Pocket

柴咲コウさんのCMでお馴染みの美白化粧水・白潤プレミアム。

「柴咲さんのような透明感のある美肌を手に入れたい」と思っている女性なら、やっぱり気になりますよね。

 

この記事では、白潤プレミアム化粧水の成分解析から”本当に期待できる効果”や”白潤と白潤プレミアムの違い”、”ニキビ跡のシミへの効果”などについて説明します。

 

「白潤より白潤プレミアムの方が、美白効果は高いのかな?」

「白潤プレミアムより効果の高い美白化粧水を教えて欲しい。」

「白潤プレミアムってニキビ跡のシミには効くの?」

このような疑問や悩みを持っているなら、今すぐ記事を読み進めてください。

 

ちなみに、成分をチェックすると、白潤や白潤プレミアムは美白効果が弱いことが分かります。

なので、美白効果の高い化粧水を探しているなら、コロンビア大学の皮膚科医が開発したシズカゲルという化粧水をチェックしてみてください。

楽天1位を獲得したり、医学誌にも掲載された実績があり、今SNSで話題になっていますよ。

 

白潤プレミアム化粧水の成分解析や効果|肌に良くない成分DPG配合

白潤プレミアム化粧水の真の効果を知るには、配合成分の働きを正しく理解する必要があります。

そこで、まずは白潤プレミアムの成分について見ていきましょう。

 

白潤プレミアムの全成分はこちらです。

有効成分:トラネキサム酸

その他の成分:ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2DPGBG、ジグリセリン、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、PEG-8、PEG(30)ラウリン酸POE(20)ソルビタン、VP、スチレン共重合体エマルション【合成ポリマー】、無水クエン酸、パラベン

では、これらの成分をいくつかのカテゴリに分けて評価していきます。

 

有効成分

まず、白潤プレミアム化粧水は医薬部外品であり、有効成分としてトラネキサム酸が配合されています。

強い紫外線を浴びて、肌が炎症を起こしたときにプロスタグランジンというメラニン色素生成誘導因子が発生しますが、トラネキサム酸はプロスタグランジンの発生を抑制することで、シミを予防します。

さらに、トラネキサム酸は抗炎症作用を有しており、肌荒れを誘発するプラスミンというタンパク分解酵素の生成も抑制し、肌を健康に保つ働きもあります。

 

また、トラネキサム酸は肝斑というホルモン由来のシミにも効果があるとされています。

肝斑は頬骨を中心にして、左右対称にモヤモヤと広がってできるのが特徴です。

要因は女性ホルモンのバランスの変化などと考えられており、妊娠や更年期などでホルモンバランスが崩れやすいときや、長年ピルを服用していた人が出やすいことが分かっています。

 

少し専門的な説明になってしまったので、簡単にまとめると、トラネキサム酸は

・紫外線によるシミ予防

・肌荒れ防止

・肝斑の改善

などに効果を発揮する成分だと覚えておいてください。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

保湿力の高いヒアルロン酸が配合されているので、保湿効果はまずまずといったところです。

 

界面活性剤

白潤プレミアムには、界面活性剤※としてラウリン酸POE(20)ソルビタンが配合されています。

※界面活性剤:水性成分と油性成分を混ぜ合わせて乳化させる働きがあるもの

 

界面活性剤は種類によっては、お肌への刺激性が懸念されるのですが、上記の成分は非イオン系の界面活性剤であり、お肌への刺激は無視できるほど小さいです。

 

肌への刺激が懸念される成分

肌への負担が心配される成分は、赤色のDPGです。

こちらは保湿成分ですが、目や肌への刺激性があり、特に目への刺激が強いという報告があります。

 

【総合評価】

トラネキサム酸が配合されているので、シミ予防や肌荒れ予防にはある程度の効果が期待できます。

特に、肝斑という種類のシミに有効です。

ただし、紫外線が原因でできたシミやニキビ跡のシミを薄くする効果はありません。

 

シミに対しては、あくまで予防的に使うものだと心得ておいてください。

また、保湿力もそれほど高くないので、保湿ケアにも不向きです。

 

そもそも、肌によくないDPGが入っているので、保湿力うんぬんの前に使わない方がいいかと思いますが・・・。

 

では、次に白潤と白潤プレミアムの違いについて説明します。

 

白潤と白潤プレミアムとの違い|美白効果はどちらも弱い!

白潤化粧水と白潤プレミアム化粧水の違いについてですが、大きな違いとしては有効成分が異なっています。

  • 白潤化粧水:アルブチン
  • 白潤プレミアム化粧水:トラネキサム酸

 

どちらの成分もメラニン生成を抑制することでシミを予防する効果は期待できますが、紫外線によってすでにできてしまったシミを薄くする効果はありません。

美白と謳っていますが、あくまでこれからできるシミを予防する目的で使うものです。

 

ただし、肝斑についてはトラネキサム酸が有効なので、肝斑で悩んでいる人は白潤プレミアムを使った方がいいでしょう。

有効成分以外に大きな違いは見られません。

 

ちなみに、白潤よりも美白効果の高い化粧水を使いたいのであれば、皮膚科学の権威が開発し、医学誌にも取り上げられた実績のあるシズカゲルがおすすめですよ。

 

白潤や白潤プレミアムはニキビ跡のシミには効かない!シミを早く排出させるには保湿ケアが鍵を握る!

ニキビ跡のシミへの効果についてですが、白潤プレミアムに配合されているトラネキサム酸は、抗炎症作用を有しているため、ニキビなどの肌荒れ予防には効果的だと考えられます。

しかし、ニキビ跡のシミを薄くしたり、消したりする効果はありません。

 

ニキビのように皮膚に炎症が起こると、メラニンをつくるメラノサイトが刺激されて黒色メラニンが生成されます。

これがニキビ跡の茶色いシミの原因です。

この茶色いシミ(黒色メラニン)は、ターンオーバーとともに徐々に表面に向かって押し上げられていき、最後は古い角質とともに剥がれ落ちます。

 

そのため、ニキビ跡の茶色いシミは、時間が経つと消えるものです。

ただし、肌が乾燥するなどして不健康な状態だと、ターンオーバーが乱れて、黒色メラニンがなかなか排泄されずに肌に残ってしまいます。

そして、この状態で日焼けをしてしまうと、シミがより目立つようになったり、消えにくくなったりします。

 

ここで、ターンオーバーを正常に保ち、シミ(黒色メラニン)を早く排出させるには“正しい保湿ケア”を実践することが大切です。

“正しい保湿ケア”によって、肌の水分保持力やバリア機能を高めておくことで、ターンオーバーが整い、黒色メラニンを効率よく排泄できたり、紫外線の影響を受けにくくなります。

 

“正しい保湿ケア”で、透明感のある肌を手に入れよう!

さて、シミ予防やシミケアには保湿が大切だと説明しましたが、本当に正しい保湿ケアによって肌の潤いを維持できていると、次のようないいことがあります。

 

  • 肌表面が滑らかに整い、触るとスベスベして気持ちいい
  • 肌を押すと弾力があって、ぷるぷるする
  • 乾燥によるくすみが消えて、肌が明るく見える
  • 乾燥によるニキビから解放される

 

ただ、残念ながら、多くの人は”正しい保湿ケア”を実行できていないので、上記のようなメリットを得られていないのです。

では、”正しい保湿ケア”とは何なのか?

 

それは、「肌表面や角質層内で水分を保持してくれる成分を補うこと」です。

そもそも、保湿とは読んで字のごとく、肌の湿気を維持することです。

そのためには、水分保持機能を持った成分(保湿成分)を化粧品で補ったり、肌の水分保持力自体を高めてやることが大切です。

 

ここで、水分保持力の非常に高い成分としては、セラミドという成分があります。

セラミドは私たちの肌にも含まれており、肌の水分の約8割を保持しているとされています。

そのため、最強の保湿成分と言われており、セラミドを補給することこそが、真の保湿ケアなのです。

 

ただ残念ながら、白潤や白潤プレミアムにはセラミドが配合されていないので保湿力は低いです。

だから、いくら使い続けても、透明感のある肌や白く輝く肌を手に入れることはできないでしょう。

 

セラミド配合の美白化粧水で本物の美白ケアを始めよう!

さて、シミをスムーズに排出させて白く美しい肌をつくるには、セラミドという成分を補給することが大切だと説明しました。

このセラミドが配合された美白化粧品で、今SNSやメディアで話題になっているのがシズカゲルという化粧水が進化したオールインワンゲルです。

シズカゲルは、楽天で1位を獲得した実績があり、今注目度の高い美白化粧品です。

また、めざましテレビや王様のブランチなどの人気番組で取り上げられたり、女性雑誌でも、人気の美白化粧品として紹介されていますよ。

そして、シズカゲルは、皮膚科医の権威であるコロンビア大学のバーンスティーン教授が開発を手がけたこともあって、効果の高い美肌成分が厳選して配合されています。

だから美白効果が高くて、日本皮膚学会雑誌や日本薬学会などの医学誌に掲載されるんですね。

 

そして、シズカゲルには、先程紹介した保湿力抜群のセラミドが配合されているので、保湿効果は圧倒的で、乾燥したお肌を潤して、ぷるぷるの潤い肌に導いてくれます。

私もシズカゲルを2ヶ月ほど使ってみたところ、お肌の潤い感がアップして、日中の乾燥が気にならなくなり、透明感もでてきました。

参考⇒シズカゲルの成分や効果|私が実際に使った感想まとめ

 

そのうえ、シズカゲルには、シミをケアする成分としてアルブチンや医学誌にも取り上げられたフランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール)が配合されています。

他にも美容成分として2種類のビタミンC誘導体が入っています。

ビタミンC誘導体はメラニンの生成抑制に加えて、黒色メラニンを分解して色味を薄くしたり、メラニンの排泄を促す働きがあります。

そのため、シミのケアにはとても役立つ成分なのです。

 

このようにシズカゲルは保湿力や美白力に非常に優れた成分が入っています。

 

そんなシズカゲルですけど、今、公式ページではキャンペーンが行われていて、通常価格4980円(税込)が40%OFFの2980円(税込)で購入できるんです。

しかも、送料や手数料が無料で。

さらに、30日間の全額返金保証もついています。

お肌の弱い方は、化粧品の成分が肌に合わないという可能性もあります。

そんなときに30日間の全額返金保証がついているのは心強いですよね。

 

世界的な皮膚科医が開発した美白化粧品をお得に試せるチャンスなのですが、一定数に達したところで、キャンペーンは終了してしまいます。

なので、シズカゲルが気になる方は、早めに公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒楽天1位、医学誌掲載のシズカゲルを今すぐチェックする

シズカゲル

ちなみに、シズカゲルは、こんな女性にピッタリです。

  • 口コミ評価が高くて、実績のある美白化粧品を探している
  • 肌がくすんでいて、色味がよくないので、透明感のある肌を手に入れたい
  • 化粧水や美容液、クリームを順番につけるのが面倒なので時短ケアしたい
  • シミ予防やシミケアに効果の高い化粧品を探している

 

シズカゲルは、成分的に見ても保湿力や美白力に優れており、医学誌にも掲載されていることから専門家からの評価も高いです。

各種雑誌やメディアで取り上げられたり、楽天で1位を獲得していることから、ユーザーからの評判もいいです。

効果が高くて、実績のある美白化粧品を探しているなら、シズカゲルを試してみてください。

 

白潤プレミアムの記事まとめ

白潤プレミアム化粧水は、トラネキサム酸が入っているので、シミや肌荒れ予防には効果が期待できます。

ただし、シミを薄くする働きはありません。

さらに、お肌や目への刺激性が懸念されるDPGが配合されているので、使わない方がいいでしょう。

 

美白効果の高い化粧水を探しているなら、コロンビア大学の皮膚科医が開発し、楽天1位を獲得したシズカゲルのような美白化粧水を使った方がいいでしょう。

 

あなたが次に読んだ方がいい3つの記事

上で紹介したシズカゲルについては、こちらの記事で成分や効果などを詳しく説明しています。

関連記事⇒シズカゲルの成分評価や効果まとめ|私が実際に使って気づいたメリット・デメリットも紹介

 

ニキビ跡によく効く化粧水を探しているなら、楽天1位を獲得し、累計販売数が85万本を突破した、こちらのリプロスキンという化粧水をチェックしてみてください。

関連記事⇒リプロスキンの成分解析や効果、使い方、口コミなどまとめ

 

関連記事⇒白潤乳液の成分評価や効果まとめ|ニキビが増えるって本当?油分の与えすぎは肌内部の乾燥を招くのでご注意を!

sponsored link