美容液

アルビオン美容液の成分に落とし穴!代用(代わり)の美容液ならコレ!

化粧品専門店やデパートでしか買えない高級化粧品・アルビオン

そんなアルビオンの美容液は、@cosmeの2017年ベストコスメアワードで、美容液部門の第1位に選ばれています。

「多少高くてもいいから、本当に美肌効果のあるいい化粧品を使いたい」といった本物志向の女性ならやっぱりアルビオン美容液が気になりますよね。

 

私も以前から気になっていたので、自分へのご褒美として奮発しようとしていたのですが、アルビオンの美容液について調べていて、ある落とし穴を見つけちゃったんです。

それは、アルビオンの人気美容液に、お肌によくない成分がたっぷり配合されていることが分かったんです。

買いに行く前に、成分をチェックしておいて本当によかったです。

 

というわけで、今回はアルビオン美容液の成分を分析して判明した落とし穴や、アルビオンよりコスパがよくて、美容効果の高い美容液についてまとめておきます。

もし、あなたがこのような疑問を持っているなら、記事を読み進めてくださいね。

「アルビオンの美容液って、めちゃ高いけど、どんな美肌効果が期待できるのかな」

「アルビオンに含まれているお肌によくない成分って何?」

「アルビオンより安くて、透明感のある肌をつくってくれる美容液が知りたい」

 

あっ、ちなみに「アルビオンの代わりになるコスパのいい美容液だけ、さっさと教えてよ」という方は、累計販売数が80万個を突破したビューティーオープナーをチェックしてみてください。

目次

アルビオン美容液の成分分析から落とし穴が判明|エタノールによる乾燥に注意!

アルビオンの美容液は、揮発性の高いエタノール(アルコール)という成分の配合量が多いので、お肌を乾燥させる恐れがあります。

また、アルコールがお肌に合わない人が使うと、肌がヒリヒリしたり、赤くなったりすることもあります。

だから、肌の乾燥で悩んでいる人や、アルコールにアレルギーがある人は使わない方がいいですね。

 

ちなみに、アルビオンの美容液は、全部で36商品がありますが、今回は特に人気が高い以下の3商品の成分を調べました。

  • エクラフチュール
  • エクサージュ バイタルフォーカス
  • アンフィネス アップサージ ソリューション

 

エクラフチュールの成分評価

エクラフチュールの全成分はこちらです。

水・BG・グリセリンPG・エタノール・ジメチコン・水添レシチン・PCA-Na・アセチルグルタミン酸・アルギニン・エビヅル葉エキスシトルリンジパルミチン酸アスコルビルセラミド2・セラミド3セリンテオプロマグランジフロルム種子脂テトラヘキシルデカン酸アスコルビルヒアルロン酸Naヒスチジン・ピリドキシンHCI・EDTA-2Na・オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル・オレイン酸・カルボマー・キサンタンガム・コレステロール・パルミチン酸・レシチン・水酸化Na・乳酸Na・メチルパラベン・香料

  :保湿成分
  :油分
  :美肌成分
  :お肌によくない成分

エクラフチュールの良い点

エクラフチュールの良い点は、3つあります。

  1. 保湿力が高い
  2. お肌のバリア機能を強化する
  3. 肌トラブルを防ぐ

 

1.保湿力が高い

エクラフチュールは、最強の保湿成分・セラミド(セラミド2・セラミド3)が配合されているので、お肌の潤いを保つ効果が高いです。

セラミドは、非常に強い水分保持力がある成分であり、お肌の水分を捕まえて潤いを長時間キープしてくれます。

 

2.お肌のバリア機能を強化する

セラミドは、角質層(お肌の一番外側の層)になじんで、バリア機能を強化する働きがあります。

バリア機能がアップすることで、乾燥や紫外線、細菌などの外部からの刺激を肌がきちんとブロックしてくれます。

 

3.肌トラブルを防ぐ

エクラフチュールは、ジパルミチン酸アスコルビルやテトラヘキシルデカン酸アスコルビルといったビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体は、シミ・シワ・ニキビなどの原因となる活性酸素を退治する働きがあります。

そのため、肌トラブルを防いで、お肌を健康な状態に保つのに役立ちます。

 

エクラフチュールの悪い点

悪い点は、PGやエタノールなどのお肌に悪い成分が配合されていることですね。

PG

PGは、昔から保湿成分として多用されてきたのですが、最近では肌への刺激性や浸透性が懸念されるようになって、昨今では配合が控えられている成分です。

エタノール

エタノール(アルコール)は、さっぱりした使用感や、まるで成分がお肌にどんどん浸透していくかのような浸透感を演出してくれる成分です。

ただ、エタノールは揮発性が高く、蒸発するときに肌の水分を奪ってしまい、返ってお肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

エクラフチュールでは、PGが4番目、エタノールが5番目に配合量が多い成分であり、肌への刺激性や乾燥が心配されますね。

総合評価:80点

エクラフチュールは、保湿力が高く、お肌のバリア機能をサポートし、肌トラブルを防いでくれる美容液です。

ただし、エタノールの配合量が多いため、乾燥や刺激の懸念があります。

そのため、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌のように、肌が弱い女性や、アルコールが肌に合わない女性は使わない方がいいでしょうね。

 

なお、エクラフチュールの効果や安全性を評価するなら、100点満点で80点ですね。

美肌効果の高いセラミドやビタミンC誘導体が入っているのはプラスポイントなのですが、乾燥の原因となるエタノールの配合量が多いのが残念です。

 

ちなみに、エクラフチュールは40ml1万円(税抜)です。

美容液に1万円かけるくらい、本気で美しい肌になりたいと考えているなら、@cosmeで1位を獲得したビューティーオープナーという美容液の方がコスパがいいですよ。

公式サイト⇒30代からの本格的なエイジングケアに最適な美容液はこちら

エクサージュ バイタルフォーカスの成分評価

エクサージュ バイタルフォーカスの全成分はこちらです。

エクサージュ バイタルフォーカスの良い点

良い点は、水分保持力に優れた水溶性プロテオグリカンが配合されているので、保湿力が高いことですね。

ただし、最強の保湿成分・セラミドが入ったエクラフチュールには劣りますが・・・。

 

エクサージュ バイタルフォーカスの悪い点

悪い点は、お肌によくないエタノールの配合量が多いことですね。

成分配合量の多い順で4番目にエタノールが記載されています。

そのため、さっぱりして使用感はいいかもしれませんが、お肌を乾燥させる恐れがあります。

総合評価:75点

エクサージュ バイタルフォーカスは、エクラフチュールには劣るものの、保湿力が高い美容液です。

ただ、肌を乾燥させるエタノールの配合量が多いのはマイナスポイントですね。

総合評価は75点です。

 

ちなみに、エクサージュ バイタルフォーカスはアットコスメの星評価が、MAX7つ星のうち4.8であり、ユーザーからの評価は低いですね。

いくら高級感があっても、成分がよくない商品の評価はやっぱり低くなるものですね。

口コミは正直です。

 

アンフィネス アップサージ ソリューション の成分評価

アンフィネス アップサージ ソリューションの全成分はこちらです。

アンフィネス アップサージ ソリューションの良い点

良い点は、特にありません。

美肌効果の高い成分も入っていませんね。

アンフィネス アップサージ ソリューションの悪い点

悪い点は、エタノールの配合量が多いので、肌を乾燥させる恐れがあることです。

 

総合評価:50点

アンフィネス アップサージ ソリューションは、良い特徴のない普通の美容液ですね。

保湿力が高い成分や、美肌効果に優れた成分は入っていません。

にもかかわらず、40ml1万円(税抜)という驚愕の値段となっています。

だから、私的には買う理由を見いだせないです。

 

なお、アンフィネス アップサージ ソリューションもアットコスメの星評価は、MAX7つ星のうち4.7であり、評判はよくないですね。

まあ、肌にいい成分が入っていないから当然ですが。

アルビオンの美白美容液は効果が高い?高いけど美白効果は弱いよ!

次に、アルビオン美容液の美白効果について説明します。

アルビオンには、以下のように美白美容液がいくつか用意されています。

  1. ホワイトニング ティント デイセラム
  2. ホワイトニング レスポンス
  3. ホワイトサージ ソリューション
  4. ホワイトニング ブリリアンシー セラム

 

ただ、結論から言うと、どれも美白効果は弱いので、おすすめはできませんね。

念のために、各美容液の成分を簡単にチェックしておきましょう。

ホワイトニング ティント デイセラムの成分評価

ホワイトニング ティント デイセラムの全成分はこちらです。

ポイントは、美白有効成分としてトラネキサム酸が配合されていることです。

このトラネキサム酸は、シミの元となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。

だから、シミを予防する効果は期待できますね。

 

ただし、すでにできているシミを薄くする効果はありません。

トラネキサム酸は、美白成分の中でも美白力が弱い方なので、ホワイトニング ティント デイセラムに美白効果は期待しない方がいいかもしれませんね。

 

ホワイトニング レスポンスの成分評価

ホワイトニング レスポンスの全成分はこちらです。

こちらもトラネキサム酸が美白有効成分として配合されています。

そのため、日焼けのシミ予防には役立ちますが、シミを薄くすることはできません。

 

ホワイトサージ ソリューションの成分評価

ホワイトサージ ソリューションの全成分はこちらです。

ホワイトサージ ソリューションも美白有効成分がトラネキサム酸なので、美白力は弱いですね。

ホワイトニング ブリリアンシー セラムの成分評価

ホワイトニング ブリリアンシー セラムの全成分はこちらです。

ホワイトニング ブリリアンシー セラムは、コウジ酸という美白有効成分が配合されています。

コウジ酸は、メラニン色素の生成をブロックするので、トラネキサム酸同様にシミの予防に役立つ成分です。

ただし、コウジ酸は、シミを薄くする効果は期待できません

 

というわけで、アルビオンの美白美容液は、トラネキサム酸やコウジ酸が配合されているので、シミの予防には効果を発揮します。

しかし、シミを薄くするほどの効果は望めないので、美白化粧品としてはおすすめできませんね。

 

もし、あなたが、濃いシミに悩んでいるなら、強力な美白成分4MSKが配合されたHAKUの美白美容液をチェックしてみてください。

関連記事→HAKU美容液の成分評価や口コミ|古い角質と一緒にシミも排出!

アルビオンのニキビケア美容液は、お肌への負担が大きいよ!

次に、アルビオンの美容液のニキビケア効果について説明します。

アルビオンでは、次の2つの美容液がニキビに効果的です。

  1. アクネスポッツエッセンス
  2. シーバム コントロール エッセンス EX

 

そこで、これら2つのニキビケア美容液の成分をチェックしておきます。

アクネスポッツエッセンスの成分評価

アクネスポッツエッセンスの全成分はこちらです。

アクネスポッツエッセンスは、ニキビに効果的な成分として、イソプロピルメチルフェノールグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

まず、イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌を殺菌する働きがあるので、ニキビケアに効果を発揮します。

ただし、お肌への負担がやや大きいのがデメリットと言えますね。

 

そして、グリチルリチン酸ジカリウムは強力な抗炎症作用があるので、赤く腫れたニキビを鎮静化させます。

というわけで、アクネスポッツエッセンスはニキビケア効果が高いのですが、お肌への負担が気がかりですね。

敏感肌のように肌が弱い人にはおすすめできません。

 

シーバム コントロール エッセンス EXの成分評価

シーバム コントロール エッセンス EXの全成分はこちらです。

シーバム コントロール エッセンス EXは、有効成分としてサリチル酸グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

サリチル酸は、強い殺菌作用があり、ニキビ菌を除去してくれます。

また、サリチル酸は、古い角質を溶かす働きがあるので、毛穴の詰まりを解消して、ニキビを予防します。

 

ただし、このサリチル酸は肌への刺激性が強いのが難点です。

サリチル酸がお肌に合わないと、ニキビを悪化させることもありますから。

 

というわけで、アルビオンの美容液でニキビケアをするなら、アクネスポッツエッセンスを選んだ方が無難かと思います。

 

アルビオン美容液の口コミを検証

ここでは、アルビオン美容液の口コミをいくつか紹介します。

 

→エクラフチュールは、セラミドやビタミンC誘導体が入っているので、美容効果は高いです。

ただ、エタノールの配合量が多いのがデメリットですね。

お肌が乾燥しやすい人や、アルコールが肌に合わない人は使わない方がいいでしょう。

→アルビオンの美容液は、揮発性の高いエタノールが多く配合されているので、スーッとお肌になじむような使用感が得られます。

ただし、上でも説明したように、エタノールが蒸発するときに、お肌の水分も一緒に持っていってしまうので、配合量が多いと肌が乾燥しやすくなります。

また、アルコールが肌に合わないと、ヒリヒリすることがあるので注意してください。

→ホワイトニング ティント デイセラムは、美白有効成分がトラネキサム酸なので、美白力は弱いです。

 

アルビオンの美容液をつける順番

アルビオンの美容液を使う際に気になるのが、つける順番ですよね。

アルビオンの美容液をつける順番は、アルビオンの乳液を使うかどうかで変わってきます。

アルビオンの乳液を使う場合

アルビオンの公式ページを見ると、洗顔後に乳液を塗布してから、化粧水、美容液・クリームの順番で使うようにと説明されています。

 

 

つまり、基礎化粧品をアルビオンで統一する場合は、上記に従ってください。

 

ここで、アルビオンの乳液は、先につけることで、後から塗布する化粧水や美容液、クリームの成分がお肌に浸透しやすくなるように設計されています。

だから、アルビオンの乳液を使う場合は、洗顔後に化粧水ではなく、乳液を先につけてあげましょう。

 

アルビオンの乳液を使わない場合

一方で、アルビオンの乳液を使わず、他メーカーの乳液を使う場合は、セオリー通り、

洗顔→化粧水→乳液→アルビオン美容液→クリーム

の順番で塗布することになります。

 

ちなみに、化粧水を最初に塗布するのは、後につけるアイテムの成分をお肌に浸透しやすくするためです。

洗顔後の乾燥した肌に化粧水を真っ先に塗布してあげることで、成分が浸透するための潤いの道筋を作ることができます。

まとめ|アルビオン美容液の代用品ならコレ!

アルビオン美容液の人気商品は、いずれもエタノールがの配合量が多いので、お肌を刺激したり、乾燥させたりする恐れがあります。

なので、お肌の弱い人や、お肌の乾燥が気になる方は、使わない方がいいでしょう。

 

ちなみに、アルビオンの代わりになるコスパのいい美容液としては、ビューティーオープナーがおすすめですね。

ビューティーオープナーは累計販売数が80万個を突破している今人気のエイジングケア美容液です。

モンドセレクション金賞を受賞したり、@cosmeの口コミランキングで1位を獲得した実績があり、女性誌でも特集されるほどです。

公式サイト⇒【初めての方限定】最新のエイジングケア成分が入ったSNSで話題沸騰の美容液はこちら!

 

肌活30おすすめの化粧品ランキング

関連記事⇒美白美容液ランキングTOP3|濃いシミを消し去って、あの頃の綺麗な肌を取り戻そう

関連記事⇒美白オールインワンジェル ランキングTOP3|頑固なシミとは永久にサヨナラ!

あなたが次に読んだ方がいい3つの記事

関連記事→ビューティーオープナーの成分評価や効果まとめ|加水分解卵殻膜が配合されていて保湿効果は高い!

 

関連記事→アルビオン化粧水の成分に落とし穴|毛穴やニキビ跡に効果はあるのか

関連記事→アルビオン乳液の成分評価やニキビへの効果|代わりになるコスパの高い乳液も紹介

sponsored link