Pocket

2017年11月8日放送の「ホンマでっか!?TV」で紹介された好きな色での性格診断の結果をまとめておきます。

カップの色でコーヒーの味が変わる?

白のカップで飲むと苦く感じ、青色のカップで飲むと甘く感じるとのことです。

人は見ていなくても肌で色を感じている?

色彩心理が専門の飯田先生によると、皮膚のセンサーは色を識別することができるという研究結果があるとのことです。

例えば、赤い衣類を身につけると、血流がよくなり心拍数が増加します。

青色は、心拍数が減少し、血圧が低下し、気持が落ち着く効果があります。

 

さらに、好きな色で性格の傾向が分かるといいます。

飯田先生は、1万人以上の実証データから好きな色と性格傾向を分析されています。

 

緑が好きな人は、認められたい願望が強い人です。

白が好きな人は、目的意識が高く、完璧主義的な傾向があります。

ミスするとリセットしたくなるようです。

 

青が好きな人は、真面目で、誠実、律儀なようです。

何か物事を行うときに、事前にチェックリストをつけたがります。

 

赤色が好きな人は、アグレッシブで自己主張が強い傾向にあります。

紺色が好きな人は、人とのおしゃべりが嫌いです。

 

黒の下着や洋服は、肌のシミやシワの原因になるとのことです。

太陽の光には、肌の活性化を促す波長の光があります。

黒の衣類を着ると、肌に良い太陽の光を衣類が吸収してしまい、肌まで良い光が届かず、肌の新陳代謝を抑制してしまうようです。

 

ピンク色を見ると、女性ホルモンの分泌が盛んになります。

そのため、男性が見ると抜け毛対策に効果があるとのことです。

ピンク色の効果は、見てから15分くらいで出始めるようです。

また、ピンク色は攻撃性を減少させるとの論文も出ています。

 

sponsored link