Pocket

美人女優の美村里江さんが出演するCMで話題の素肌しずくオールインワンゲル。

このオールインワンゲルは、CMでは美白と乾燥小じわへの効果を謳っています。

 

そこで成分をチェックしてみたところ、確かに美白効果や高い保湿効果が期待できそうだと分かりました。

また、ニキビケアに効果的な成分も入っていますね。

 

ただし、お肌によくない成分の配合量が多かったり、高価な美容成分がたくさん配合されているのに値段が異常なほど安かったりと、いくつか心配な点も見つかりました。

そこで、この記事では、素肌しずくオールインワンゲルの成分解析について詳しく説明します。

 

ちなみに、素肌しずくより保湿効果やエイジングケア効果の高いオールインワンゲルを使いたいのであれば、モンドセレクション銀賞を受賞したライスビギンというオールインワンゲルをチェックしてみてください。

 

素肌しずくオールインワンゲルの成分解析

素肌しずくオールインワンゲルには、こちらの3つの商品があるので、それぞれの成分解析を行います。

・Wヒアルロン・オールインワンゲル

・ゲルSa(トータルエイジングケア オールインワンゲル Rich)

・オールインワン湿潤ゲル

 

Wヒアルロン・オールインワンゲルの成分解析

Wヒアルロン・オールインワンゲルの全成分はこちらです。

【成分】水、ジメチコン、ジグリセリン、グリセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、エタノール加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解コラーゲン、プラセンタエキスグルコシルセラミド、ユビキノン、ダイズ種子エキス、水溶性プロテオグリカン、塩化Na、(ジメチコン/(PEG‐10/15))クロスポリマー、(ジメチコン/フェニルビニルジメチコン)クロスポリマー、フェノキシエタノール、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、メチルパラベン、クエン酸Na、BG、デキストリン、水添レシチン

まず、水色で示した成分が保湿成分であり、お肌の表面や内側で水分を捕まえて保持することで潤いをキープしてくれます。

このオールインワンゲルには、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、グルコシルセラミド、水溶性プロテオグリカンといった保湿力の高い成分が配合されているので、保湿効果は優れていると考えられます。

 

続いて、黄緑色で示したものは美肌効果のある成分です。

プラセンタエキスは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する作用があるので、美白化粧品によく配合される成分です。

ユビキノンは、肌トラブルの原因となる活性酸素にアプローチしてくれるので、エイジングケア化粧品に使われる成分です。

 

最後に、赤色で示したエタノールは、清涼感や浸透感を演出してくれる成分です。

ただ、エタノールは揮発性が高いので、配合量が多くなるとお肌を乾燥させるリスクがあります。

このオールインワンゲルでは、エタノールが成分表示欄の前の方に記載されているので、配合量が多いことが伺えます。

なので、お肌の乾燥が気になる方や、アルコールがお肌に合わない方は使わないことをおすすめします。

 

ゲルSaの成分解析

ゲルSaの全成分はこちらです。

【有効成分】プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】精製水、パルミチン酸レチノール、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、コラーゲン・トリペプチド F油溶性甘草エキス(2)、天然ビタミンE、テトラ2‒ヘキシルデカン酸アスコルビル、セリシン、ユビデカレノン、濃グリセリンN‒ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、フィトスフィンゴシン、トウモロコシ油、メチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、ミリスチン酸オクチルドデシル、d‒δ‒トコフェロール、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、1,3‒ブチレングリコール、架橋型メチルフェニルポリシロキサン(2)、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、PEG‒9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、ステアロイル乳酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸メチル、グリセリンモノ2‒エチルヘキシルエーテル

まず、ゲルSaは医薬部外品であり、有効成分としてプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

プラセンタエキスは、シミの原因であるメラニンの生成をブロックしたり、メラニンの排出を促す働きがある美白有効成分です。

そして、グリチルリチン酸ジカリウムは強い消炎作用があり、ニキビを抑えたり、予防したりする効果が期待できます。

 

続いて、水色で示した保湿成分では、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、コラーゲン・トリペプチド Fといった保湿力が高い成分が配合されています。

 

次に、黄緑色で示した美肌成分では、油溶性甘草エキス(2)とテトラ2‒ヘキシルデカン酸アスコルビルが配合されています。

油溶性甘草エキス(2)は消炎作用があるので、肌荒れを防いでお肌を清潔に保つ成分です。

テトラ2‒ヘキシルデカン酸アスコルビルはビタミンC誘導体と呼ばれるもので、お肌によくない活性酸素にアプローチする美肌成分です。

 

最後に、オレンジ色で示したものは油分であり、お肌を柔軟にしたり、水分蒸発をブロックしたりする働きがあります。

特に、N‒ステアロイルフィトスフィンゴシンはセラミドと呼ばれる油分であり、非常に強い水分保持力があります。

そのため、お肌の乾燥を防いで、潤いを持続させます。

 

ゲルSaは、美白有効成分や抗炎症成分が配合されているので、シミやニキビのケアにピッタリのオールインワンです。

また、保湿力の高い成分も入っているので、お肌の潤いを保つ効果も高いです。

ただし、セラミドが配合されているのに、100gで1,900円(税抜)という異常な安さは気になりますね。

 

そもそも、セラミドは原価の高い成分なので、相場は1ヶ月分の容量で3000~1万円くらいです。

さらに、ゲルSaにはプラセンタやビタミンC誘導体、ヒアルロン酸といった比較的高価な成分が入っているので、2000円程度に収まるはずはありません。

にもかかわらず、1,900円(税抜)という破格の安さで販売されているのは、なぜでしょうか。

 

1つ考えられるのは、セラミドを始めとした美肌成分の配合量がごくわずかなもので、本来の高い保湿効果や美容効果が期待できないということです。

なので、ゲルSaの購入を検討しているなら、あまり過度な期待はしない方がいいでしょう。

 

ちなみに、素肌しずくより保湿効果の高いオールインワンゲルを探しているなら、お肌の水分量をぐーんと高めてくれるライスビギンというオールインワンゲルをチェックしてみてください。

オールインワン湿潤ゲルの成分解析

オールインワン湿潤ゲルの全成分はこちらです。

【成分】水、グリセリン、ポリ(1,2-ブタンジオール)-4PEG/PPG-29/9メチルグルコース、BG、パルミチン酸エチルヘキシル、ジグリセリン、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、セラミド3、セラミド2、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、乳酸桿菌エキス液、オリーブ果実油、シア脂、ユビキノン、ホホバ種子油、酢酸トコフェロール、スクワラン、パルミチン酸レチノール、カンゾウ根エキス、コーン油、カミツレ花エキス、エタノール、マルチトール、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PCA-Na、ポリクオタニウム-51、アルテア根エキス、ソルビトール、ウメ果実エキス、イリス根エキス、マドンナリリー根エキス、ゲンチアナエキス、ライム果汁、トウキンセンカ花エキス、アセンヤクエキス、ヨモギ葉エキス、ユキノシタエキス、オニイチゴ根エキス、ゴレンシ葉エキス、キハダ樹皮エキス、ゲンノショウコ花/葉/茎エキス、ホップ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ビターオレンジ果皮エキス、セリン、オレンジ果汁、クチナシ果実エキス、ヤグルマギク花エキス、ブッチャーブルーム根エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ヒオウギエキス、レモン果実エキス、ゴボウエキス、カンゾウ葉エキス、グリシン、レモン果汁、オトギリソウ花/葉/茎エキス、ウコン根エキス、ワイルドタイムエキス、グルタミン酸、ノイバラ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、ゲットウ葉エキス、アロエベラ葉エキス、ドクダミエキス、ハトムギ種子エキス、トウキ根エキス、スギナエキス、イチョウ葉エキス、ダイズ種子エキス、アラニン、ナツメ果実エキス、リシン、アルギニン、サンザシエキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、チャ葉エキス、アルテロモナス発酵エキス、シャクヤク根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トレオニン、ヒバマタエキス、ハマメリス葉エキス、マグワ根皮エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウイラクサ葉エキス、プロリン、セイヨウキズタ葉/茎エキス、クララエキス、カワラヨモギ花エキス、オウゴン根エキス、セイヨウニワトコ花エキス、キュウリ果実エキス、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ベタイン、水酸化Na、メチルパラベン、グリチルリチン酸2K、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、ペンテト酸5Na、トコフェロール

オールインワン湿潤ゲルには、かなり多くの成分が配合されていますが、ポイントは1つだけです。

それは、黄緑色で示した美肌成分です。

ハマメリス葉エキスやシャクヤク根エキス、ワイルドタイムエキスは収れん作用を持っているので、お肌を引き締めてキメを整えてくれます。

また、毛穴を引き締めることで、一時的に毛穴を目立ちにくくしてくれます。

 

この収れん作用が、上の2つのゲルにはない、オールインワン湿潤ゲルにだけ備わっている美肌効果です。

なお、オールインワン湿潤ゲルにもセラミドやプラセンタなどの高価な成分が配合されていますが、100gで1500円(税抜き)という異常な安さが気がかりですね。

 

素肌しずくオールインワンゲルのまとめ

素肌しずくオールインワンゲルには、Wヒアルロン・オールインワンゲル、ゲルSa、オールインワン湿潤ゲルという3種類があります。

まず、Wヒアルロン・オールインワンゲルは、保湿効果や美肌効果の高い成分が配合されていますが、エタノールの配合量が多いので、お肌を乾燥させるリスクがあります。

続いて、ゲルSaはセラミドなどの高価な美肌成分がたくさん入っていますが、100gで1,900円(税抜)という通常ではあり得ない値段設定が心配な点です。

 

最後に、オールインワン湿潤ゲルは収れん成分が配合されているので、毛穴開きが気になる方は試してみてもいいかもしれませんね。

ちなみに、素肌しずくより保湿効果の高いオールインワンゲルを探しているなら、お肌の水分保持力を高めてくれるライスビギンという画期的なオールインワンゲルをチェックしてみてください。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ライスビギンオールインワンの成分評価や評判、使い方まとめ|私が実際に使って気づいたメリットとデメリットも解説

sponsored link