Pocket

「頬のシミを薄くしたいのに、だんだん濃くなってきている気がする」

「鏡を見るたびに、憂鬱な気分になる。まだ30代なのに・・・」

「目の下あたりのシミがなかなか取れない」

「濃いシミを薄くしてくれる化粧品が見つからなくて困っている」

あなたは、こんなお悩みを抱えていませんか?

 

シミは1つあるだけでも、老けて見られることが多くなりますし、女性としての自信を喪失させてしまう悪魔のような存在ですよね。

そこで今回は、濃いシミの消し方や、濃いシミによく効く化粧品を紹介します。

 

濃いシミの原因|メラニンが肌に居座ることが問題!

シミが濃くなってしまうのは、シミのもととなるメラニン色素の排出が滞り、肌に居座っていることが原因です。

まず、紫外線を浴びると、そのダメージから肌の細胞を守るために、メラニンという黒色の色素が生成されます。

通常であれば、このメラニンはターンオーバーとともに肌表面へと徐々に押し上げられていき、最終的には古い角質と一緒に剥がれ落ちて、排出されます。

 

そのため、シミができても、肌に定着することなく、自然と肌から排泄されていくのです。

しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、肌の乾燥などにより肌のターンオーバーの周期が遅くなると、メラニンの排出が滞ってしまい、メラニンがどんどん肌に蓄積していきます。

その結果、シミがどんどん濃くなってしまうのです。

 

濃いシミを放置すると一生肌に残る!真皮に落ちる前に対策を!

さて、シミが濃くなっていく過程について説明しましたが、この濃くなったシミを放置していると、取り除くことが困難になります。

上で解説したように、シミ(黒色メラニン)が作れると、ターンオーバーとともに徐々に肌表面へと上がっていき、最終的には排出されます。

ところが、何らかの原因で黒色メラニンが皮膚の奥深い部分(真皮)に入り込んでしまうことがあります。

 

ここで、真皮ではターンオーバーが行われないので、いったんメラニンが真皮に落ちてしまうと、皮膚にずっと残ってしまい、シミの改善が難しくなります。

シミができるだけでも憂鬱なのに、それが一生肌に残ってしまうなんて、想像するのも恐ろしいですよね。

ちなみに、通常のシミは茶色や黒みがかった色調をしていますが、真皮に入り込んだシミは青みがかって見えるのが特徴です。

このように、真皮にシミを落とさないためには、黒色メラニンが生成されるのをブロックしたり、できるだけ早く肌から排出させることが大切です。

 

とはいえ、これまで様々なシミ対策を行ってきたけど、なかなか思うようにシミが取れなくて困っている女性も多いかと思います。

もしかしたら、あなたは、シミに効くと評判の美白化粧品を片っ端から使ってみたけど、結局シミが消えなくて、どうしたらいいものかと途方に暮れているかもしれませんね。

でも、ご安心ください。

 

これから説明するシミ消し法をきちんと実践すれば、あなたを悩ます茶色い悪魔を撃退することができますよ。

 

濃いシミを消す4つの方法|低コストかつ安全なのは美白化粧品を使う方法!

濃いシミを消すには、こちらの4つの方法が効果的です。

・シミを濃くしない食品を摂る

・ピーリングで肌サイクルを早める

・レーザーでシミを消し去る

・正しい美白化粧品を使う

 

・シミを濃くしない食品を摂る

シミを作らせない、もしくはシミを濃くしないためには、シミによく効く栄養素の入った食品を摂ることが大切です。

ここで、シミによく効く栄養素としては、ビタミンCビタミンAの2つがポイントとなります。

 

ビタミンCがシミに効果的だというのは、シミに悩む女性ならご存知ですよね。

ビタミンCは次の3つの働きによって、シミをケアしてくれます。

  1. シミのもととなるメラニンの生成をブロックする
  2. メラニンの排出を促進させることで、シミの排出を促す
  3. できたメラニン色素を分解して、シミを薄くする

 

ただ、ビタミンCは体内に蓄えておくことができないので、毎日摂取することが重要となります。

次に、ビタミンAは、新陳代謝を促す働きがあるので、シミのスムーズな排出に貢献してくれます。

毎日の食事で、ビタミンCやビタミンAを意識して摂取するように心がけましょう。

 

・ピーリングで肌サイクルを早める

ピーリングは、薬剤(酸)を皮膚の表面に塗布して、古い角質を剥がす美容医療です。

ピーリングのメリットは、古い角質を除去することで、ターンオーバーを早めることができるので、メラニン(シミ)を排出するスピードがアップする点です。

また、古い角質が取れることで、化粧品の美白成分や保湿成分などが肌に浸透しやすくなるという利点もあります。

 

反対に、ピーリングのデメリットは、酸を肌にぬるので、肌への負担が大きい点です。

また、ピーリングを行った後の肌は、角質が薄くなって肌が敏感になっているので、肌が乾燥しやすかったり、紫外線ダメージを受けやすいということです。

さらに、ピーリングによるシミ治療は保険適用外なので、全額自費負担になります。

 

費用はクリックによって異なり、1回あたり5000~2万円くらいが相場で、5~10回の治療を行うことになります。

ピーリングは美白効果は高いのですが、肌負担と金銭面のデメリットが大きいですね。

 

・レーザーでシミを消し去る

シミを効率よく消す方法としては、レーザー治療があります。

レーザー治療は、シミのもととなっているメラニン色素にレーザーを照射させて破壊することで、シミを除去する方法です。

レーザー治療のメリットは、メラニン色素を破壊するためシミ消し効果が高く、即効性がある点でも優れています。

 

反対にデメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 術後に少しヒリヒリする
  • 1回でシミが消えない場合がある(特に皮膚の奥深くのシミ)
  • 術後のアフターケアが面倒(患部が再生されるまでの1週間はテープを貼って過ごす必要がある、術後3ヶ月はUVケアを徹底する必要がある)
  • 保険適用外が費用が高い(相場は1回5000~4万円)

レーザーは、ピーリング同様に費用負担が大きいことが最大のデメリットとして挙げられますね。

 

・正しい美白化粧品を使う

シミを薄くしたり、消したりするには、美白化粧品によるケアも有効です。

美白化粧品は、ピーリングやレーザー治療のような即効性はありません。

また、美白化粧品の成分は真皮にまで到達できないので、真皮に入り込んだ青みがかったシミに対しては、シミ消し効果は期待できません。

 

ただし、低コストで、お肌への負担が小さいことがメリットと言えます。

また、近年は、各化粧品メーカーが安全で美白効果の高い化粧品の開発にしのぎを削っているので、美白効果の高いものがどんどん登場してきています。

 

例えば、成分の浸透性を高めて美白効果をアップさせたり、美白力の強い独自の成分を開発しているメーカーもあります。

そのため、昔よりも低刺激で、なおかつ高い美白効果が期待できます。

 

美白化粧品は、個人差もありますが、美白効果が高いものであれば、数ヶ月くらいでシミへの効果が現れることが多いようです。

ただ、美白化粧品を選ぶ際にはいくつかポイントがあり、そこを外してしまうと、半年経てども、1年経てども、一向にシミは薄くならないので注意が必要です。

 

濃いシミに効く美白化粧品を選ぶ際の4つのポイント|美白効果が高いだけじゃダメ!

濃いシミに効く美白化粧品を選ぶ際には、以下の4つのポイントを押さえておくことが大切です。

 

・美白効果が高い成分が配合された商品を選ぶ

・浸透性が高いものを選ぶ

・保湿効果が高い化粧品を選ぶ

・自分の肌質に合ったものを選ぶ

 

・美白効果が高い成分が配合された商品を選ぶ

まず、美白化粧品を選ぶ際には、美白効果が高い成分がきちんと配合されたものを選ぶことが重要です。

美白効果が高いものとしては、4MSK、ビタミンC誘導体、プラセンタ、ルシノールなどが挙げられます。

反対に、美白効果が弱いものとしては、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸、エラグ酸などが挙げられます。

 

特に、トラネキサム酸は市販の美白化粧品によく配合される美白成分ですが、シミへの効果は弱いです。

 

・浸透性が高いものを選ぶ

いくら美白効果が高い成分でも、肌の奥深くまで浸透してくれないと、シミへの効果は期待できません。

というのも、シミのもとになるメラニンは、肌の奥(基底層)にあるメラノサイトで作られるからです。

そのため、成分の浸透性も美白化粧品を選ぶ際の重要な指標になります。

 

この浸透性については、独自の浸透技術を採用しているメーカーが多く、有名なものだとラメラ技術などがありますね。

 

・保湿効果が高い化粧品を選ぶ

保湿は、美白とは関係なさそうに思えますが、実はシミを薄くするうえでは、非常に重要な要素となります。

というのも、シミが濃くなるのは、肌のターンオーバーが滞ることが原因だと説明しましたよね。

そして、肌サイクルの乱れの一因は、お肌の乾燥にあります。

 

肌が乾燥すると、乾燥から皮膚を守るために古い角質が肌に堆積していきます。

すると、ターンオーバーの周期が遅くなるため、メラニンの排出が遅れて、肌の内部にどんどん蓄積していきます。

その結果、シミがいつまでも排出されずに肌に残るので、シミが濃くなるというわけですね。

 

一方で、お肌が潤っていて、水分と油分のバランスがとれていると、肌の生まれ変わりが正常に行われるため、メラニンができても、スムーズに排泄されていきます。

というわけで、シミを肌に貯めないためには、保湿効果が高い美白化粧品を選んだ方がいいですね。

ちなみに、化粧水だと保湿成分の配合量が少なくて保湿効果が弱いので、できれば美白美容液や美白オールインワンゲル、美白クリームなどを選んだ方がいいですよ。

 

・自分の肌質に合ったものを選ぶ

いくら美白効果が高くても、使った途端に肌荒れしたり、ヒリヒリとした刺激が起こるようなものを使い続けるのは難しいですよね。

自分の肌質に合うかどうかは、使ってみないと分からないことなので、買う前に判断するのは難しいですが、重要な点ではあります。

 

例えば、上で紹介した美白効果の高い4MSKという成分は、肌への負担がやや大きいので、乾燥肌や敏感肌の人が使うと、刺激が出る可能性があります。

そのため、お肌の弱い人は、肌負担の大きな美白成分は避けた方がいいかもしれません。

 

濃いシミに効くおすすめの美白化粧品

ここでは、上で説明した美白化粧品を選ぶ際の4つのポイントを踏まえたうえで、おすすめの美白化粧品を紹介します。

 

圧倒的な美白力を誇る最先端の美白化粧品ならコレ!浸透力や保湿力も高い!

まず、あなたが圧倒的に美白効果の高い化粧品を使いたいのであれば、ポーラの最新美白美容液・ホワイトショットがベストですね。

 

ホワイトショットの特徴は、ポーラ独自の美白成分であるルシノールEXが配合されていることです。

このルシノールEXがシミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトまで届くように設計されています。

美白力の高いルシノールEXがシミの生成もとへと直接届いて効果を発揮するため、高い美白効果が期待できるというわけですね。

 

また、ホワイトショットにはユズセラミドという保湿効果の高い成分が配合されているので、保湿力も高いのです。

このように、ホワイトショットは美白力、浸透力、保湿力のいずれも高いのですが、1つ欠点があります。

それは、1本あたりのお値段が12,960(税込)と、なかなかに値が張るということですね。

 

なので、

「多少高くてもいいから、本当にシミに効く化粧品を使いたい」

「何が何でも絶対にシミを消したい」

といったように、本気で美白に取り組みたい方にだけおすすめです。

 

公式ページ⇒2018年のベスト・オブ・ベスト美白コスメに輝いた最先端の美白美容液をチェックしてみる!

ハイブリッド

低刺激で、美白効果や保湿効果が高いのはコレ!皮膚科学の権威が開発!

「肌が弱いから、肌に優しくて、できるだけ美白効果が高い美白化粧品を使いたい。」

こんな女性には、コロンビア大学の著名な皮膚科医が開発したシズカゲルという美白オールインワンゲルがおすすめです。

シズカゲルは、楽天1位を獲得したり、美容の本場ニューヨークでも話題の美白化粧品として紹介された実績があります。

 

また、めざましテレビ王様のブランチなどのTV番組で紹介されたり、様々な美容雑誌に掲載されています。

 

そんなシズカゲルの特徴は、美白有効成分のアルブチンやビタミンC誘導体、医学誌にも掲載されたフラバンジェノールなどの美肌成分が配合されていて、美白効果が高いことです。

また、皮膚科医が開発していることもあり、お肌に優しい成分が厳選して配合されています。

なので、乾燥肌や敏感肌のように、お肌が弱い人も安心して使えますね。

 

さらに、シズカゲルには最強の保湿成分・セラミドが配合されているので、保湿効果が高くて、お肌の乾燥をしっかりと防いで、潤いをキープしてくれます。

なお、上でも説明したように、肌がきちんと潤っていれば、ターンオーバーが正常に働くので、古い角質と一緒にシミも排出されていきます。

 

というわけで、あなたが「お肌に優しくて、美白効果が高い化粧品を使いたい」と考えているなら、シズカゲルがおすすめですね。

公式サイト⇒世界的な皮膚科医が開発した話題の美白オールインワンゲルをチェックしてみる

シズカゲル

濃いシミのまとめ

濃いシミを消すには、以下の4つの方法が効果的です。

・シミを濃くしない食品を摂る

・ピーリングで肌サイクルを早める

・レーザーでシミを消し去る

・正しい美白化粧品を使う

 

ピーリングやレーザーは即効性が高いのですが、費用負担や肌負担が大きいので、お金に余裕がないと難しいです。

一方で、美白化粧品は、一般的に効果が現れるまでに数ヶ月ほどかかってしまいますが、低コスで肌への負担も小さいというメリットがあります。

 

なお、美白化粧品を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

・美白効果が高い成分が配合された商品を選ぶ

・浸透性が高いものを選ぶ

・保湿効果が高い化粧品を選ぶ

・自分の肌質に合ったものを選ぶ

美白化粧品の購入を検討しているなら、まずは上の4つのポイントを満たしているかチェックしてみてください。

 

ちなみに、圧倒的に美白効果が高い化粧品を探しているのであれば、2018年のベスト・オブ・ベスト美白コスメに輝いたポーラのホワイトショットがおすすめですね。

ハイブリッド

美白力の強いポーラ独自の美白成分が配合されていて、なおかつその美白成分がシミの生成源へと届くように設計されているので、高い美白効果が期待できます。

 

濃いシミに効く美白化粧品ランキング

最後に、上で説明した美白化粧品を選ぶ4つのポイントをふまえて、濃いシミによく効く美白化粧品をランキング形式でまとめておきます。

「これまで、いろんな美白化粧品を使ってきたけど、シミが薄くならなかった」と悩んでいるなら、今すぐチェックしてみてください。

 

関連記事⇒美白美容液ランキングTOP3|濃いシミを消し去って、あの頃の綺麗な肌を取り戻そう

関連記事⇒美白オールインワンジェル ランキングTOP3|頑固なシミとは永久にサヨナラ!

 

sponsored link