洗顔料

どろあわわ化粧水の口コミ|洗顔後に必要orいらない、どっち?

泥洗顔料として有名などろあわわですが、実は「薬用和漢ミネラル水」という化粧水も販売されています。

こちらは医薬部外品であり、有効成分としてビタミンC誘導体が配合されているので、美白効果(シミ予防)が期待できます。

 

また、薬用和漢ミネラル水には、ヒアルロン酸Naなどの保湿効果の高い成分やシャクヤクエキスのような収れん性のある成分も入っています。

そのため、肌の潤いをキープしたり、毛穴の引き締めにも役立ちます。

 

「肌がカサカサしているので、保湿効果の高い化粧水を使いたい」

「毛穴の開きが気になるので、毛穴引き締め効果のある成分が入った化粧水が欲しい」

「ニキビ跡の赤みや茶色いシミが目立つので、早くもとに戻したい」

 

このような方は、化粧水を薬用和漢ミネラル水に変えてみるといいかもしれません。

今回は、どろあわわ化粧水の口コミや成分評価についてまとめておきます。

 

どろあわわ化粧水の口コミまとめと考察

アットコスメやAmazonなどの口コミサイトを見ると、どろあわわの化粧水について以下のようなコメントが見られます。

  • 毎日使い続けていると、肌のキメが細かくなっている気がする
  • ほどよくしっとりしており、使用感はいい
  • 1ヶ月使用してみると、顔のトーンが明るくなった
  • 毛穴が小さくなった気がする
  • 肌が白くなるとかはなかった
  • 保湿感はあるけど、特に肌に変化はなかった
  • ニキビには効かなかった

 

ではこれらのコメントについて簡単に説明(考察)を入れておきます。

 

保湿

まず、保湿効果については、「しっとりしている」、「保湿感がある」など概ね評価するコメントが多いです。

これは、ヒアルロン酸Naのような保水力の高い成分が入っているからでしょう。

 

「化粧水を使っているけど、保湿されている感じがしない」

こんな方は、お使いの化粧水に保湿効果の高い成分が入っていない可能性があります。

もしくは、エタノールなどの揮発性の高い成分が多いために、お肌を乾燥させてしまっているのかもしれません。

 

一度お使いの化粧水をチェックしてみてください。

 

整肌

肌のキメが整ったというコメントは、水分と油分のバランスがとれて健康的な肌になったからと考えられます。

反対に、肌のキメが粗いと、触ったときにザラザラしたり、弾力やハリがなくなり、毛穴の開きも目立ちます。

 

なお、肌のキメが細かいと、多くの光を取り込んで反射してくれるので、肌が明るく見えたり、透明感が増したりします。

顔のトーンが明るくなったのも、肌のキメが整列したからでしょう。

 

「潤いがあって、透明感のある肌を手に入れたい」と考えているなら、朝夜の洗顔で余分な皮脂はきっちり落とし、保湿効果の高い化粧水や美容液などで潤いをキープし、水分と油分のバランスを整えることが大切ですよ。

 

美白

ネガティブな意見としては、「肌が白くならなかった」、「ニキビには効かなかった」などが見られます。

どろあわわの化粧水には美白有効成分のビタミンC誘導体が入っていますが、肌を白くする効果はありません。

 

「美白有効成分=肌を白くする成分」と思っていませんか?

実はコレ間違いです。

 

ただし、美白有効成分のビタミンC誘導体には、以下の3つの効果があります。

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制
  • メラニンの排出を促進
  • メラニンを還元(分解して色のない別の物質に変える)

 

そのため、シミの予防やすでにできているシミのケアには有効です。

 

例えば、

「ニキビの赤みや茶色のシミを早く元に戻したい」

といった悩みを解決するのには役立ちます。

 

ちなみに、つけてすぐに肌が白くなる化粧品は、酸化チタンなどの白い粉末成分が含有していたり、一時的な毛細血管の収縮によるものです。

つまり、単なるトリックです。

実際に肌が白くなっているわけではないので、お間違いなきよう。

 

ニキビ

ニキビへの効果についてですが、どろあわわ化粧水は保湿効果の高い成分が入っているので、肌に水分が不足している人にとっては、水分と油分のバランスを保つうえで役立ちます。

よって、肌の乾燥からくる乾燥ニキビには効果が期待できます。

 

「肌がカサカサしていて、皮脂は少ないのに、ニキビができる」

「冬になるとニキビが多くできる」

こんな方は水分と油分のバランスが崩れて、水分が少なくなっているので、保湿効果の高いどろあわわ化粧水でケアして、お肌の潤いをキープしましょう。

 

ただし、ニキビは睡眠不足やストレス、栄養の偏りなども要因となるので、スキンケアだけで解決できない場合があります。

そのため、口コミでも評価が分かれているのだと考えられます。

 

どろあわわ化粧水の成分評価、15種類もの保湿成分が入っている!

さて、最後にどろあわわ化粧水の成分について詳しく説明します。

どろあわわ化粧水(薬用和漢ミネラル水)の全成分は以下の通りです。

有効成分:3-O-エチルアスコルビン酸、

その他の成分:シャクヤクエキス、ボタンエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、ダイズエキス、ジオウエキ ス、トウニンエキス、ヒオウギ抽出液、海藻エキス(1)、ブクリョウエキス、ケイ皮エキス、センキュウエキス、豆乳発酵液、加水分解コラーゲン液(4) ヒアルロン酸ナトリウム液、濃グリセリン、トリメチルグリシン、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ジプロピレングリコール1,3-ブチレ ングリコール、精製水、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油エタノール、フェノキシエタノール

出典:どろあわわ公式サイト

 

有効成分

美白有効成分はオレンジ色で示した3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)です。

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)はビタミンC誘導体であり、厚労省が許可した美白成分にあたります。

ビタミンC誘導体は、色素沈着の抑制に効果のあるビタミンCを肌に吸収されやすい形にしたものです。

 

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)は、ビタミンC誘導体のなかでも、即効性と効果の持続性、安定性に優れており、なおかつビタミンCの含有率も高いのです。

シミの予防やすでにできたシミのケアに有効です。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しており、全部で15種類あります。

この中で、特に保湿効果が高いのはヒアルロン酸ナトリウム液加水分解コラーゲン液(4)です。

これらはともに水分を抱え込む性質があり、角質層内で保湿効果を発揮します。

 

さらに、どちらも湿度が下がっても、水分を掴んだまま離しません。

そのため、冬場など空気が乾燥しているときにもお肌の潤いをキープしてくれます。

 

また、豆乳発酵液は保湿効果の高い大豆イソフラボンを含んでおり、角質層全体に行き渡って、乾燥した肌に潤いを与えます。

口コミを見ても、保湿力について良いコメントが多いことから、どろあわわ化粧水の保湿力については問題なさそうです。

 

収れん成分

収れん性(お肌を引き締める働き)のある成分としては、シャクヤクエキスが配合されています。

一時的ではありますが、毛穴を引き締めて目立たなくさせる効果が期待できます。

 

合成界面活性剤

どろあわわ化粧水には、合成界面活性剤としてポリオキシエチレン硬化ヒマシ油が含まれています。

合成界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きがあり、種類によってはお肌への刺激が心配されるものもあります。

 

合成界面活性剤と聞くと、すぐに肌への刺激が強いのではないかと心配する人がいますが、幸いなことに、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油は非イオン系界面活性剤なので、ほぼ無刺激と考えて差し支えないです。

界面活性剤で皮膚への刺激が懸念されるのは、陽イオン系と陰イオン系だけです。

 

おそらくポリオキシエチレン硬化ヒマシ油は、化粧水の水性成分と油性成分を混ぜ合わせる乳化剤として使われているのでしょう。

 

皮膚への刺激が気になる成分

お肌に負担になりそうな成分は、赤色で示しています。

  • ジプロピレングリコール
  • エタノール

 

まず、ジプロピレングリコールは防腐性があり、目や肌への刺激が懸念される成分です

エタノールはサッパリ感を出すために、化粧水にはよく配合される成分ですが、蒸発によってお肌を乾燥させてしまうデメリットがあります。

今回は、おそらく植物エキスを抽出する際の溶剤として使われていると考えられます。

 

総合評価

薬用和漢ミネラル水は、ビタミンC誘導体が入っているので、シミの予防やできたシミのケアに有効な化粧水です。

ジプロピレングリコールとエタノールが入っているのが残念なポイントではあります。

 

ただし、保湿効果の高いヒアルロン酸とコラーゲンが両方入っており、その他にも保湿成分が13種類も含まれています。

そのため、薬局で手に入るような安い化粧水よりも、どろあわわ化粧水の方が保湿効果は断然優秀です。

今使っている化粧水の保湿効果に満足していないなら、試してみる価値はあると思います。

 

どろあわわの化粧水は洗顔後に必要、それともいらない?

どろあわわ化粧水の薬用和漢ミネラル水は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されているので保湿効果は高いことが分かります。

どろあわわは脱脂力や洗浄力が高いので、洗顔後には化粧水や乳液、美容液などでしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

そうしないと、水分と油分のバランスが崩れてしまい、冬場は特にお肌の乾燥が進行しやすくなります。

 

日々の皮脂汚れはどろあわわ洗顔料できっちりと落とし、洗顔で失われた水分や保湿成分は化粧水や美容液でしっかと補給してあげましょう。

水分と油分のバランスが整えば、肌に潤いが戻ってぷるぷるになり、ニキビなどの毛穴トラブルからも解放されます。

もし、あなたがカサカサした肌、黒ずみ毛穴、ニキビなどの肌トラブルに悩んでいるなら、今すぐどろあわわ洗顔後と化粧水で肌ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

公式サイト⇒どろあわわで今すぐ肌ケアを行い、スベスベで潤いのあるモテ肌を手に入れる!
どろあわわ

sponsored link