Pocket

Nov ACアクティブトライアルセット
この記事では、ノブ(NOV AC)の化粧水(ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト)の成分解析や口コミなどについて説明します。

「ノブ化粧水には、お肌によくない成分は入っていないよね?」

「ニキビ跡(赤み、デコボコ肌、茶色いシミ)に効くのかな?」

「毛穴の黒ずみには効果ある?」

このような疑問にお答えしていきます。

nov化粧水の成分解析の結果

nov化粧水の全成分はこちらです。

有効成分:サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン
その他の成分:水、BGエタノールベタインポリオキシエチレンメチルグルコシドジグリセリンリボフラビン2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液グリコール酸、ビタミンE、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン【酸化防止剤】、EDTA-2Na、クエン酸、ヒドロキシエチルセルロース【合成ポリマー】、ポリオキシエチレンフィトステロール【乳化剤】、ラフィノース水和物、水酸化Na、乳酸Na液、メチルパラベン

出典:公式ページ

では、上記の成分を評価していきます。

 

有効成分

ノブ ACアクティブ フェイスローション モイストは医薬部外品であり、サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシンという3つの有効成分を含んでいます。

まず、サリチル酸は強力なケミカルピーリング剤に用いられる成分であり、皮膚を溶かす働きがあります。

このサリチル酸は、古い角質を溶かして除去し、お肌をすべすべにしたり、毛穴に古い角質が詰まるのを防いだりしてくれます。

 

また、サリチル酸は殺菌作用が高く、ニキビの原因菌を除去してくれるので、ニキビへの即効性が期待できます。

ただし、効果が高い分、皮膚への刺激性も強いのでお肌の弱い人は避けたい成分です。

 

続いて、アラントインは抗炎症作用があり、赤く腫れたニキビを鎮めてくれます。

そして、塩酸ピリドキシンは、肌荒れを防止する効果があります。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液は、ヒアルロン酸よりも高い保湿力を持ちます。

この成分以外は、特に保湿効果の高いものはありません。

 

界面活性剤

界面活性剤はピンク色で示しています。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

ノブ化粧水では、ポリオキシエチレンフィトステロール(PEG-10フィトステロール)という界面活性剤が配合されています。

 

ここで、界面活性剤のなかには肌への刺激性が強いものもありますが、上記の成分は肌への負担は小さいです。

 

お肌によくない成分

お肌によくない成分は、赤色で示したエタノールグリコール酸です。

まず、エタノールは化粧水によく配合される成分であり、収斂性があってサッパリした使用感を演出してくれます。

ただし、エタノールは揮発性が高く、蒸発するときにお肌を乾燥させる恐れがあります。

 

続いて、グリコール酸はピーリング剤に利用される成分であり、ピーリング効果は弱いのですが、皮膚への刺激性が懸念されます。

 

総合評価

ノブ化粧水は、アラントインや塩酸ピリドキシンといった肌荒れを防いだり、ニキビを鎮める効果のある成分が配合されているので、ニキビに効果的です。

また、殺菌作用のあるサリチル酸が含まれているので、ニキビの原因となるアクネ菌を退治してくれます。

そのため、ノブ化粧水は、ニキビへの即効性が期待できます。

 

しかし、サリチル酸は効果が強い分、お肌への負担も大きいです。

また、ノブにはサリチル酸の他にも、グリコール酸やエタノールなどの皮膚への刺激性が懸念される成分が配合されているので、お肌の弱い人は使わない方がいいでしょう。

 

ただし、ノブ化粧水は、ニキビへの即効性は期待できるので、一時的でもいいからニキビを鎮めたいという方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒ノブ(NOV AC)の化粧水をチェックしてみる!

Nov ACアクティブトライアルセット

nov化粧水のニキビ跡や毛穴の黒ずみへの効果

nov化粧水は、有効成分としてアラントインが配合されているので、ニキビの赤みを抑える効果が期待できます。

ただし、ニキビ跡(赤み、デコボコ肌、茶色いシミ)に対する効果は弱いです。

 

まず、ニキビ跡は、ビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合された化粧品でケアすることで、薄くしたり、目立たなくすることは可能です。

ただ、残念ながらnov化粧水には美白有効成分は配合されていないので、ニキビ跡への効果は期待できないのです。

 

ちなみに、ニキビ跡についてはケミカルピーリングがとても効果的なのですが、nov化粧水に配合されているピーリング剤(サリチル酸やグリコール酸)は微量なので、やはりニキビ跡に対する効果は期待しない方がいいでしょう。

 

次に、毛穴の黒ずみについてですが、サリチル酸やグリコール酸には古い角質を除去したり、角質層を柔軟にする働きがあります。

そのため、毛穴に古い角質や皮脂が詰まることを予防する効果は、ある程度は期待できます。

また、角質が柔軟になることで角栓などの毛穴汚れが落ちやすくなるかもしれません。

 

ただし、サリチル酸やグリコール酸の配合量は少ないので、ケミカルピーリングのような劇的な効果は期待できません。

というわけで、nov化粧水は、毛穴の黒ずみに対する効果は薄いと言えます。

 

nov化粧水の口コミまとめ

ネットで「nov 化粧水 口コミ」などと検索すると、簡単に口コミサイトを見つけることができます。

nov 化粧水の口コミのなかには、つけた瞬間からヒリヒリしたとのコメントがありますが、これはサリチル酸などの皮膚への刺激性が強い成分が原因だと考えられます。

先にも説明したように、乾燥肌や敏感肌の人は、セラミドが不足するなどして肌のバリア機能が弱っている恐れがあるので、このような刺激性の強い化粧水には特に注意が必要です。

 

次に、nov 化粧水を使うことでニキビが改善したとのポジティブな意見も見られます。

サリチル酸の殺菌作用によってアクネ菌が除去されるので、一時的にニキビができにくくなる可能性はあります。

また、アラントインなどの消炎効果のある成分も含まれているので、そちらが貢献しているとも考えられます。

 

ノブ化粧水のまとめ

ノブ化粧水は、アラントインという消炎作用のある成分が配合されているので、赤く腫れたニキビを鎮静化させる効果が期待できます。

また、殺菌作用のあるサリチル酸が配合されているので、ニキビの原因菌を退治してくれます。

そのため、ノブ化粧水は、ニキビへの即効性が期待できます。

 

ただし、サリチル酸は、皮膚への刺激性が強いので、お肌の弱い人は使わない方がいいでしょう。

Nov ACアクティブトライアルセット

ニキビに悩むあなたが次に読んだ方がいい記事

リプロスキンは、楽天1位を獲得し、累計で85万本も売れている人気のニキビケア化粧水です。

このリプロスキンは、ノブ化粧水のようにお肌に刺激のある成分は含まれていませんし、保湿効果が高いので、ニキビのできにくいお肌をつくってくれます。

リプロスキンについては、こちらの記事で詳しく説明しているので、気になる方は覗いてみてください。

関連記事⇒リプロスキンの成分解析や効果、使い方、口コミなどまとめ

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

【参考】殺菌作用のあるニキビケア化粧品を使い続けるリスクについて

殺菌作用の強いニキビケア化粧品を使い続けると、逆にニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

例えば、サリチル酸は、殺菌作用が強く、アクネ菌などの皮膚常在菌を殺菌除去してしまいます。

 

ここで、アクネ菌などの皮膚常在菌は、外部の雑菌からお肌を守る働きがあります。

そのため、サリチル酸などの殺菌剤配合のニキビケア化粧品を使い続けると、皮膚常在菌の数が減り、反対に雑菌の数を増やしてしまう恐れがあります。

 

すると、肌が雑菌に対して弱くなり、小さな刺激でも肌荒れを起こしたり、より強力な殺菌剤でないと、雑菌が死ななくなってしまう可能性も考えられます。

 

そもそも、ニキビができるのは、様々な原因が考えられますが、一つはお肌の油分と水分のバランスが崩れていることが挙げられます。

油分が多すぎる脂性肌の人は、朝夜の洗顔できちんと余分な皮脂汚れを除去して、化粧水や乳液などで保湿ケアをして、油分を少なくして、水分を維持することで水分と油分のバランスを整えましょう。

 

油分が多く水分が少ない、オイリードライ肌の人は、洗顔で皮脂汚れを落としつつ、保湿効果の高い美容液などでケアをして、油分を減らしつつ、水分量を増やすことでバランスをとります。

油分も水分も少ない乾燥肌の人は、脱脂作用や洗浄力の弱い洗顔剤を使い、こちらも保湿ケアで角質層の水分保持量を増やすことが大切です。

sponsored link