Pocket

この記事では、エリクシール・リンクルクリームの成分評価や効果、副作用などについて説明します。

「リンクルクリームって、本当にしわに効くの?」

「お肌によくない成分が入っていないか気になる」

「レチノールの副作用でお肌がヒリヒリするって聞いたから心配」

このような疑問や悩みにお答えしていきます。

 

リンクルクリームの成分や効果まとめ

まず、リンクルクリームの全成分はこちらです。

有効成分:レチノール,酢酸DL-α-トコフェロール

その他の成分:水溶性コラーゲン(F),濃グリセリン,精製水,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,1,3-ブチレングリコール,ジプロピレングリコール,エタノール,メドウフォーム油,ポリエチレングリコール1000,メチルポリシロキサン,アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80,ポリプロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,トリイソステアリン酸グリセリル,ベヘニルアルコール,ヒドロキシエチルセルロース,ポリビニルアルコール,ステアリルアルコール,モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.),ジブチルヒドロキシトルエン,エデト酸三ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,酵母エキス(3),無水エタノール,マリンエラスチン,クララエキス(1),カノコソウエキス,フェノキシエタノール,香料,β-カロチン

有効成分

リンクルクリームは医薬部外品であり、有効成分としてレチノール酢酸DL-α-トコフェロールが含まれています。

まず、レチノールは皮膚の角質の代謝を促す効果がある成分です。

しみやシワのある部分の肌(角質)を強制的に代謝させて剥がすことで、しみやシワをケアすることができます。

 

ただし、このとき新しく出来上がる肌は、薄くてもろいです。

また、レチノールが皮膚に負担を与えるので、副作用として肌荒れが起きたり、刺激感をともなうことがあります。

 

リンクルクリームの販売ページにも、皮膚トラブルを起こしやすい方やこれまでレチノールでトラブルを起こした方は使用を控えるようにとの注意書きがあり、お肌への負担の大きさが伺えます。

 

続いて、酢酸DL-α-トコフェロールは、肌荒れを防ぐ働きがあります。

おそらく、レチノールによる肌荒れを防ぐ目的で配合されているのだと考えられます。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム水溶性コラーゲン(F)は保湿効果が高い成分として知られています。

これらの成分は、水分を捕まえて保持する機能に優れていて、湿度が下がってもお肌の潤いをキープしてくれます。

 

油分

油分はオレンジ色で示しています。

油分は、水分蒸発を防ぐ効果は弱いのですが、お肌を柔らかくしたり、油膜を張って保護したりしてくれます。

 

界面活性剤

ピンク色で示した成分は界面活性剤です。

界面活性剤は、通常は混じり合わない水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

界面活性剤はお肌に負担となる成分なので、配合数や配合量が少ない方がいいです。

 

しかし、リンクルクリームには界面活性剤が3種類配合されています。

これは、レチノールのお肌への浸透性を高めるためだと考えられます。

というのも、レチノールは確かにしわやシミの改善に効果的な成分なのですが、基底層というお肌の奥まで浸透しないと、大きな効果は期待できないのです。

 

だから、界面活性剤の助けを借りて、よりお肌の奥まで成分を届かせようとしているんですね。

ただし、お肌の奥に浸透すればするほど、肌への刺激性のリスクも高くなります。

 

お肌によくない成分

お肌への刺激性が懸念される成分は、ジプロピレングリコールエタノールです。

ジプロピレングリコールは、目や肌に刺激を感じる人もいるので、お肌の弱い人は避けたい成分です。

 

エタノールは、さっぱりした使用感を与えてくれる成分です。

しかし、揮発性が高くて、エタノールが蒸発するときにお肌の水分も一緒に道連れにして蒸発させてしまうので、お肌を乾燥させるリスクがあります。

なので、お肌の乾燥が気になる方は、できるだけエタノールが配合されていない化粧品を選んだ方がいいですね。

 

総合評価

リンクルクリームは、「しわを改善する」という効能を取得した画期的な医薬部外品です。

ただ、お肌への負担が大きいレチノールが配合されているので、ヒリヒリした刺激感が出たりすることがあります。

なので、お肌が弱い人は注意が必要です。

 

ちなみに、目元のシワに効果の高いクリームを探しているなら、「印象が-5歳になった」と評判のメモリッチというアイクリームが人気ですよ。

メモリッチ

このメモリッチは、1本2327円から試せます。

もちろん、お肌に刺激の強い成分は入っていませんよ。

 

リンクルクリームのまとめ

エリクシール・リンクルクリームは、「しわを改善する」という効能を持つ医薬部外品です。

レチノールの効果により、しわやシミを薄くする効果が期待できますが、お肌への負担が大きい点がデメリットです。

 

ただ、しわを改善する効能は魅力的なので、年齢肌の悩みが気になる方は一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

sponsored link