてくれます。

オウバクエキスは、消炎作用によってお肌を清潔に保つ成分です。

 

最後に、赤色のジプロピレングリコールは、肌への刺激性が懸念される保湿成分です。

というわけで、バランスケア ローション W Ⅰはシミの予防やニキビケアに効果的ですが、保湿力が弱いことと肌に悪い成分が入っているのが欠点ですね。

 

なお、バランスケア ローション W IIは、美容効果はIとほぼ同じですが、使用感がややしっとりしています。

そのため、さっぱりした使用感が好きな方はIを、しっとり系が好きな方はIIを選ぶといいでしょう。

 

アクネケア ローション Wの成分評価

アクネケア ローション Wの全成分はこちらです。

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,セイヨウサンザシエキス,イチョウエキス,エリスリトール,濃グリセリン,精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,クエン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,クエン酸,ピロ亜硫酸ナトリウム,オドリコソウエキス,オウバクエキス,フェノキシエタノール  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

アクネケア ローション Wは、バランスケア ローション W Ⅰ・IIとほとんど同じ成分が配合されているので、美容効果に大きな違いはありません。

両者の違いを挙げるなら、オドリコソウエキスという収れん作用や消炎作用を備えた美肌成分が配合されていることくらいですね。

そのため、毛穴を引き締める効果や肌荒れ防止効果は、アクネケア ローション Wの方がやや高いと考えられます。

 

モイストケア ローション Wの成分評価

モイストケア ローション Wの全成分はこちらです。

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,セイヨウサンザシエキス,イチョウエキス,エリスリトール,濃グリセリン,精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,キシリット,ポリオキシエチレンメチルグルコシド,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル,クエン酸,ヒドロキシエチルセルロース,キサンタンガム,メタリン酸ナトリウム,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリーエキス,ヨモギエキス(2),フェノキシエタノール  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

モイストケア ローション Wは、アクネケア ローション Wやバランスケア ローション W Ⅰ・IIと同じ有効成分が配合されています。

そのため、モイストケア ローション Wは日焼けによるシミ予防やニキビケアに効果的です。

なお、赤色で示したローズマリーエキスは皮膚への刺激性が懸念される香料です。

そのため、過去にこの香料が入った化粧品で刺激やアレルギーを起こしたことがある人は避けたほうがいいでしょう。

 

バイタルアクト ローション W Ⅰ・Ⅱの成分評価

バイタルアクト ローション W Ⅰの全成分はこちらです。

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,セイヨウサンザシエキス,イチョウエキス,イザヨイバラエキス,オノニスエキス,エリスリトール,濃グリセリン,精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,イソステアリン酸,α-オレフィンオリゴマー,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,クエン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,クエン酸,ヒドロキシエチルセルロース,ピロ亜硫酸ナトリウム,タイムエキス(1),フェノキシエタノール  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

バイタルアクト ローション W Ⅰは、上で紹介した化粧水と同様に、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合された医薬部外品です。

こちらも保湿力の高い成分が入っていないので保湿効果は低いです。

さらに、お肌に悪いジプロピレングリコールが入っていますね。

 

アレルバリア ミストの成分評価

アレルバリア ミストの全成分はこちらです。

水,BG,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,DPG,グリセリン,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,トリメチルシロキシケイ酸,エリスリトール,塩化Na,ヒドロキシプロピルシクロデキストリン,アルギニン,ハマメリス葉エキス,ジメチコン,クエン酸Na,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,メタリン酸Na,クエン酸,ピロ亜硫酸Na,フェノキシエタノール

まず、水色の保湿成分ですが、保湿力の高いものは入っていません。

続いて、黄緑色のハマメリス葉エキスは収れん作用があるので、毛穴を引き締めてくれます。

最後に、DPGは肌に刺激性のある成分です。

 

dプログラム化粧水のまとめ

dプログラムの化粧水において、以下の4つのタイプは、いずれも美白有効成分のトラネキサム酸と抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、シミの予防やニキビのケアに効果を発揮します。

・バランスケアプログラム

・アクネケアプログラム

・モイストケアプログラム

・エイジングケアプログラム

 

ただ、どれもお肌に悪い成分が入っているので、乾燥肌や敏感肌のように、肌の防御力が低下している人にはおすすめできませんね。

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果が高い化粧水を探しているなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されたナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水をチェックしてみてください。

肌活30がおすすめする化粧水ランキング

関連記事⇒ニキビケア化粧水ランキングTOP3|繰り返すニキビを根絶!

関連記事⇒最強の保湿化粧水ランキングTOP3|お肌のぷるんぷるんに潤すのはコレ!

関連記事⇒ニキビ跡ケア化粧水ランキングTOP3|茶色いシミやみかん肌に悩む女性は要チェック!

ニキビを根絶させたいあなたが今すぐ読むべき記事

関連記事⇒ニキビを根絶させる方法|知っているようで実は知らない正しいニキビの治し方を解説

sponsored link