Pocket

2017年11月11日放送の世界一受けたい授業にて紹介された松井薫先生の5秒筋トレ(二の腕,ふくらはぎ,お尻,太もも,お腹痩せ)のやり方についてまとめておきます。

5秒筋トレのポイント

5秒筋トレには2つのポイントがあります。

1.頭の中でイメージする

例えば、5秒腹筋を行うときは、、空き缶をつぶすイメージでお腹に負荷をかけることで、通常の5倍以上の運動量となります。

 

2.筋肉に話しかける

腹筋に頑張れと話しかけながら行うと効果的です。

これにより意識が筋肉に集中するので効果がアップします。

 

それでは、これら2つのポイントを押さえたうえで、実際にいくつかの各部位の5秒筋トレのやり方を説明します。

 

二の腕痩せの方法

二の腕痩せのためには、上腕三頭筋を鍛えます。

  1. 頭の後ろで手のひらを合わせる
  2. 両手を強く押し付ける
  3. 押し付けたまま5秒かけて前方へゆっくりとスライドさせる
  4. 水平方向と45度になったところで止める
  5. 指先からビームが出るイメージで指先をピンと伸ばす
  6. 伸ばした肘が曲がらないようにする
  7. 元の状態に戻す
  8. 1セット10回で1日3セット行う

 

ふくらはぎ痩せの方法

ふくらはぎ痩せには、腓腹筋を鍛えるのが有効です。

  1. 腰に手を当てて、左手を上げる
  2. 手のひらを正面に向ける
  3. 右太ももを上げる
  4. つま先立ちする
  5. かかとをできるだけ上げる
  6. 5秒キープ
  7. 指先がロープで縛られ、吊られていることをイメージ
  8. 1セット左右5回ずつ、1日3セット

 

太もも痩せの方法

太もも痩せには大腿四頭筋を鍛えます。

  1. タオルを両膝の間に挟む
  2. 両手は腰にそえる
  3. 両膝を正面に曲げて、5秒キープ
  4. 正面が終わったら、左右にそれぞれ曲げる
  5. 1セット5秒ずつで、6セット行う

 

お尻痩せの方法

大殿筋を鍛えます。

  1. 仰向けになり、手を左右に広げ、膝を立てる
  2. 息を吸いながら、腰をゆっくりと持ち上げ、息を止めて5秒キープ
  3. 背中の下から傘が開いてくるイメージ
  4. ゆっくりと腰を降ろす
  5. 1セット10回で1日3回

 

お腹痩せの方法

腹斜筋を鍛える。

  1. 腕立て伏せをする体勢で、左足を右足の上に交差させる
  2. つま先を立てる
  3. 左手を少し引き、5秒かけて左を向くように腰をひねる
  4. 自分の体が雑巾になって絞られるイメージ
  5. 左右10回1セットで、1日3セット

 

sponsored link