クリーム

アベンヌハンドクリームの成分評価|顔に塗るならセラミド配合クリームを選ぼう!手荒れや乾燥を防いでスベスベの手肌をキープできる!

乾燥や手荒れ、ひび、あかぎれなどの肌トラブルを防いでくれるアベンヌのハンドクリーム。

高い保湿効果があって、敏感な肌の人でも使えると公式ページでは説明されていますが、実際のところどうなのか成分をチェックしてみました。

というわけで、この記事ではアベンヌハンドクリームの成分評価について説明します。

「アベンヌハンドクリームは顔に塗っても大丈夫?」

「お肌に悪い成分が入っていないか気になる」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、保湿効果が高いハンドクリームを探しているなら、最強の保湿成分・セラミド配合で、お肌をすべっすべに潤してくれるクラウンセルクリームをチェックしてみてください。

 

アベンヌハンドクリームの成分評価

まず、アベンヌハンドクリームの全成分はこちらです。

有効成分:グリチルリチン酸モノアンモニウム、酢酸DL-α-トコフェロール

その他の成分:水、グリセリンセトステアリルアルコールモノラウリン酸グリセリル流動パラフィン、セタノール、ミツロウ、パラフィン、フェノキシエタノール、セトステアリル硫酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エステル、モノステアリン酸グリセリン、ベンジルアルコール、セチルリン酸カリウム、水酸化ナトリウム

有効成分

アベンヌハンドクリームは医薬部外品であり、有効成分としてグリチルリチン酸モノアンモニウム酢酸DL-α-トコフェロール が配合されています。

これらの成分は強力な抗炎症作用があるため、手荒れやヒビ、あかぎれを防いで、滑らかで健康的なお肌を保つのに役立ちます。

 

保湿成分

グリセリンは、吸湿性があって、空気中の水分を取り込むことで、お肌の潤いを保つ効果があります。

ただし、湿度が下がると保湿力が低下してしまうというデメリットがあり、冬場の保湿ケアには不向きですね。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分はお肌を柔らかくしたり、滑らかに整えたり、異物やアレルゲンからお肌を守る働きがあります。

 

界面活性剤

ピンク色で示したものは界面活性剤であり、水性の成分と油分を混ぜ合わせる働きがあります。

界面活性剤は柔軟、乳化、分散、殺菌、保湿など様々な目的で配合される便利な成分です。

ただし、配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなるというデメリットがあります。

 

アベンヌハンドクリームでは、界面活性剤が4種類も配合されており、肌への負担は大きめです。

 

総合評価:70点

アベンヌハンドクリームは、強力な消炎作用のあるグリチルリチン酸モノアンモニウムと酢酸DL-α-トコフェロールが配合されているため、肌荒れを防いで、お肌を健やかな状態に保つ効果が期待できます。

ただし、保湿成分がグリセリンのみしか配合されておらず、保湿力が弱いです。

また、界面活性剤の配合数が多いので、お肌の弱い人やすでに肌荒れを起こしている人は使わない方がいいですね。

 

なお、このハンドクリームは皮膚への刺激性やアレルギー性のある成分は配合されていないので、顔に使うこともできますが、保湿力が高くないので、お肌の潤いをキープする効果は期待しない方がいいでしょう。

 

アベンヌハンドクリームのまとめ

アベンヌのハンドクリームは、公式ページでは保湿効果が高くて、肌が敏感な人でも使えると説明されています。

しかし、実際に成分をチェックしてみると、保湿成分は保湿力の弱いグリセリンしか配合されていないので、高い保湿効果は期待できません。

それに界面活性剤の配合数が多いので、お肌の弱い人は使わない方がいいです。

 

もし、あなたがお肌に優しくて保湿効果が高いハンドクリームを探しているなら、芸能人が愛用していることでも有名なクラウンセルクリームをチェックしてみてください。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使い方まとめ|私が実際に使って感じたメリット・デメリットも紹介!

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link