Pocket

この記事では、白潤の薬用美白乳液の成分評価や効果などを説明しています。

「白潤の美白乳液は、お肌に悪い成分が入っていないか気になる」

「白潤の乳液を使うとニキビが増えるって本当?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、保湿効果が高い乳液を探しているなら、楽天で1位を獲得したライゼという乳液をチェックしてみてください。

 

白潤の薬用美白乳液の成分評価

 

まず、白潤乳液の全成分はこちらです。

有効成分:アルブチン

その他の成分:ビタミンCリン酸Mg、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸DPG濃グリセリンα-オレフィンオリゴマー、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリルステアリン酸ソルビタン【乳化剤】ベヘニルアルコール、イソステアリン酸POE(20)ソルビタン、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシビニルポリマー、TEA、EDTA-Na、パラベン

有効成分

白潤の薬用美白乳液は医薬部外品であり、有効成分としてアルブチンが配合されています。

アルブチンはメラニンの生成を抑制する作用があるので、シミ予防には効果的です。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

ヒアルロン酸Na-2と加水分解ヒアルロン酸は保湿力の高い成分です。

加水分解ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸Naにアセチル基という部位がくっついたものです。

これにより、肌の脂質やグリセリン成分を多く抱えることができるようになり、ヒアルロン酸Naの2倍以上という高い保湿力を実現させています。

 

油分

油分は、オレンジ色で示しています。

油分は、お肌を柔らかくしたり、水分蒸発を防いだり、油膜をつくって肌を保護したりといった働きがあります。

 

界面活性剤

ピンク色で示したステアリン酸ソルビタンは界面活性剤です。

おそらく乳化剤として使用していると考えられます。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあり、タイプによっては肌への刺激性が強いものもありますが、ステアリン酸ソルビタンは非イオン界面活性剤なので、皮膚への刺激は無視できるほど小さいです。

 

皮膚への刺激が懸念される成分

皮膚への刺激が心配される成分は赤色のDPGです。

この成分は、目や肌に刺激を感じる人がいます。

 

総合評価

ヒアルロン酸Na-2や加水分解ヒアルロン酸が配合されているので、保湿力はまずまずでしょう。

美白有効成分のアルブチンは、シミを予防する効果は期待できますが、シミを薄くしたり、消したりといった効果はありません。

公式ページにも、以下のように明示されています。

高純度アルブチンがメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます

出典:http://jp.rohto.com/hadalabo/shirojun-milk/

 

ただし、公式ページにはこのようにも記載されています。

白さにこだわる、なめらかな乳液です。

出典:http://jp.rohto.com/hadalabo/shirojun-milk/

 

この一文を読むと、白潤を使うことであたかもお肌が白くなるような気がしますが、そのような効果はありません。

そもそも、「美白効果」とは、お肌を白くする効果ではなく、メラニンの生成を抑えてシミを予防したり、黒色メラニンを還元(分解)してシミを薄くしたりする効果のことです。

繰り返しになりますが、アルブチンには、黒色メラニンを還元する働きはないので、シミを薄くする効果は期待しない方がいいでしょう。

 

なお、シミを薄くしたい方は、黒色メラニンを還元する働きを有した「ビタミンC誘導体」が有効成分として配合された医薬部外品がおすすめです。

 

 

白潤の薬用美白乳液の効果とニキビに対する注意点

白潤の薬用美白乳液の口コミを見ると、ニキビが増えたとのコメントが散見されます。

乳液やクリーム、美容液のように油性成分が比較的多めに配合されている化粧品を使うときは、塗りすぎに注意が必要です。

肌に油分を与えすぎると、肌の皮脂分泌がセーブされてしまい、肌の内側はかえって乾燥しやすくなります。

 

お肌が乾燥すると、毛穴が狭くなって皮脂や古い角質、化粧品の油分などが詰まりやすくなり、角栓や黒ずみ、ニキビなどの毛穴トラブルを起こしやすくなります。

塗り過ぎにはご注意ください。

特に、Tゾーンはもともと皮脂分泌量が多いので、ベタベタ油分を塗ると肌トラブルを起こしやすいのです。

 

乾燥しやすい、頬骨や目元、口元のあたりだけに塗るなどして、うまく調節しましょう。

 

なお、角質層の水分の約8割をキープしているのはセラミドです。

保湿化粧品を使っているのにお肌の乾燥が改善しないという方は、セラミドが不足している可能性があります。

特に、乾燥肌や敏感肌の人はセラミドが不足していることが多いと言われています。

 

このような方はセラミド配合の乳液をおすすめします。

 

ちなみに、セラミド配合の乳液なら、楽天で1位を獲得したライゼという乳液が今人気ですよ。



白潤乳液のまとめ

白潤の薬用美白乳液は、美白有効成分・アルブチンが配合されているので、シミを予防する効果があります。

また、ヒアルロン酸が含まれているので、保湿効果はまずまずといったところですね。

ただし、お肌によくないDPGが配合されているので、お肌の弱い人はおすすめしません。

 

ちなみに、お肌に優しくて、保湿効果の高い乳液を探しているなら、最強の保湿成分・セラミドが配合されたライゼという乳液の方が白潤より保湿力が高いですよ。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使い方まとめ|私が実際に使って感じたメリット・デメリットも紹介!

 

関連記事⇒ライスビギンオールインワンの成分評価や評判、使い方まとめ|セラミドを増やして肌の水分保持量をぐ~んとアップさせよう!

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link