Pocket

女優・木村文乃さんのCMが話題のHAKU化粧水。

木村さんのような白く透明感のあるお肌に憧れている女性なら、HAKUが気になりますよね。

この記事では、そんなHAKUの化粧水・HAKU アクティブメラノリリーサーの成分分析や効果について説明しています。

 

「HAKU 化粧水は、お肌によくない成分が入っていないか心配

「HAKU って、美白効果は高いのかな?」

「HAKUより安くて、美白効果の高い化粧品が知りたい」

このような疑問や要望にお答えしていきます。

 

HAKU化粧水の成分分析や効果|美白効果は強いが、注意点もあり!

まず、HAKU アクティブメラノリリーサーの全成分はこちらです。

<有効成分>4-メトキシサリチル酸カリウム塩、グリチルリチン酸ジカリウム

<その他の成分>L-セリントリメチルグリシン2-o-エチル-L-アスコルビン酸、精製水、エタノールジプロピレングリコール濃グリセリン、ポリエチレングリコール1000、トレハロース、カルボキシビニルポリマー、イソステアリン酸、エリスリトールポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル【乳化剤】、キサンタンガム、水酸化カリウム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン【界面活性剤、洗浄剤】、エデト酸二ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、フェノキシエタノール

有効成分

HAKU アクティブメラノリリーサーは医薬部外品であり、有効成分として4-メトキシサリチル酸カリウム塩グリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。

4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)は、シミの原因となるメラニンの生成を抑制することで、シミを予防してくれます。

また、この成分は肌に溜まっているメラニンの排出を促す作用もあり、すでにできたシミを早く排泄できるように働きかけます。

 

そのため、4MSKは、シミの予防とともに、できてしまったシミのケアにも有効なのです。

しかし、4-メトキシサリチル酸カリウム塩は、サリチル酸の誘導体であるために、皮膚への刺激も強く、人によってはお肌に合わない場合があります。

 

次に、グリチルリチン酸ジカリウムは、強い抗炎症作用を持つ成分で、ニキビを抑えたり、ニキビを予防する効果があります。

グリチルリチン酸ジカリウムは、本来はニキビケア化粧品によく配合される成分ですが、今回は4MSKの刺激による皮膚の炎症を防ぐ目的で使われている可能性もあります。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

保湿力の高いヒアルロン酸ナトリウム(2)やトレハロースが配合されていますね。

ヒアルロン酸ナトリウム(2)は、大量の水分を捕まえて保持することで、お肌の潤いを保ちます。

また、肌表面にしっとりとした皮膜を張って、お肌を保護します。

 

その他の美肌成分

2-o-エチル-L-アスコルビン酸は、ビタミンC誘導体と呼ばれており、肌トラブルの原因となる活性酸素にアプローチすることで、お肌を健やかな状態に保ちます。

 

界面活性剤

ピンク色で示した成分は、界面活性剤です。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタインは、界面活性剤のなかでも洗浄作用に優れた成分です。

おそらく、美白成分のお肌への浸透性を高めるために使われているのだと考えられますが、配合量が多くなると、お肌にとっては負担が大きくなります。

 

お肌によくない成分

お肌によくない成分は、エタノールジプロピレングリコールです。

エタノールは、浸透感やさっぱり感を演出してくれる成分です。

 

化粧水の中には、つけたときにお肌にぐんぐん浸透していく感じがするものがありますよね。

あれは、エタノールの効果なんです。

実際は、化粧品の成分は角質層までしか浸透しないのですが、エタノールが蒸発してくときに、あたかも成分がお肌にどんどん染み込んでいっているような感覚になるのです。

 

ただ、エタノールは蒸発するときに、お肌の水分も巻き込んで蒸発させてしまい、乾燥を招く恐れがあります。

なので、お肌が弱い人や、乾燥しがちな人は避けた方がいい成分です。

 

次に、ジプロピレングリコールは、目や肌に刺激をともなう懸念がある成分です。

 

総合評価

HAKU アクティブメラノリリーサーは、4MSKが配合されているので、美白効果は高いです。

ただし、4MSKは皮膚への刺激性も他の美白成分より強めなので、お肌が弱い人は、成分が合わない可能性もあります。

また、エタノールやジプロピレングリコールのようなお肌によくない成分に加え、洗浄剤としても使われるラウリルジメチルアミノ酢酸ベタインが配合されていることも気がかりですね。

 

お肌の弱い人にはおすすめできませんが、「とにかく圧倒的に美白効果の高い化粧水を使いたい」という人は、試してみてもいいかもしれません。

 

HAKU化粧水のまとめ

HAKU アクティブメラノリリーサーは、強力な美白成分4MSKが含まれているので、高い美白効果が期待できます。

ただその反面、4MSKはお肌への負担が大きいので、お肌の弱い人は注意が必要です。

 

この化粧水にはグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合されているので、美白だけでなく、ニキビケアにも効果を発揮します。

また、ヒアルロン酸ナトリウム(2)やトレハロースが含まれているので、保湿効果も高めです。

そして、美肌成分としてビタミンC誘導体が入っているため、活性酸素にアプローチしてシミやニキビを防ぎ、健やかなお肌を維持するのに役立ちます。

 

【参考】HAKUより安くて美白効果の高い化粧品はコレ!

HAKU アクティブメラノリリーサーよりも安くて、美白効果の高い化粧品を探しているなら、医学誌にも掲載され、美白化粧品として実績の高いシミトリーがおすすめです。

シミトリーは、オールインワンジェルであり、保湿効果も高いので、1本で美白ケアと保湿ケアを済ませることができます。

CMや広告を出していないので、一般的な知名度は低い商品ですが、日本薬学会や日本皮膚科学会の雑誌に掲載されるなど、美白効果の高さは折り紙つきです。

 

さらに、広告宣伝にお金をかけていないのに、大手リサーチサイト「ここワンリサーチ」調べにて、美白オールインワンジェルで6冠(コスパ1位、美白力1位、信頼性1位、おすすめ1位、満足度1位、リピート率1位)を達成しています。

しかも、シミトリーは実績のある美白化粧品にもかかわらず、HAKUの化粧水よりも安いんです。

HAKU アクティブメラノリリーサーは4500円(税抜き)ですが、シミトリーは公式ページで購入すると、3685円(税抜き)から試すことができます。

公式ページから申し込む場合は、定期コースに入る必要があるのですが、契約回数のしばりがないので、2回目で解約することも可能です。

初回は26%OFFの3685円(税抜き)、2回目以降も20%OFFの3981円(税抜き)で手に入れることができるので、HAKUを使うよりも安く美白ケアができます。

 

さらに、シミトリーは美白効果だけでなく、保湿効果も高いんです。

というのも、シミトリーには保湿力最強と称されるセラミドが配合されているからです。

なので、今、化粧水や乳液、美容液、クリームなど複数のアイテムを使ってスキンケアをしているなら、シミトリーを使えば、たった1本だけでスキンケアが完了してしまうことになります。

 

また、シミトリーは、現在公式ページで購入すると、次のような特典がついてきます。

 

特に、14日間の全額返金保証付きなのは、非常にありがたいですよね。

シミトリーは敏感肌の人も使えるように設計されていますが、それでも成分がお肌に合わない場合はあります。

そんなときに、全額返金保証がついているのはとっても心強いです。

 

ただ、シミトリーの大盤振る舞いの特典や割引サービスはいつまで続くか分からないので、気になる方は、早めに公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒シミトリーの効果や特典が気になるのでチェックしてみる!

薬用シミトリー

 

sponsored link