Pocket

このページでは、ニキビを根絶させる方法について説明します。

 

ニキビの原因

ニキビを治す方法を知る前に、まずはニキビの発生原因を理解しておきましょう。

・ストレス

・ホルモンバランスの乱れ

・皮脂過剰

・睡眠不足

・遺伝

・肌の乾燥

・毛穴の詰まり

 

・ストレス

ストレスが健康や美容に悪いというのは、よく知られたことですが、大人ニキビにもストレスが関与しています。

ストレスを感じると、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されたり、自律神経のうち興奮を司る交感神経が活発化することでノルアドレナリンが増加します。

この男性ホルモンやノルアドレナリンは、皮脂の分泌を促す働きがあるので、ストレスを持続的に感じることはニキビの原因になるのです。

 

さらに、男性ホルモンは肌を硬くする性質もあるので、毛穴が柔軟性を失うため、皮脂が詰まりやすくなります。

こうして、皮脂分泌量が増えて、毛穴に詰まると、そこでアクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビができてしまいます。

 

・ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると、肌トラブルが起こりやすくなります。

まず、男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、女性ホルモンのエストロゲンには皮脂を抑える働きがあります。

また、エストロゲンには肌のバリア機能を強化させて、外部刺激に対する肌の防御力をアップさせます。

 

これらのホルモンがバランスを保っていれば、肌のバリア機能が十分に機能し、皮脂分泌もベストの状態を保つように制御されるので、ニキビなどの肌トラブルは起こりにくいです。

しかし、栄養バランスの偏り、睡眠不足、体の冷え、ストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れると、肌のバリア機能が正常に働かず、ニキビなどの肌不調が生じることがあります。

 

・皮脂過剰

皮脂はニキビ菌の餌になります。

そのため、皮脂分泌量が過剰になって、皮脂が毛穴に詰まると、ニキビ菌が増殖するため、ニキビができやすくなります。

皮脂の過剰分泌は、ストレス、睡眠不足、偏った食事、間違ったスキンケアなどが原因で起こります。

 

・睡眠不足

睡眠不足が肌によくないというのは、よく知られたことですね。

紫外線や乾燥などでダメージを受けた肌は、睡眠時に修復されていくので、睡眠不足になったり、睡眠の質が低下すれば、肌の回復力も低下してしまいます。

さらに、睡眠不足自体がストレスとなり、上で説明したように、皮脂分泌の過剰につながって、ニキビを悪化させることがあります。

 

・遺伝

ニキビが遺伝することはありませんが、ニキビになりやすい肌質を親から受け継いでいる可能性はあります。

例えば、皮脂の分泌量が多い脂性肌の人はニキビが悪化しやすいです。

 

また、ターンオーバーの周期が長い肌質もニキビが生じやすいです。

外部刺激によって肌のバリア機能が壊されたときに、すぐに再生できれば大きなトラブルにつながりませんが、ターンオーバーが遅いと、バリア機能が低下した状態が長く続きます。

すると、肌が敏感な状態になるため、小さな刺激でも肌荒れを起こしやすいのです。

 

他にも、毛穴の出口が狭くて、皮脂や古い角質などの汚れが詰まりやすい状態の人もニキビができやすいです。

ニキビは毛穴の出口が塞がれて、内部に皮脂が溜まってしまうことで発生します。:

そのため、毛穴の出口が狭い形状の人は、当然ながらニキビができやすいですね。

毛穴の黒ずみや角栓が目立つ方は、汚れが詰まりやすい毛穴をしているので要注意です。

 

このように、ニキビができやすい肌質を親から受け継いでいる人は、残念ながらニキビができやすいと言えます。

 

・肌の乾燥

肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下します。

すると、お肌を守るために、皮脂膜をつくろうとして、皮脂分泌量が多くなったり、角質層が厚くなります。

すると、毛穴の出口が狭くなるため、皮脂が詰まりやすくなります。

つまり、ニキビができやすくなるというわけです。

 

・毛穴の詰まり

毛穴が詰まるのは、上で説明した乾燥や遺伝など様々な要因が関与しています。

例えば、日焼け止めの落とし残しや化粧品の油分などが毛穴に詰まってニキビの原因になることもあります。

 

ニキビを治す方法

ニキビの原因が分かったところで、次はニキビを治す方法について説明します。

・ホルモンバランスを整える

・ニキビに効く栄養素を摂る

・飲み薬や塗り薬

・漢方

・美容医療

・ニキビケア化粧品を使ったスキンケア

 

・ホルモンバランスを整える

上で説明したように、ホルモンバランスが崩れると、ニキビをはじめとした肌トラブルが起こりやすくなります。

反対に、ホルモンバランスが整った状態だと、肌のバリア機能が正常に機能するので、肌の不調が起こりにくくなります。

そのため、ニキビを治すには、ホルモンバランスを整えることが先決です。

 

なお、ホルモンバランスが崩れる原因は、ストレス、偏った食事、睡眠不足、運動不足などが挙げられます。

このような生活におけるあらゆる要素が積み重なり、体内バランスが乱れて、それにより肌の上のバランスまでも崩すと、ニキビができます。

実際のところ、ニキビの原因は複雑すぎて、医学的によくわかっていない部分も多いです。

 

ただ、ちょっとした睡眠不足や、ストレスの蓄積など、誰でもありそうなもの積み重なって、ある日急にホルモンバランスが乱れて、ニキビを生じることがあります。

そのため、ホルモンバランスを整えるには、まずは生活習慣の見直しを行うことが大切です。

現代社会においてストレスを回避することは難しいですが、食事や睡眠、運動不足が自分の心がけ次第で改善可能です。

 

・ニキビに効く栄養素を摂る

上で説明したように、ニキビと食事は密接な関係にあります。

食事を改善することで、ニキビを予防したり、ニキビの治りを助けることができます。

まず、栄養素ではビタミンEやビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCなどがニキビケアには効果的です。

 

ビタミンE

最初に、ビタミンEは、ニキビのできにくい理想的なホルモンバランスを維持するのに役立つ栄養素です。

さらに、ビタミンEは、肌の新陳代謝を促進して、新しい綺麗な肌が生成されるのを助けてくれます。

そのため、ニキビ肌を元の肌に治すのをサポートしてくれます。

 

また、ビタミンEには強い抗酸化作用もあり、肌トラブルや肌老化の原因となる活性酸素を除去する効果があります。

なので、ニキビだけでなく、他の肌トラブルや肌老化を防ぐうえでも強い味方になります。

ちなみに、ビタミンEは、アーモンドや落花生などのナッツ類に多く含まれています。

他には、植物油、野菜だとかぼちゃやほうれん草、果物だとキウイフルーツやレモン、魚介だとうなぎやたらこ、イワシなどですね。

 

ビタミンB群

続いて、ビタミンB群は脂質の代謝を促す働きがあります。

ニキビが悪化するのは脂質が溜まることによるアクネ菌の増殖です。

脂質が正常に代謝されていれば、悪化を防ぐことができます。

ビタミンB群は、レバーやにんにく、卵黄などに多く含まれています。

 

ビタミンA

ビタミンAは、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する効果があります。

ターンオーバーが正常であれば、角栓ができにくくなるので、ニキビも発生しにくいです。

また、ニキビで傷ついた肌の修復も早くなります。

 

そのため、ニキビの予防やケアにおいて、ビタミンAはとても効果的なのです。

ちなみビタミンAは豚、鶏、あんこう、うなぎ、あゆ、パセリ、にんじんなどに多く含まれています。

 

ビタミンC

ビタミンCは、活性酸素による肌ダメージを防ぐ抗酸化、皮脂の過剰分泌を抑制する作用など様々な美肌効果を持っています。

ビタミンCは、果物や野菜、イモ類などに多く含まれています。

 

・飲み薬や塗り薬

ニキビによく使われる飲み薬や塗り薬で治すという手段もあります。

まず、飲み薬ではアクネ菌を殺菌する抗生物質、ホルモン剤などがあります。

ただし、これらの薬は、飲むのを途中でやめると元の状態に戻ってしまったり、副作用も強いので、リスクが高いです。

 

続いて、塗り薬は主に抗生物質などの殺菌成分を含むもの、角質を溶解させるもの、抗炎症作用のあるものの3つに分けられます。

ただ、塗り薬の場合は、肌が乾燥しやすくなったり、かぶれやすくなったり、皮膚刺激性が強いものが多いので、飲み薬と同様に副反応が出るリスクは高いです。

 

・漢方

ニキビを治すには、漢方薬も効果的です。

漢方薬はホルモンバランスを整えたり、皮膚の免疫を高めたりといった様々な作用があります。

例えば、以下の漢方薬はニキビによく使われます。

 

・ケイガイレンギョウトウ:顔全体に皮脂が多く、小さいニキビがたくさんできる人によく効く。

・セイジョウボウフウトウ:若い人のニキビによく効く。額などの皮脂の多い部分に赤いニキビがたくさんできる人が使うといい。

・ジョウミハイドクトウ:背中やおしりにもニキビができる人によい。

 

漢方薬は、体の中のバランスを整えて、自分の治癒力を高めていく薬です。

ただ、漢方薬は抗生物質ほどではありませんが、体に合わないと副作用を起こすことがあるのがデメリットです。

副作用としては、例えば胃もたれや下痢などの胃腸障害が挙げられます。

 

・美容医療

ここで言う美容医療とは、外用薬を用いないニキビ治療をさします。

ピーリングや局所注射、レーザー治療、イオン導入、光治療、点滴治療、面ぽう圧出など、ニキビ医療には様々な種類があります。

こういった美容医療はニキビへの効果は高いのですが、皮膚に与える刺激が強かったり、費用が高いのがネックと言えます。

 

例えば、ニキビ治療で有名なピーリングだと、一般的には、2周間で2回、合計10回ほどを目安に行います。

費用は1回あたり、5000~2万円ほどとかなり幅があり、保険適応がありません。

そのため、トータルの出費は安く見積もっても、5万~10万くらいということになります。

 

ちなみに、ピーリングは肌に酸性の薬液を塗布することで、古い角質を強制的に除去するものです。

そのため、肌への刺激が強く、肌の弱い人にはおすすめできない治療法です。

また、赤く腫れたニキビがあって、肌が炎症を起こしている場合も避けたほうがいいです。

 

・ニキビケア化粧品を使ったスキンケア

ニキビケア化粧品を使ったスキンケアは、副作用のリスクが低く、比較的早く効果も得られるので、ニキビを治す手段としては一番現実的と言えます。

ニキビケア化粧品は、美容医療や塗り薬ほどの即効性はありませんが、皮膚への負担が小さく、副作用が起こりにくいことがメリットとして挙げられます。

また、美容医療のように費用が高くなくて、1ヶ月あたり3000~1万円くらいで行うことができます。

 

なお、ニキビケア化粧品には、化粧水や乳液、美容液、クリーム、オールインワンなど様々なタイプがあります。

ただ、油分はニキビ菌の餌になるので、油分が配合されていない化粧水でケアするのがベストですね。

 

ニキビケア化粧水を選ぶ際に大切なこと

さて、ニキビケア化粧品を使ったスキンケアでは、化粧水を使うのがベストだと説明しましたが、どのような化粧水を選んだらいいのでしょうか。

まず、ニキビケア化粧水を選ぶポイントは次の3つです。

・ニキビに有効な成分が入った医薬部外品を選ぶ

・保湿力が高いものを選ぶ

・肌への負担が小さいものを選ぶ

 

・ニキビに有効な成分が入った医薬部外品を選ぶ

まず、ニキビに有効な成分というのは、抗炎症作用のある成分や殺菌作用のある成分のことです。

抗炎症作用のある成分では、例えばグリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどが有名ですね。

これらの成分は、ニキビの炎症を鎮める効果があるので、赤く腫れたニキビを鎮静化させてくれます。

 

続いて、殺菌作用のある成分は、シメン-5-オールやイソプロピルメチルフェノールなどが挙げられます。

これらの成分は、ニキビの原因となるアクネ菌を減らして、ニキビの悪化を防いだり、炎症を抑える効果があります。

 

そして、このような抗炎症成分や殺菌成分が一定の濃度で配合されたものが医薬部外品です。

医薬部外品は、医薬品ほどの効果はありませんが、その分副作用のリスクが低いです。

さらに、化粧品よりも効果が高いので、効果と副作用のバランスがとれたスキンケア商品と言えます。

 

・保湿力が高いものを選ぶ

これまで説明してきたように、肌の乾燥はニキビの原因となります。

また、肌が乾燥すると、バリア機能が低下するので、お肌が刺激に弱くなり、ニキビを悪化させることにもつながります。

そのため、ニキビで悩んでいる人は、より一層保湿ケアに留意する必要があります。

 

そこで、ニキビケア化粧水を選ぶ際には、できるだけ保湿効果が高い成分が入ったものを選ぶといいです。

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、トレハロースなどは、保湿力が高い成分として有名ですね。

 

・肌への負担が小さいものを選ぶ

上で説明したように、ニキビ肌はバリア機能が低下しているので、小さな刺激でも過敏に反応しやすいです。

そのため、ニキビケア化粧水を選ぶときは、できる限りお肌に優しいものを選んだ方がいいです。

 

そこで、ニキビケア化粧水によく配合されるお肌によくない成分をいくつか紹介しておきます。

・DPG(ジプロピレングリコール):皮膚刺激性が懸念される保湿成分

・PG(プロピレングリコール):皮膚刺激性が懸念される保湿成分

・エタノール:配合量が多いと、肌を乾燥させる恐れがある

・界面活性剤:洗浄力が強いものだと、肌への負担が大きい

・サリチル酸:ピーリング剤に使われる酸で、皮膚刺激性が強い

・香料:アレルギー性や皮膚刺激性が強いものがある

 

まず、エタノールは配合量が多くなると、さっぱりして使用感はいいのですが、お肌を乾燥させるリスクが高くなります。

そして、界面活性剤は肌への負担が小さいタイプのものだとそれほど問題にはなりませんが、洗浄力が強いタイプのものは、肌への負担が大きいので注意が必要です。

 

肌活30が厳選したニキビによく効く化粧水

さて、ここまでの説明で、ニキビによく効く化粧水の特徴は分かっていただけたかと思います。

そこで、最後にニキビにおすすめの化粧水を紹介するので、化粧水でニキビを治したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事⇒ニキビケア化粧水ランキングTOP3|繰り返すニキビを根絶!

sponsored link