Pocket




この記事では、ヴェレダ・スキンフードの成分評価や効果を説明しています。

「スキンフードには、お肌によくない成分が入っていないか気になる」

「ニキビや肌荒れに効果があるのかな?」

「お肌が弱い人でも使って大丈夫?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

スキンフードの成分評価や効果|お肌によくない2つの成分に注意!

スキンフードの全成分はこちらです。

水、ヒマワリ種子油、ラノリン、アーモンド油、ミツロウエタノール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-3、グリセリンリモネン(香料)、サンシキスミレエキス、香料、加水分解ミツロウ、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ローズマリー葉エキス(芳香性エキス)、カミツレ花エキス(芳香性エキス)、トウキンセンカ花エキス(芳香性エキス)、アルギニン、硫酸亜鉛(収れん成分)

まず、水色で示した成分は保湿成分です。

 

保湿力の高いヒアルロン酸やコラーゲンなどは配合されていません。

強いて言えば、グリセリンはしっとりした保湿成分であり、まずまずの保湿力を備えています。

ただ、湿度が下がると保湿力も低下してしまうので、冬場の保湿には効果が薄いです。

 

続いて、オレンジ色で示した成分は油分です。

油分は、お肌を柔らかく保ったり、油膜をはって保護したりする働きがあります。

また、水分蒸発をゆるく防ぐ効果もあります。

 

最後に、赤色で示したものはお肌によくない成分です。

エタノールは、お肌を引き締める収れん性や殺菌作用のある成分です。

また、清涼感を出してくれるので、化粧品によく配合されます。

 

ただ、エタノールは揮発性が高く、蒸発するときにお肌の水分も一緒に蒸発させてしまうので、お肌の乾燥を招く恐れがあります。

そのため、お肌が乾燥しやすい人や、肌荒れしてお肌が敏感になっているときは、避けた方がいい成分です。

特に、目元のように皮膚の薄いところに塗布するのは止めた方がいいですね。

 

そして、リモネンはアレルギー性接触皮膚炎が懸念される香料です。

また、リモネンは、お肌についた状態で紫外線にあたると、炎症を起こす”光毒性”の懸念もあります。

 

というわけで、スキンフードは保湿力が弱く、お肌によくない成分が含まれているので、使わない方がいいですね。

この商品は、お肌の乾燥や肌荒れを防ぐことを謳っていますが、保湿力の高い成分は入っていないので、高い保湿効果は期待できません。

そのうえ、皮膚への刺激性が懸念される成分が入っているので、ニキビなどを悪化させてしまう可能性すらあります。

 

なので、お肌の乾燥が気になる方や肌荒れしている方は避けた方がいいでしょう。

 

ちなみに、ニキビなどの肌荒れを改善してくれるクリームを探しているなら、販売本数が10万個を突破し、女子アナが使っていることでも有名なプラクネというクリームをチェックしてみてください。

公式サイト⇒満足度95.1%のプラクネをチェックしてみる!

フェイス用

スキンフードのまとめ

スキンフードは、乾燥や肌荒れ対策のクリームですが、保湿効果の高い成分が入っていないので、乾燥を防いでお肌を潤す効果は弱いです。

そして、ニキビに効果的なグリチルリチン酸二カリウムなどの消炎成分も入っていないので、赤く腫れたニキビを鎮静化させるなどの効果も期待できません。

そのうえ、お肌を乾燥させるエタノールや、皮膚刺激性のあるリモネンが入っているので、お肌の状態を悪化させてしまうリスクがあります。

 

もし、あなたが保湿効果の高いニキビケアクリームを探しているなら、10万個以上売れていて、180日間の返金保証がついたプラクネというクリームをチェックしてみてください。

ちなみに、プラクネの成分や効果について、詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

プラクネの成分評価や評判|セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン配合で保湿力に優れているぞ!

sponsored link