Pocket

この記事では、ケアナノパックの成分評価や評判などについてまとめておきます。

ケアナノパックの成分評価

ケアナノパックの全成分は以下の通りです。

水、シクロペンタシロキサン【合成ポリマー、溶剤】、トリエチルヘキサノインBG、グリセリン野菜油、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン【合成ポリマー、閉塞剤】、ステアリン酸グリセリンベヘニルアルコール、パチルアルコール【乳化安定剤】、ステアリン酸プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン【乳化剤】、アーチチョーク葉エキスヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa【合成ポリマー】、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)水溶性コラーゲンセレブロシドコメ発酵液コメヌカスフィンゴ糖脂質、ヒトオリゴペプチド-1 、ヒトオリゴペプチド-13、アセチルヘキサペプチド-8、イワベンケイ根エキスリン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルパルミチン酸レチノール、トコフェロール、アンズ核油【香料、保護剤】、アボカド油カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、コメヌカ油、コーン油、スクワラン、グリチルリチン酸2K、カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス【香料、芳香性エキス】、ドクダミエキスホップ花エキス、シャクヤク根エキスキハダ樹皮エキス、ベルガモット果実油【香料、精油】、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール 、オクチルドデカノールトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、オレイン酸ポリグリセリル-10ポリソルベート60、ポリソルベート80セスキオレイン酸ソルビタンイソステアリン酸ソルビタン、PEG-50水添ヒマシ油、ナットウガム、(VP/ボリカルバミルボリグリコール)エステル、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー【合成ポリマー】、アクリレーツコポリマー、クエン酸、水酸化K、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

出典:公式サイト

 

では、これらの成分をいくつかのグループに分けて評価していきます。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

保湿成分で注目すべきは、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンの3つです。

 

ヒアルロン酸Naは、1gで6Lの水を抱えることができるほど保水性の高い成分です。

そして、このヒアルロン酸Naはグリセリンと併用することで、保湿持続効果が高くなります。

ケアナノパックは、ヒアルロン酸Naに加えて、アセチルヒアルロン酸Naが配合されています。

アセチルヒアルロン酸Naは、ヒアルロン酸に油性成分をくっつけたもので、角質層になじみやすく、保水力と柔軟性がアップしたヒアルロン酸です。

 

コラーゲンはヒアルロン酸と同様に水分を抱え込む性質があり、湿度が下がっても保湿力を発揮します。

 

このように、ケアナノパックには保湿力の高いヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているので、保湿化粧品の中では保湿効果は高い方です。

 

収れん成分

収れん成分は、黄緑色で示しています。

ケアナノパックには植物エキスが複数配合されており、その中には収れん効果を持つものがあります。

収れん成分は、肌になじみ、収縮作用によってお肌(毛穴)を引き締めてくれます。

 

カワラヨモギ花エキスは、収れん性だけでなく、肌を清潔に保つ働きもあり、肌荒れを防ぐ化粧品に配合されます。

シャクヤク根エキスもお肌を清潔に整えたり、肌色を明るくするなどの働きがあります。

キハダ樹皮エキスは、ミカン科植物のキハダの木の皮から抽出されたエキスで、独特のニオイがあります。

肌の引き締め効果に加えて、皮膚を清潔に保ち、肌荒れ防止効果にも優れています。

 

ホップ花エキスは収れん、殺菌、鎮静などの働きがあります。

このように、植物エキスには、保湿や収れんだけでなく、お肌を清潔に保つ効果を持つものがあります。

 

ケアナノパックには、収れん成分が多く配合されているので、毛穴引き締め効果は高そうです。

 

油性成分

油性成分はオレンジ色で示しています。

 

油性成分で絶対に押さえておきたいのは、以下の3つです。

  • セレブロシド
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

 

まず、セレブロシドは動物由来のセラミドです。

セラミドは保湿力最強を誇る成分であり、水分を保持するだけでなく、角質層でバリア機能の働きも担います。

お肌の保湿・保護において最重要成分と言っても過言ではありません。

 

セレブロシドは、動物由来なので、人の角質層の細胞間脂質に近く、本物のセラミドには劣るものの、保湿力に優れています。

 

コメヌカスフィンゴ糖脂質は、植物由来のセラミドです。

角質になじんで細胞間脂質の補強による保護効果を発揮します。

肌をすべすべにする効果実感が高いです。

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は、角質層へのなじみがよく、柔軟効果と水分保持効果が高いです。

また、毛髪のキューティクル保護強化などもあります。

市場では疑似セラミドと呼ばれています。

 

他にも注目すべき油性成分をいくつか解説しておきます。

 

トリエチルヘキサノインは、エステル油であり、油脂と同じ構造を持つので、合成油脂と呼ばれることがあります。

エステル油は合成して作られるので、変質しにくく、品質が安定しています。

トリエチルヘキサノインはベタつきがなく、肌なじみもよくて、柔軟効果に優れています。

 

アンズ核油は、肌へのなじみがよく、柔軟効果に優れ、肌を乾燥から守ってくれます。

アボカド油は、皮膚への親和性がよく、柔軟効果も高いので、クリームや乳液によく使われます。

コメヌカ油は、肌を柔らかくし、水分保持効果も高いです。

 

ヒマワリ種子油は、水分の蒸発を防ぐ効果に優れています。

 

メラニンの生成抑制成分

シミの原因となるメラニンの生成を抑える成分としては、プラセンタエキス、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどが配合されています。

リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルはビタミンC誘導体であり、できてしまったメラニンを還元(分解)する働きもあります。

 

合成界面活性剤、および皮膚への刺激が懸念される成分

ケアナノパックには、以下の合成界面活性剤が配合されています。

 

  • ステアリン酸グリセリン
  • オレイン酸ポリグリセリル-10
  • ポリソルベート60
  • ポリソルベート80
  • セスキオレイン酸ソルビタン
  • イソステアリン酸ソルビタン
  • PEG-50水添ヒマシ油

 

合成界面活性剤は、陽イオン系や陰イオン系は皮膚への刺激性が懸念されます。

ただ、幸いなことにケアナノパックに配合されている上記の合成界面活性剤はすべて非イオン界面活性剤なので皮膚への刺激性は無視できるほど小さいです。

 

総合評価

ケアナノパックにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿力の高い成分が配合されているので、保湿効果は高いことがわかります。

さらに、植物由来や動物由来のセラミドも入っているので、角質層になじんでバリア機能を強化してくれます。

ケアナノパックは毛穴を目立たなくさせることを狙った毛穴ケア商品ですが、成分を見ると保湿効果が非常に高いことが分かるので、乾燥肌の人の保湿ケア用化粧品としても使えます。

 

なお、毛穴を引き締める収れん成分の効果は一時的なものであり、毛穴を目立たなくさせるためには、肌のキメを整える必要があります。

保湿ケアをきちんと行い、角質層の水分保持機能が回復すれば、肌のキメが細かく整うので、毛穴は目立たなくなります。

 

ケアナノパックについてもっと詳しく知りたい方は、公式サイトを覗いてみてください。

公式サイト⇒ケアナノパックについてチェックしてみる

ケアナノパック

ケアナノパックの評判や口コミ

ケアナノパックの口コミを調べるなら、まずは公式サイトをチェックしましょう。

公式サイトは、基本的に良い口コミしか載せていませんが、ユーザーが顔出ししてレビューしているので、アットコスメなどの口コミサイトよりも信頼性が高いです。

公式サイト⇒公式サイトでケアナノパックの信頼できる口コミをチェックする

 

化粧品はお肌に合う、合わないで効果は大きく変わってくるので、ネットで口コミを一生懸命調べる前に、本記事の成分評価をきちんと読んで、成分的にどんな効果が期待できそうなのかをまずは把握しましょう。

実際に狙った効果が出るかどうかは使ってみなければ分かりません。

成分的には優れた化粧品でも、お肌に合わない人が使ったら、肌荒れを起こしたりすることはあるので、必ず悪い口コミは存在します。

 

口コミだけを頼りに商品の良し悪しを評価しようとすると、いつまで経っても自分のお肌に合った化粧品を見つけることはできません。

口コミはあくまでも参考程度にとどめておき、購入を検討するなら、成分をしっかり分析してからにしましょう。

sponsored link