Pocket

この記事では、ちふれ美容液の成分解析や効果について説明します。

「ちふれ美容液でニキビによく効くものを紹介して欲しい」

「美白効果が高いのは何色の美容液?」

「ノンアルコールタイプって保湿効果高いの?」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、コスパがよくて、保湿効果の高い美容液を探しているなら、シェリア プレミア エッセンスという美容液をチェックしてみてください。

 

ちふれ美容液の成分解析や効果

ちふれの美容液には以下の4つの商品があるので、それぞれの成分や効果をチェックしていきます。

・美容液 ノンアルコールタイプ

・美白美容液 VC

・美白美容液 W

・濃厚 美容液

 

美容液 ノンアルコールタイプの成分解析や効果

美容液 ノンアルコールタイプの全成分はこちらです。

BG、グリセリン、トレハロース、ヒアルロン酸Naオウゴン根エキス、PEG-60水添ヒマシ油、メチルパラベン、フェノキシエタノール、ヒドロキシエチルセルロース、水

まず、水色で示したものは保湿成分です。

保湿成分は、水分をつかまえて保持することで、お肌の潤いを保つ働きがあります。

この美容液には、トレハロースやヒアルロン酸Naといった水分保持力の強い成分が配合されているので、保湿効果は高めです。

 

続いて、オウゴン根エキスは保湿効果に加えて、消炎作用があるので、肌荒れを防いでお肌を健康な状態に保ってくれます。

 

美白美容液 VCの成分解析や効果

美白美容液 VCの全成分はこちらです。

有効成分:L−アスコルビン酸 2−グルコシド、グリチルリチン酸2K

その他の成分:濃グリセリン、BG、トレハロース液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、油溶性甘草エキス(2)、大豆油、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルパラベン、フェノキシエタノール、EDTA−2Na、天然ビタミンE、精製水

まず、美白美容液 VCは医薬部外品であり、有効成分としてL−アスコルビン酸 2−グルコシドとグリチルリチン酸2Kが配合されています。

L−アスコルビン酸 2−グルコシドはビタミンC誘導体と呼ばれていて、シミの原因となるメラニンの生成を阻害したり、メラニンを分解したり、メラニンの排出を促す働きがあるので、シミのケアに役立つ成分です。

グリチルリチン酸2Kは強い抗炎症作用があるので、赤く腫れたニキビを鎮静化させたり、ニキビを予防したりする効果があります。

 

続いて、水色で示した保湿成分は、美容液 ノンアルコールタイプと同様に、保湿力の高いトレハロースとヒアルロン酸が入っています。

 

ちなみに、美白効果の高い美容液を探しているなら、累計販売数が60万個を突破したペネロピムーンという美白美容液がおすすめです。

 

美白美容液 Wの成分解析や効果

美白美容液 Wの全成分はこちらです。

有効成分:アルブチン、L−アスコルビン酸 2−グルコシド

その他の成分:濃グリセリン、BG、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、トレハロース液グリチルリチン酸2K、大豆油、水酸化K、クエン酸Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、クエン酸、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルパラベン、フェノキシエタノール、天然ビタミンE、精製水

まず、この美容液にはアルブチンとL−アスコルビン酸 2−グルコシドという2つの美白有効成分が配合されています。

アルブチンは、シミの原因となるメラニンの生成をブロックする働きがあるので、シミ予防に効果的な成分です。

美白美容液 Wでは、2つの美白有効成分が配合されているので、美白美容液 VCより高い美白効果が期待できます。

 

続いて、保湿成分は、保湿力の高いトレハロースとヒアルロン酸が入っていて、美白美容液 VCとほぼ同じです。

最後に、美白美容液 Wにもグリチルリチン酸2Kが配合されていますが、有効成分としてではなく、配合量も少ないので、お肌を清潔に保つくらいの効果しか期待できません。

 

濃厚 美容液の成分解析や効果

濃厚 美容液の全成分はこちらです。

ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、ミネラルオイル、ホホバ種子油、セテアリルアルコール、ジメチコン、BG、グリセリン、ヒアルロン酸Naシャクヤク根エキスイソステアリン酸PEG-60グリセリル、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸グリセリル、ステアロイルグルタミン酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、キサンタンガム、アルギニン、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、トコフェロール、水

まず、オレンジ色で示したものは油分です。

油分はお肌を柔軟にしたり、保護したり、水分蒸発を防いだりする働きがあります。

 

続いて、水色で示した保湿成分では、保湿力の高いヒアルロン酸Naが配合されています。

そして、シャクヤク根エキスは消炎作用や収れん作用のある美肌成分です。

そのため、お肌を清潔に保ったり、お肌を引き締めてキメを整えることで滑らかに仕上げてくれます。

 

最後に、ピンク色で示したものは界面活性剤であり、水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

ここで、界面活性剤は配合数や配合量が多くなるとお肌への負担が大きくなります。

濃厚 美容液には4種類もの界面活性剤が配合されていて、配合数が多いのが気がかりですね。

 

ちふれ美容液のまとめ

ちふれの美容液には、美容液 ノンアルコールタイプ、美白美容液 VC、美白美容液 W、濃厚 美容液の4つのタイプがあります。

美容液 ノンアルコールタイプは、保湿効果はまずまずで、お肌を清潔に保つ効果が期待できます。

美白美容液 VCは医薬部外品であり、美白有効成分と抗炎症成分が配合されているので、シミやニキビのケアに役立ちます。

 

美白美容液 Wは2つの美白有効成分が配合されているので、ちふれの美容液の中では最も美白効果が高いです。

最後に、濃厚 美容液は、保湿効果がまずまずですが、界面活性剤の配合数が多いのでおすすめしません。

ちなみに、コスパがよくて、保湿効果の高い美容液を探しているなら、シェリア プレミア エッセンスという美容液をチェックしてみてください。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒美白美容液ランキングTOP3|濃いシミを消し去って、あの頃の綺麗な肌を取り戻そう

sponsored link