Pocket

この記事では、ホスピアップの成分や効果について説明します。

「ホスピアップは、お肌にどんな美容効果が期待できるのかな?」

「お肌に悪い成分が入っていないか心配!」

このような疑問に答えていきます。

 

ホスピアップの成分や効果

まず、ホスピアップの全成分はこちらです。

水、BGタウリンパンテノールベタイン、エトキシジグリコール、ホスファチジルコリン、パルミチン酸アスコルビル、トコフェロール、シトルリングリチルリチン酸2K、アラントイン、ヘキシル デカン酸カルニチンHCI、レシチンシクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールダイズ種子エキスプラセンタエキスコメヌカ油、スフィンゴ糖脂質PCA-Naヒアルロン酸Naサクシノイルアテロコラーゲンサッカロミセス溶解質エキスリシンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、カフェイン、プエラリアミリフィカ根エキスグリセリンオレイン酸ポリグリセリル-10、クエン酸Na、リン酸2Na、リン酸K、PEG-60水添ヒマシ油1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

出典:公式ページ

保湿成分

水色で色付けしたものは、保湿成分です。

保湿成分は、角質層(お肌の最外層)の水分量を保つ働きがあり、お肌の潤いをキープしてくれます。

ホスピアップに含まれる保湿成分では、ヒアルロン酸Naやサクシノイルアテロコラーゲンが保湿力の高い成分です。

 

ヒアルロン酸Naは、水分保持力が高いことで知られる有名な保湿成分です。

この成分は、大量の水分を抱え込んでキープすることで、お肌の水分量を高めてくれます。

また、お肌の表面にしっとりした保護膜をつくり、肌を乾燥から守ります。

 

続いて、サクシノイルアテロコラーゲンは、保湿力ではヒアルロン酸Naに劣るものの、こちらも水分を抱え込んでキープする性質があります。

ヒアルロン酸Naやサクシノイルアテロコラーゲンは、湿度が下がっても、水分保持力を維持できるので、冬場でも高い保湿効果を発揮します。

 

ちなみに、ホスピアップには、以下のようなアミノ酸も保湿成分として配合されています。

セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン

アミノ酸は保湿成分として有名ですが、実は保湿力はそれほど高くありません。

 

アミノ酸は、サラサラしていて使用感がいいので保湿化粧品によく配合されるのですが、湿度が下がると保湿力が低下してしまうというデメリットがあります。

 

美肌成分

ホスピアップには、パルミチン酸アスコルビル、グリチルリチン酸2K、アラントイン、プラセンタエキスといった美肌成分が配合されています。

まず、パルミチン酸アスコルビルはビタミンC誘導体と呼ばれる成分です。

ビタミンC誘導体は、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、お肌に害をもたらす活性酸素にアプローチしたり、皮脂の過剰分泌を抑制したりと様々な美肌効果を備えた優秀な美容成分です。

 

そのため、ビタミンC誘導体は、美白化粧品やニキビケア化粧品、エイジングケア化粧品など多用な化粧品に配合されます。

続いて、グリチルリチン酸2Kは強力な消炎作用があるので、ニキビの赤みを抑えたり、肌荒れを防いでくれます。

そして、アラントインも消炎作用があるので、ニキビケア化粧品によく配合される成分です。

 

最後に、プラセンタエキスは緩い保湿効果を持ち、シミの原因となるメラニンの排泄をサポートする働きがあります。

そのため、プラセンタも美白化粧品によく使われます。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、肌を柔軟にしたり、水分蒸発を防いだりする働きがあります。

ホスピアップに配合された油分では、レシチンとスフィンゴ糖脂質が特に重要です。

 

これらの成分は、水分をサンドイッチ状に挟み込んで逃さない性質があり、非常に水分保持力が強い成分です。

そして、湿度が下がっても、捕まえた水分を持続的に保つため、お肌の潤いを長時間キープしてくれます。

 

界面活性剤

界面活性剤はピンク色で示しています。

界面活性剤は、水に溶けやすい水性の成分と油に溶けやすい油分を混ぜ合わせて、分散させる働きがあります。

ホスピアップは、水性の成分(保湿成分など)と油分が混在しているので、そのつなぎ役として界面活性剤は必須となります。

 

お肌によくない成分

お肌への刺激性が強いものや、アレルギー性が強い成分は配合されていません。

 

総合評価

ホスピアップは、レシチンやスフィンゴ糖脂質、ヒアルロン酸、コラーゲンといった水分保持力が強い成分が複数配合されているので、保湿効果は高いと考えられます。

また、パルミチン酸アスコルビルというビタミンC誘導体が含まれているので、シミのケアやエイジングケア、ニキビケア、毛穴ケアなど様々なスキンケアに役立ちます。

 

さらに、グリチルリチン酸2Kやアラントインといった消炎作用のある成分が入っているので、ニキビを鎮めたり、肌荒れを防いでくれます。

ホスピアップの成分や効果についてもっと詳しく知りたい方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒ホスピアップの成分や効果をチェックしてみる!

ホスピアップ

ホスピアップのまとめ

ホスピアップは、保湿力の高い成分が配合されているので、保湿効果が高く、乾燥やくすみ、乾燥小じわ、乾燥による毛穴開きなどのケアにピッタリですね。

そして、保湿効果が高いので、スキンケアを続けることで、お肌(角質層)の水分量がアップして、お肌にハリが出たり、キメが整ってなめらかな肌に仕上がっていくことが期待できます。

また、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの高価な美肌成分が配合されており、シミや年齢肌の悩み、ニキビ、毛穴トラブルなどの様々な肌トラブルもトータルでケアしてくれます。

公式ページ⇒湘南美容外科が開発したホスピアップの詳細をチェックしてみる!

ホスピアップ

sponsored link