Pocket

この記事では、イハダの化粧水やクリームのニキビへの効果について説明しています。

「イハダを使えば、本当にニキビができにくくなるのか?」

「ニキビ跡の赤みを取り除いてくれるのかな?」

「お肌への刺激や負担はないのか心配」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、ニキビによく効くクリームを探しているなら、累計販売個数が20万個を突破して、今大人気のメルラインチェックしてみてください。

 

イハダ アクネキュアクリームの効果|殺菌剤に潜む恐るべき落とし穴とは・・・

まず、イハダのニキビケアクリームには、赤く腫れたニキビの炎症を鎮める消炎成分(イブプロフェンピコノール)と、ニキビの原因菌を退治する殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)が配合されています。

そのため、ニキビの炎症やニキビ跡の赤みを抑えつつ、ニキビ菌を殺すことで、ニキビの進行を防いでくれます。

 

このような殺菌成分が配合されたニキビケア化粧品はニキビの原因菌に直接作用するので、効果が出るのが早いというメリットがありますが、将来的にはニキビを悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

そもそも、ニキビの原因となるアクネ菌は何かと悪者扱いされますが、実際は皮膚常在菌と言って、外部の雑菌からお肌を守る働きをしています。

つまり、本来はお肌にとっていい菌なのです。

 

しかし、毛穴に皮脂が詰まると、皮脂を餌とするアクネ菌が内部で増殖し、炎症が起きてニキビができます。

ここで殺菌剤を使うと、アクネ菌を除去できるので、ニキビの悪化を食い止めることはできます。

ただ、殺菌剤はアクネ菌以外の皮膚常在菌も等しく殺菌してしまうので、そのせいで外部の雑菌を増殖させてしまう恐れがあります。

 

そのため、殺菌剤が入ったニキビケア用品を使い続けると、顔中の皮膚常在菌がどんどん減っていき、肌のバリア機能が弱っていきます。

すると、小さな刺激でも肌荒れを起こしやすくなり、返ってニキビを悪化させる可能性があります。

また、肌が弱る一方で、雑菌は徐々に殺菌剤に慣れていくので、より強力な殺菌剤でないと死ななくなります。

 

そのため、殺菌剤がないと普通の肌の状態を保てなくなり、最終的に肌がボロボロになってしまう人もいます。

ちなみに、イハダに配合されているイソプロピルメチルフェノールは殺菌効果が強めの成分です。

効果が強めというのは、副作用のリスクも大きいということです。

 

なので、イハダのような強い殺菌剤が入ったニキビケア化粧品を使い続けることはおすすめしません。

 

そもそも、殺菌剤を使わなくても、ニキビを治すことはできます。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことが原因です。

そして、毛穴に皮脂が詰まるのは、お肌が乾燥しているためです。

 

お肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るために、古い角質がどんどん堆積していき、お肌が硬くなって柔軟性を失います。

すると、剥がれた古い角質が毛穴に詰まりやすくなるため、皮脂分泌が少なくてもニキビができやすくなってしまうのです。

なので、ニキビを予防するには、お肌の潤いをしっかりとキープし、皮膚が乾燥しないように保湿効果の高い化粧品でケアをすることが大切です。

 

ちなみに、保湿効果が高くて、お肌に優しいニキビケアクリームを探しているなら、モンドセレクション銀賞を受賞したメルラインをチェックしてみてください。

 

イハダ プリスクリードAC化粧水の効果

イハダのニキビケア化粧水・プリスクリードACは、殺菌消毒作用のあるベンゼトニウム塩化物という成分と、消炎作用のあるアラントインおよびグリチルリチン酸ニカリウムが配合されています。

そのため、ニキビ菌を殺菌して進行を食い止め、赤く腫れたニキビを鎮めてくれます。

また、プリスクリードACは、保湿力の高いヒアルロン酸Naやリピジュアといった成分が入っているので、お肌の潤いをキープして、ニキビができるのを防ぎます。

 

ただ、プリスクリードACも上で紹介したアクネキュアクリームと同様に、殺菌成分が配合されているので、一時的にはニキビを抑えられますが、長く使い続けることはおすすめしません。

保湿力の高い成分が配合されているのはプラス評価ですが、もっとお肌に優しいニキビケア化粧水を使った方がいいですね。

 

ちなみに、ニキビによく効く化粧水を探しているなら、楽天1位を獲得し、モデルや芸能人が愛用していることでも有名なリプロスキンをチェックしてみてください。

 

イハダのニキビへの効果まとめ

イハダのクリームや化粧水は殺菌成分と消炎成分が配合されているので、ニキビ菌を退治してニキビの進行を食い止めたり、ニキビの赤みを鎮めてくれます。

ただし、殺菌成分はニキビ菌にダイレクトに作用するので、効果が出るのは早いのですが、その分お肌への負担も大きいです。

 

また、殺菌剤を使い続けるとお肌の常在菌をどんどん殺菌していき、お肌のバリア機能が弱くなってしまう恐れがあります。

そのため、殺菌成分の入ったニキビケア化粧品を使うことはおすすめしません。

お肌に優しいクリームでニキビを治したいのであれば、日本で一番売れているメルラインをチェックしてみてください。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒リプロスキンの成分解析や効果、使い方、口コミなどまとめ

 

関連記事⇒メルラインの口コミは怪しい?ニキビ跡には効果あり!成分の働きを正しく理解しよう!

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link