Pocket

この記事では、シミ対策クリームとして人気のケシミンクリームの効果について説明します。

「ケシミンはニキビ跡のシミや黒ずみに効果ある?」

「日焼けによるシミやそばかすに効くのかな?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、シミによく効くクリームを探しているなら、医学誌で紹介された実績があるシミトリーというオールインワンのクリームをチェックしてみてください。

 

ケシミンクリームの効果

ケシミンクリームの持つ美容効果を知るには、配合成分の働きを正しく理解する必要があります。

そこで、まずはこのクリームに配合されている成分の性質について説明します。

ケシミンクリームの全成分はこちらです。

有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル

その他の成分:サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリルべヘニルアルコールモノステアリン酸ポリエチレングリコール吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、油溶性甘草エキス(2)、ホオノキ抽出液、プルーン酵素分解物、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、精製水

ケシミンクリームは医薬部外品であり、有効成分としてL-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルが配合されています。

L-アスコルビン酸 2-グルコシドは、ビタミンC誘導体と呼ばれる美白有効成分です。

ビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、日焼けによるシミやそばかすの予防に効果を発揮します。

 

ちなみに、ビタミンC誘導体はメラニンを分解したり、排出を促進させる働きもあるので、ニキビ跡の色素沈着のケアにも使えます。

次に、グリチルレチン酸ステアリルとトコフェロール酢酸エステルは、抗炎症作用があり、ニキビを鎮静化させたり、肌荒れを防いだりする働きがあります。

続いて、オレンジ色で示したものは油分であり、お肌を柔軟にする効果が期待できます。

 

そして、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いを保つ働きがあります。

ただし、ケシミンクリームには保湿効果の高い成分が入っていないので、保湿力は弱いですね。

 

なお、ピンク色で示したものは界面活性剤です。

界面活性剤は、水と油を混合する働きがあり、保湿や柔軟、保護、殺菌など様々な効果を狙って配合される成分です。

ただ、界面活性剤は配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなります。

ケシミンクリームでは、界面活性剤が4種類も配合されているので、お肌に優しいとはいい難いですね。

 

最後に、ケシミンクリームの持つ効果を5点満点で評価すると以下のようになります。

 

・美白効果(シミへの効果):3.5

・ニキビケア効果(肌荒れ防止効果):4

・保湿力:2

・低刺激性:3

 

ケシミンクリームは、美白有効成分が配合された医薬部外品なので、美白効果は高めです。

また、抗炎症成分が2種類配合されているので、ニキビを鎮めたり、予防したりする効果に優れています。

ただし、保湿効果の高い成分は入っていないので、保湿力は低めの評価となります。

さらに、界面活性剤の配合数が多いので、敏感肌やアトピー肌の人にとって重要となる低刺激性の評価も低めです。

 

ケシミンクリームのまとめ

ケシミンクリームは、美白有効成分・ビタミンC誘導体が配合された医薬部外品なので、シミやそばかすのケアに役立ちます。

また、抗炎症作用のある成分が入っているので、赤く腫れたニキビを抑えて、元のスベスベした肌に戻したい方にもピッタリです。

ただ、界面活性剤の配合数が多いので、敏感肌やアトピー肌の人は注意が必要ですね。

 

ちなみに、シミによく効くクリームを探しているなら、芸能人がこっそり愛用しているシミトリーというオールインワンのクリームをチェックしてみてください。

薬用シミトリー

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒SimiTRY(シミトリー)の評判や成分評価まとめ|美白有効成分アルブチン配合!セラミド配合で保湿力も高い!

sponsored link