Pocket

この記事では、シズカゲルのシミへの効果や成分評価、評判などについてまとめています。

また、私が実際にシズカゲルを使ってみて感じたメリットやデメリットも紹介しています。

 

「シズカゲルって、本当に美白効果あるの?」

「シミへの効果はって聞いたけど、シミを薄くできるの?

「シズカゲルを実際に使った人の感想が知りたいんだけど・・・」

このような疑問にお答えしていきます。

 

シズカゲルのシミへの効果は嘘?成分評価から真の効果が判明!

シズカゲルの本当の効果を知るには、成分について理解することが不可欠です。

そこで、ここではシズカゲルの成分を評価し、お肌にどんな効果が期待できるのかを説明します。

 

まず、シズカゲルの全成分は以下の通りです。

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキスビルベリー葉エキス3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルユキノシタエキスマロニエエキスシア脂カンゾウフラボノイドN-ステアロイルフィトスフィンゴシン、オリブ油、スクワラン1,3-ブチレングリコールトリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール【結合剤、乳化安定剤】、1,2-ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質【乳化剤】、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na,フェノキシエタノール

:有効成分、水色:保湿成分、黄色:ビタミンC誘導体、黄緑:収れん成分、オレンジ:油分、ピンク:界面活性剤、:消炎成分

 

有効成分

シズカゲルは医薬部外品であり、アルブチンという美白有効成分が入っています。

アルブチンは、メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素の働きを阻害することで、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する作用があります。

つまり、シミを予防する効果が期待できます。

 

また、アルブチンは刺激の少ない安全な美白成分です。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

1,3-ブチレングリコールは、さっぱりした使用感の保湿成分です。

 

収れん成分

マロニエエキスには収れん効果があり、肌に浸透した後で肌を引き締めてくれます。

一時的ではありますが、毛穴が目立たなくなるなどの効果が期待できます。

 

油分

油分は、肌を柔らかくしたり、油膜で保護したり、水分蒸発を防いだりといった働きがあります。

上記の油性成分で特に重要なのがN-ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミド3)です。

セラミド3は、角質層に存在する保湿成分であり、加齢によって減少することが知られています。

 

セラミド3は、水には溶けませんが、水と結合することが可能で、強力な水分保持力を備えています。

なので、シズカゲルは保湿効果が高いと考えられます。

 

ビタミンC誘導体

3-O-エチルアスコルビン酸やテトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルはビタミンC誘導体と呼ばれています。

ビタミンC誘導体には以下のような働きがあります。

1.メラニンの生成を防ぐ  ⇒シミ予防

2.メラニンを還元(分解)する  ⇒できてしまったシミを薄くする

3.メラニンの排泄を促す  ⇒古い角質とともにシミを早く排出させる

 

先程紹介したアルブチンは1の働きしかありません。

しかし、ビタミンC誘導体は、1~3のすべての働きを持っています。

特に、2や3の働きがあるので、シミを薄くする効果が期待できます。

 

 

界面活性剤

シズカゲルには、トリイソステアリン酸グリセリルという界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあるので、洗浄作用の強いものだと皮脂バリアを壊してしまう恐れがあり、お肌にとっては負担となります。

ただ、トリイソステアリン酸グリセリルは非イオン界面活性剤というタイプであり、お肌への刺激は無視できるほど小さいです。

 

消炎成分

カンゾウフラボノイドは、強力な消炎作用のあるグリチルリチン酸を多く含むので、ニキビの赤みを抑えたり、肌荒れ防止効果が望めます。

 

【シズカゲルの総合評価】

シズカゲルは、アルブチンやビタミンC誘導体を含んでいるので、美白効果が高く、日焼けによるシミのケアや予防にピッタリです。

また、セラミド3が含まれているので、保湿力が抜群に高く、カサカサ肌の保湿ケアにも最適です。

 

さらに、消炎効果のあるカンゾウフラボノイドも入っているので、ニキビケアや肌荒れ予防効果も望めます。

よって、シズカゲルは美白ケアしたい方や、シミ・乾燥・ニキビなどの肌トラブルを解消したい方に適した化粧品と言えます。

 

では、次にシズカゲルの評判について説明します。

シズカゲルの評判や口コミ|アットコスメの口コミは信頼性低いので要注意

シズカゲルはアットコスメに口コミが掲載されています。

7つ星のうち5.3を獲得しており、ユーザーからの評価はまずまずといったところでしょう。

ここでは、良い口コミと悪い口コミをいくつか見ておきましょう。

  • 使い続けていくと、頬のシミもメイクで隠せるくらい薄くなった
  • くすみがなくなり、以前より肌が明るくなった感じ
  • 濃厚なつけ心地だけど、最後はサラッとした感触になる
  • 毛穴の開きには効果がなかった
  • シワは多少目立たなくはなった気はするけど、大きな効果はない
    etc

 

まず、頬のシミが薄くなったとのことですが、これは美白有効成分のアルブチンやビタミンC誘導体による効果だと考えられます。

ただし、美白化粧品は肌への刺激を抑えるために、美白成分の配合量は多くないです。

そのため、シミへの効果を実感するには、ある程度使い続ける必要があります。

 

次に、くすみがとれて、肌が明るくなったというコメントについては、シズカゲルの保湿効果のおかげでしょう。

お肌が乾燥すると、角質層が厚くなったり、肌のキメが乱れるので、肌のトーンが暗くなり、全体的にくすんで見えます。

しかし、保湿ケアで角質層に潤いが戻ると、肌のキメも整い、肌がふっくらして光の反射もよくなるので、お肌が明るくなります。

 

シズカゲルの口コミで、「肌の色がよくなった」、「肌のトーンが明るくなった」といったコメントは、ビタミンC誘導体やアルブチンなどによる働きに加えて、保湿ケアによってもたらされた可能性があります。

 

続いて、ネガティブな意見としては、毛穴の開きには効果がなかったというものがあります。

毛穴の大きさは遺伝で決まっているので、化粧品でケアしても小さくすることはできません。

 

ただし、乾燥による毛穴開きには効果が期待できます。

肌が乾燥すると毛穴が引っ張られてしまい、穴が大きく目立つのですが、肌が潤っていれば毛穴が悪目立ちすることはないので、保湿ケアは乾燥による毛穴開きには有効です。

 

最後に、シワは目立たなくはなったものの、期待したほどの効果は得られなかったとのコメントについてです。

乾燥による小じわは保湿ケアによって改善できますが、加齢によって肌に深く刻まれてしまったシワは化粧品で消すことはできません。

そのため、加齢によるシワを治したいと思ってシズカゲルを買った人は、期待ハズレに終わっているはずですね。

 

ここまで、アットコスメの良い口コミと悪い口コミについて解説してきましたが、そもそもネットの口コミサイトのコメントは、書き手の個人情報が全く開示されていないので、発言者に責任がともなわず、信頼性は低いです。

シズカゲルで信頼性の高い口コミを知りたい場合は、公式サイトをチェックしてみてください。

販売側にとってメリットのあるレビューしか掲載されていませんが、お肌に合う人が使ったときに得られる効果を知るうえでは役立つはずです。

 

公式サイト⇒シズカゲルの信頼できる口コミをチェックしてみる

シズカゲルを実際に使った感想|2ヶ月間使ったらお肌が明るくなった

ここでは、私が実際にシズカゲルを使ってみて気づいたことをまとめておきます。

まず、私は公式ページのヨクバリコースという定期コースでシズカゲルを購入しました。

というのも、この買い方が最も安くシズカゲルを手に入れることができるからです。

 

シズカゲルは通常価格が4980円(税込み)なのですが、ヨクバリコースで申し込むと初回40%OFFの2980円(税込み)、送料無料で購入できます。

さらに、定期コースなのに購入回数のしばりもなく、いつでも解約が可能なので、2回目以降をキャンセルすることが可能です。

30日間の全額返金保証までついているので、これならお肌に合わなくても損することはないと考えて、買ってみることにしました。

 

そして、公式ページで注文してから、4日後に到着しました。

銀色のパッケージで、厚さが薄いのでマンションの郵便ポストに入っていました。

 

 

中身は、シズカゲルとパンフレットや取説、はがき、納品書など。

このシズカゲルですが、小さくて厚みも薄いです。

どれくらい小さいかというと、パンツの後ろポケットやジャケットの内ポケットに入るくらいです。

 

で、取り急ぎ使用感をチェックしてみることに。

 

 

 

手にとってみたところ、ジェルというよりは乳液に近い感じがしました。

ただし、乳液よりも硬さがあるので、手の平のうえでこんもりと盛り上がった状態をキープしており、ベターっと広がったりはしません。

ニオイは無臭です。

 

続いて、手のひらにゲルを広げてなじませてみます。

 

ゲルなので、やっぱり手に広げたときの伸びは非常にいいです。

塗った直後はベタベタしていますが、しばらく経つと手にしっかりなじんで、表面はサラサラになりました。

 

シズカゲルには、シア脂やオリブ油などのオイルが含まれているので、塗布後も多少ベタベタ感が残るかなと思っていたのですが、ベタつきは残りませんでした。

使った感じだと、油分は少なく、水性の成分が多い印象ですね。

 

次に、顔に塗布してみたところ、やはりベタつきはなかったです。

塗布後しばらくしてから、顔に指を強めに押し付けると、わずかに顔の皮膚が手の指に吸い付くような感じがありました。

そして、セラミドが入っているために保湿力は高いようで、寝る前につけて朝起きたときに確認したところ、まだ潤い感が持続していました。

 

シズカゲルを使い始めたのは寒さの厳しい12月でしたが、起床時にお肌をチェックしたところ、カサカサしている箇所はなかったです。

あと、ビタミンC誘導体が配合されているので、肌にピリピリ感が出ないか心配していたのですが、それもなかったです。

 

ただ、シズカゲルには油分が含まれているので、朝は洗顔料できっちり油汚れをオフして、再度シズカゲルを塗布します。

そして、夕方に確認したのですが、お肌がカサつくことなく、しっかり潤っていました。

というわけで、とりあえず使用感と保湿感はいいようなので、しばらく使ってみます。

 

ちなみに、シズカゲルを使ってみて感じたデメリットとしては、自立させにくい点です。

キャップが横長な形状なので、使用後にキャップを下にして立てて保管しにくいのです。

中身はいいのに、ここだけが残念な点ですね。

 

追記

シズカゲルを2ヶ月ほど使ってみたところ、お肌の潤い感が前よりアップしたように感じます。

以前は、化粧水と乳液を使っていたのですが、冬場は朝起きると決まって頬がカサカサしていました。

でも、今はシズカゲル1本だけで、お肌の潤いを保てていますし、日中に乾燥感を感じることがなくなりました。

 

シズカゲルはコンパクトなので、カバンに入れて持ち歩いてもいいのですが、その必要もなかったです。

朝と夜だけつけておけば十分ですね。

あと、お肌が潤っているおかげで、乾燥によるくすみやニキビもできなくなりましたし、何よりお肌が明るくなったのが嬉しいですね。

 

前は乾燥によるくすみで、肌が暗い印象だったんですけど、くすみがとれたことで、お肌がワントーン明るくなったように感じます。

これがシズカゲルの美白効果なのか、保湿効果なのかは分かりませんが、とりあえずお肌に透明感が出てきたのは事実です。

それと、シズカゲルを使うようになってから、お肌が潤っているのが嬉しくて、鏡を見る機会が前より多くなりましたね。

 

ちなみに、「シズカゲルを使ってお肌が潤うようになった」というレビューは公式ページにも載っているので、気になる方はチェックしてみてください。

公式サイト⇒シズカゲルの信頼できる口コミをチェックしてみる

シズカゲルのまとめ

シズカゲルの成分をチェックすると、美白有効成分や保湿効果の高い成分、ニキビを予防する消炎成分などが配合されていることが分かります。

そのため、日焼けによるシミのケア、乾燥による肌トラブルの改善、ニキビ予防に効果的な化粧品であることが分かります。

 

そして、実際に使ってみると、確かに前よりお肌の潤い感がアップしたように感じましたし、乾燥によるくすみや肌トラブルも起きなくなりました。

あと、母や友達から「何か、最近お肌が明るくなったね」と言われたのが一番嬉しかったです。

もし、あなたが透明感のあるお肌を手に入れたいのであれば、シズカゲルを試してみるといいですよ。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

シミを美白ケアしたいのであれば、医学誌に掲載されたシミトリーというオールインワンゲルをチェックしてみてください。

関連記事⇒SimiTRY(シミトリー)の評判や成分評価まとめ|美白有効成分アルブチン配合!セラミド配合で保湿力も高い!

 

APP-Cフラセラムは、女性皮膚科医が開発したシミ対策美容液で、ノーベル賞を受賞した成分が含まれています。

関連記事⇒APP-Cフラセラムの成分評価や評判|話題のAPPSとフラーレン配合で強力にシミをケア!

 

sponsored link