クリーム

セシュレルがシミに効果なしは嘘!シミ消し効果を成分から評価!口コミも徹底検証

乾燥肌や敏感肌といったお肌の弱い人のための美白クリーム・セシュレル

人気モデルが使っており、お肌に優しい美白クリームとして多数の女性誌で紹介され、今SNSで話題になっています。

この記事では、医学専門誌にも掲載された実績のある美白クリーム・セシュレルのシミへの効果や口コミの検証について説明します。

 

「セシュレルで本当にシミ消しできるのかな?」

「セシュレルはシミに効果なしとか言われてるけど、これは嘘か本当かどっち?」

「信用できる口コミが知りたい」

このような疑問にお答えしていきます。

 

なお、あなたがシミやくすみで悩んでいるなら、セシュレルで理想の肌を手に入れた20~40代女性の口コミをチェックしてみてください。

公式ページ⇒セシュレルの信頼できる口コミをチェックしてみる!

 

セシュレルのシミへの効果を解説

まず、結論から言うと、セシュレルは医薬部外品であり、美白有効成分のトラネキサム酸が配合されているので、シミのケアに効果を発揮します。

特に、トラネキサム酸は、シミの中でも肝斑(かんぱん)という種類のシミによく効くことが知られています。

 

ここで、肝斑は、30~40代の女性にできやすいシミで、妊娠時や更年期のような女性ホルモンのバランスが崩れたときに生じやすいです。

また、長くピルを服用してきた人にもできやすいと言われています。

 

そして、肝斑は、頬や目尻のあたりにできることが多く、モヤモヤっと広がっているのが特徴です。

この肝斑に対しては、トラネキサム酸がしっかりとアプローチしてくれます。

 

なお、トラネキサム酸はシミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きもあるので、日焼けによるシミを防ぐ効果が期待できます。

このように、美白有効成分によって新たにできるシミを防ぎ、保湿ケアによってターンオーバーを正常化することで、メラニンをどんどん排泄していき、シミをお肌から排出させるということです。

後で詳しく説明しますが、セシュレルには、保湿成分がたっぷり入っているので、お肌の潤いをキープして、お肌の生まれ変わりを正常に整えてくれます。

 

というわけで、まとめると、セシュレルは肝斑というタイプのシミと相性がいいので、肝斑で悩んでいる人にはピッタリの美白クリームと言えます。

また、日焼けによるシミを防ぎ、保湿ケアによってターンオーバーを整えることで、シミを排出させていき、元の透明感のあるお肌に導いていきます。

なので、日焼けによるシミのケアにも使えますね。

 

ちなみに、セシュレルの美白効果については公式ページでも説明があるので、気になる方は公式ページを覗いてみてください。

公式ページ⇒セシュレルの美白効果についてチェックしてみる!

 

さて、ここまではセシュレルのシミに対する効果について説明してきました。

次は、セシュレルの成分の働きを詳しく解説します。

成分を理解することで、セシュレルに期待できる美容効果が分かるようになりますよ。

 

セシュレルの成分評価

ここでは、セシュレルの全成分を取り上げ、その働きや効果について説明します。

有効成分:トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリル

その他成分:ローズ水、精製水、BG、シュガースクワランオクタン酸セチルエチルヘキサン酸セチル濃グリセリンベヘニルアルコール、セテアリルアルコールジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリルアルピニアカツマダイ種子エキスステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガムイソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)ビサボロールN-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンタイムエキス-1プルーン酵素分解物ウメ果実エキスキウイエキスユキノシタエキスアーティチョークエキス、1,2-ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

出典:公式ページ

有効成分

まず、セシュレルは医薬部外品であり、有効成分としてトラネキサム酸グリチルレチン酸ステアリルが配合されています。

トラネキサム酸の働きは上で説明した通りです。

グリチルレチン酸ステアリルは、強い抗炎症作用があるので、赤く腫れたニキビを鎮めたり、ニキビができるのを防ぐ働きがあります。

 

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿成分はお肌の潤いをキープする働きがあります。

お肌が潤っていることで、ターンオーバーが正常に働き、お肌が健康な状態に保たれます。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、お肌を柔らかくしたり、水分蒸発を防いだり、お肌を外部刺激から保護したりする働きがあります。

セシュレルに入っている油分では、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンが非常に重要な成分です。

 

N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンは、セラミドと呼ばれる油分であり、非常に優れた水分保持力を持っています。

そのため、高い保湿効果が期待でき、お肌の潤いを強力にキープしてくれます。

また、このセラミドは、お肌になじんでバリア機能を高める働きもあります。

 

ここで乾燥肌や敏感肌の人は、お肌のバリア機能が低下しており、そのために肌が乾燥しやすく、紫外線などの外部刺激に対しても弱いのです。

なので、乾燥肌や敏感肌の人は、セシュレルのようにセラミドを含んだ化粧品でケアを行い、外部から積極的にセラミドを補給してあげることが大切ですね。

 

美肌成分

黄緑色で示したものは美肌効果のある成分です。

まず、油溶性甘草エキス(2)やユキノシタエキス、ビサボロールは消炎作用があるため、肌荒れを防いで綺麗で清潔なお肌を保つのに役立ちます。

アーティチョークエキスやタイムエキス-1は収れん作用があるので、お肌を引き締めてキメを細かく整えることで、滑らかで美しいお肌に導きます。

 

プルーン酵素分解物やキウイエキスは、美白化粧品によく配合される成分です。

 

界面活性剤

ピンク色で示したものは界面活性剤です。

界面活性剤は、水に溶けやすい水性の成分と油分を混ぜ合わせる働きがあります。

セシュレルのように水性の成分と油分が混在している化粧品では、界面活性剤が必須となります。

 

セシュレルは、乾燥肌や敏感肌のためのクリームとあって、お肌に負担の大きなタイプの界面活性剤は配合されていません。

 

総合評価:80点

セシュレルは、美白有効成分のトラネキサム酸が配合されているので、シミのケアに効果を発揮します。

また、強い抗炎症作用のある成分・グリチルレチン酸ステアリルが入っているため、ニキビの炎症を鎮めたり、ニキビの予防に役立ちます。

 

そして、強力な水分保持力のあるセラミドが配合されているため、セシュレルの保湿力は非常に高いです。

さらに、セラミドはバリア機能を改善する働きもあるので、お肌の防御力をアップさせて、外部からの刺激に強いお肌に導いてくれます。

その他にも、収れん作用や消炎作用などを持った美肌成分が複数配合されているため、美容効果も高いですね。

 

ちなみに、セシュレルの成分については公式ページでも説明されているので、もっと詳しく知りたい方は公式ページを覗いてみてください。

公式ページ⇒セシュレルの成分をチェックしてみる!

 

セシュレルの口コミを検証

最後にセシュレルの口コミを評価しておきます。

といっても、ネットの口コミは書き手の素性が不透明で、信頼性が低いため、今回は公式ページの口コミを検証します。

 

公式ページのレビューは確かに商品に対していいことしか書かれていませんが、顔写真や名前、年齢などが開示されているため、書き手にも責任が伴います。

そのため、レビューとしての信頼性が高く、商品を使ったことで得られるお肌にいい効果を知るうえでは役立ちます。

というわけで、早速公式ページの口コミをチェックしていきましょう。

 

まず、公式ページを少しスクロールすると、埼玉県在住の29歳カフェ店員の方のレビューが紹介されています。

セシュレルを使って、「雰囲気が明るくなった」とのことです。

顔の印象が明るくなったのは、美白効果というよりも保湿効果によるところが大きのではないかと考えています。

 

ここで、顔の印象が暗くなる一因は乾燥によるくすみです。

乾燥すると、お肌を乾燥から守るために角質層が厚くなるので、透明感が失われて、お肌の印象が暗くなります。

 

しかし、セシュレルには保湿力抜群のセラミドが入っているため、スキンケアを続けることで、お肌の潤いがアップして、乾燥が改善されるはずです。

すると、乾燥によるくすみが取れて、お肌の印象が明るくなります。

 

次に、公式ページを下の方までスクロールしていくと、45歳専業主婦の方のレビューが掲載されています。

40歳を超えて年齢を強く感じるようになり、前から気になっていたセシュレルを試しました。美白化粧品で、ここまで美白効果があるのには驚きですし、サプリがあるのも良かったです。おかげさまで気持ちまで明るくなりました。

この方はセシュレルで美白効果を強く実感しています。

セシュレルは肝斑によく効くトラネキサム酸という美白有効成分が配合されています。

そのため、この45歳女性を悩ませていたシミは肝斑だった可能性が考えられます。

 

というわけで、今回は公式ページの口コミを2つ取り上げて解説しましたが、どちらも成分的に不自然なところはありませんでした。

公式ページには他にも顔写真つきの口コミが掲載されているので、信頼性の高い口コミが知りたい方は公式ページを覗いてみてください。

公式ページ⇒セシュレルの信用できる口コミをチェックしてみる!

 

セシュレルのまとめ

セシュレルは、美白有効成分・トラネキサム酸が配合されているので、シミのケアにピッタリです。

特に、肝斑というタイプのシミに悩んでいる方にベストです。

 

また、セシュレルには強い抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルが含まれているので、ニキビの赤みに悩んでいる方や、ニキビ予防したい方も使えます。

そして、個人的に最も好感が持てたのは、保湿効果が非常に高いセラミドが配合されている点です。

 

セラミドはお肌の潤いを長時間キープしてくれますし、弱ったバリア機能をサポートすることで、お肌を強くしてくれます。

そのため、セラミドは乾燥肌や敏感肌の人にはとっても心強い成分です。

「お肌が弱いけど、美白化粧品を使いたい」という方にはセシュレルが合っているかもしれませんね。

sponsored link