Pocket

この記事では、ルルルン・プレシャスクリームの成分分析や効果、評価について説明します。

 

「プレシャスクリームって、お肌によくない成分が入っていないか気になる!」

「界面活性剤が入っているけど、お肌に刺激とかは出ないよね?」

「このクリームって、本当に保湿効果が高いのかな」

「シミに効く成分とか入ってる?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

プレシャスクリームの成分分析から効果が判明!

プレシャスクリームの全成分はこちらです。

水、スクワラングリセリンプロパンジオールトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)ステアリルアルコールベヘニルアルコール、シア脂、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10ステアロイルラクチレートNaトリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチコン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、メチルパラベン、バチルアルコール、水酸化K、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ソルビトール、BG、香料、EDTA‐2Na、酸化鉄、トコフェロール、アロエベラ葉エキス、ウメ果実エキス、リン酸Na、加水分解コメエキス酵母エキス、デキストラン、トリフルオロアセチルトリペプチド‐2、コメヌカエキス、クエン酸

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿効果が高いヒアルロン酸やコラーゲンなどは配合されていませんね。

 

油分

オレンジ色で示した成分は油分です。

油分はお肌を柔軟にしたり、保護したり、水分蒸発を防いだりする働きがあります。

特に、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)という長い名前の成分は、疑似セラミドと呼ばれるもので、すぐれた保湿効果があります。

 

そもそも、セラミドは人のお肌(角質層)に含まれている成分であり、こちらはヒト型セラミドと呼ばれています。

一方で、疑似セラミドは、化学合成によって作られたセラミドであり、ヒト型よりも安くて、大量生産できるメリットはあります。

ただし、疑似セラミドは、ヒト型セラミドよりも保湿力が圧倒的に低いというデメリットがあります。

 

なので、保湿力の高いクリームを使いたいのであれば、ヒト型セラミドが配合されたものを選んだ方がいいでしょう。

 

界面活性剤

ピンク色で示した成分は界面活性剤です。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

プレシャスクリームのように、油分と水性の成分が混在している化粧品には欠かせない成分です。

 

ただ、界面活性剤は配合数や配合量が多くなると、お肌への負担も大きくなります。

プレシャスクリームには、肌への刺激性が強い界面活性剤は含まれていません。

ただし、界面活性剤が3種類も配合されており、配合数が多いのが気がかりですね。

 

総合評価

プレシャスクリームは、疑似セラミドが入っているので、普通のクリームよりは保湿力が高めです。

ただし、界面活性剤の配合数が多いので、お肌にいい化粧品とは言えませんね。

安くて、まあまあの保湿効果が欲しい人は使ってもいいかもしれませんが、お肌の弱い人は止めた方がいいでしょう。

 

ちなみに、公式ページでは、老化現象にアプローチする成分としてペプチド(トリフルオロアセチルトリペプチド‐2)が配合されていることを強調していますが、ここは注意が必要です。

アンチエイジング成分についてはまだ分かっていないことも多いので、効果はあまり期待しない方がいいでしょう。

 

あと、シミのケアに効果的な成分(プラセンタやビタミンC誘導体など)は含まれていないので、日焼けによるシミやニキビ跡の茶色いシミへの効果は期待できません。

お肌の乾燥で悩んでいるなら”ヒト型セラミド”配合のクリームがおすすめ!

上では、プレシャスクリームの成分や効果について説明しました。

保湿力はまずまずなのですが、お肌によくないのがマイナスポイントでしたね。

もし、あなたが、お肌の乾燥で悩んでいて、保湿力の高いクリームを探しているなら、ヒト型セラミドが配合されたクリームを選ぶことをおすすめします。

 

上の説明でも登場したヒト型セラミドは、抜群の保湿効果があり、最強の保湿成分と言われるほどです。

というのも、ヒト型セラミドはお肌の水分の約8割を保持しているとされています。

それほど圧倒的な水分保持力を備えており、「ホンマでっかテレビ」で紹介されるなど、現在メディアでも注目されている美肌成分なんですよ。

 

お肌の乾燥で長年悩まされてきた私も、ヒト型セラミド配合のクリームを使い始めてから、朝のお肌の調子がとってもよくなりました。

ちなみに、私が使っているのはクラウンセルクリームというヒト型セラミド配合のクリームです。

クラウンセルクリームは、先程のルルルン・プレシャスクリームとは違って、ヒト型セラミドが入っているので保湿力抜群ですし、お肌にも優しいです。

あと、初回1300円から試せるので、ルルルン・プレシャスクリームよりも安いですね。

 

もし、ルルルン・プレシャスクリームを買おうかどうか迷っているなら、プレシャスクリームより保湿効果が高くて、お肌にも優しくて、そのうえ安いクラウンセルクリームを使った方がいいですよ。

公式サイト⇒ひとまずクラウンセルクリームの公式ページをチェックしてみる!

あと、クラウンセルクリームの使用感について知りたい方は、私が写真付きのレビューを掲載しているので、こちらの記事を読んでみてください。

参考⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使用感まとめ|クリームだけで潤いが続く!

 

プレシャスクリームのまとめ

ルルルン・プレシャスクリームは、疑似セラミドが含まれているので、まあまあの保湿効果が期待できます。

ただし、3種類もの界面活性剤が含まれているので、お肌にはよくないです。

「ルルルンというブランドの化粧品をどうしても使いたい」という方以外は使わない方がいいでしょう。

 

お肌の乾燥で悩んでいるなら、疑似セラミドではなく、最強の保湿力を持つヒト型セラミドが配合されたクラウンセルクリームのような化粧品を選んだ方がいいですよ。

 

乾燥に悩むあなたが、次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒セラミドを多く含む化粧品ならクラウンセルクリームがおすすめ、セラミド化粧品を選ぶときの3つの注意点も解説

sponsored link