Pocket

タレントのIKKOさんのCMで有名な化粧品ブランド・専科。

この記事では、専科化粧水の成分解析や効果について説明します。

「専科の化粧水はニキビに効果あるのか?」

「敏感肌や乾燥肌の人が使っても大丈夫?」

「お肌に刺激性のある成分とかが入っていないか心配」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、お肌に優しくて保湿効果が高い化粧水を探しているなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されたナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水をチェックしてみてください。

 

専科化粧水の成分解析や効果

専科の化粧水は、保湿化粧水が2種類、美白化粧水が2種類の合計4つの商品があるので、それぞれの成分解析を行います。

 

パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャーの成分解析や効果

パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャーの全成分はこちらです。

水,DPG,グリセリン,エタノール,BG,メチルグルセス-10,PEG-6,PEG-32,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG-60水添ヒマシ油,キサンタンガム,ヒアルロン酸Na,セリシン,アセチルヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,加水分解シルク,イソステアリン酸,カルボマー,水添ポリデセン,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,水酸化K,EDTA-2Na,クエン酸,ソルビン酸K,トコフェロール,メチルパラベン,フェノキシエタノール

まず、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いを保持する働きがあります。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿力が高い成分が入っているので、保湿効果はまずまずですね。

 

続いて、赤色の成分はお肌によくないものです。

DPGは皮膚刺激性が懸念される保湿成分です。

エタノールは清涼感や浸透感を出してくれる便利な成分なのです。

 

ただ、揮発性が強いので、配合量が多くなるとお肌を乾燥させやすくなります。

この化粧水では、エタノールが成分表示欄の前から4つ目に記載されていて、配合量が多いことが伺えます。

なお、お肌が乾燥すると、皮脂分泌量が増えたり、肌が柔軟性を失うため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすなってしまいます。

 

そのため、ニキビが気になる方は、専科のようなエタノールの配合量が多い化粧水は避けたほうが無難ですね。

 

というわけで、パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャーは、お肌を乾燥させるリスクがやや懸念される化粧水なので、肌が乾燥しやすい人は使わない方がいいですね。

 

パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャー フレッシュの成分解析や効果

パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャー フレッシュの全成分はこちらです。

水,DPG,グリセリン,エタノール,BG,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG-60水添ヒマシ油,ヒアルロン酸Na,セリシン,アセチルヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,加水分解シルク,イソステアリン酸,水添ポリデセン,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,クエン酸Na,カルボマー,EDTA-2Na,水酸化K,クエン酸,ソルビン酸K,トコフェロール,メチルパラベン,フェノキシエタノール

上で紹介したパーフェクトエッセンスシルキーモイスチャー との違いは、フレッシュの方が使用感がさっぱりしています。

ただ、保湿成分の顔ぶれや配合順はほぼ同じなので、保湿効果に大きな差はないと考えられます。

そもそも、パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャーの方にもエタノールがたっぷり配合されているので、使用感はさっぱりしていて気持ちいいでしょう。

 

パーフェクトエッセンス シルキーホワイトの成分解析や効果

パーフェクトエッセンス シルキーホワイトの全成分はこちらです。

有効成分:トラネキサム酸*

その他の成分:精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,エタノール,濃グリセリン,ポリエチレングリコール6000,ポリエチレングリコール1000,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,α-オレフィンオリゴマー,カルボキシビニルポリマー,エデト酸二ナトリウム,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,キサンタンガム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),セリシン,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解シルク液,パラオキシ安息香酸エステル

この化粧水は医薬部外品であり、美白有効成分・トラネキサム酸が含まれています。

トラネキサム酸は、シミのもとになるメラニンの生成を防ぐことで、シミを予防する働きがあります。

また、肝斑(かんぱん)というタイプのシミによく効くことが知られている成分です。

そのため、肝斑のケアやシミの予防に役立つ化粧水ですね。

 

水色の保湿成分では、ヒアルロン酸が配合されているので、まずまずの保湿効果が期待できます。

ただ、お肌に悪いジプロピレングリコールとエタノールが入っているのが残念な点ですね。

 

パーフェクトエッセンスシルキーホワイト フレッシュの成分解析や効果

パーフェクトエッセンスシルキーホワイト フレッシュの全成分はこちらです。

有効成分:トラネキサム酸*

その他の成分:精製水,ジプロピレングリコール,エタノール,濃グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ポリエチレングリコール4000,ポリエチレングリコール1000,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,α-オレフィンオリゴマー,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,クエン酸ナトリウム,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,クエン酸,エデト酸二ナトリウム,ヒドロキシエチルセルロース,ピロ亜硫酸ナトリウム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),セリシン,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解シルク液,パラオキシ安息香酸エステル

成分に大きな違いはないので、美白効果や保湿効果は、パーフェクトエッセンス シルキーホワイトとほぼ同じです。

ただ、使用感はこちらの方がさっぱりしているので、サラサラしたテクスチャが好きな方は、フレッシュを選ぶといいですよ。

 

専科化粧水のまとめ

専科の化粧水には、保湿化粧水と美白化粧水が用意されています。

保湿化粧水は、保湿力の高い成分が入っているのですが、エタノールがその保湿効果を台無しにしています。

エタノールの配合量が多いために、お肌を乾燥させる懸念があるので、乾燥肌や敏感肌の人は使わない方がいいですよ。

また、前述の通り、お肌が乾燥するとニキビができやすくなるので、ニキビで悩んでいる人も避けたほうがいいですね。

 

そして、美白化粧水は美白有効成分としてトラネキサム酸が配合されているので、肝斑というタイプのシミには効果を発揮してくれそうです。

ただ、日焼けのシミへの効果はそれほど期待しない方がいいでしょう。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

 

関連記事⇒ニキビケア化粧水ランキングTOP3|繰り返すニキビを根絶!

関連記事⇒最強の保湿化粧水ランキングTOP3|お肌のぷるんぷるんに潤すのはコレ!

関連記事⇒ニキビ跡ケア化粧水ランキングTOP3|茶色いシミやみかん肌に悩む女性は要チェック!

sponsored link