クリーム

エリクシール・リンクルクリームの成分評価や効果|副作用でヒリヒリする?シワに効くけど・・・

この記事では、エリクシール・リンクルクリームの成分評価や効果、副作用などについて説明します。

「リンクルクリームって、本当にしわに効くの?」

「お肌によくない成分が入っていないか気になる」

「レチノールの副作用でお肌がヒリヒリするって聞いたから心配」

このような疑問や悩みにお答えしていきます。

 

ちなみに、リンクルクリームを使ってみたいのであれば、まずは資生堂の公式サイトで効果や使い方、口コミなどを確認してください。

以下サイトの右上の検索窓にて、「リンクルクリーム」で検索するとすぐに出てきますよ!

公式サイト⇒しわを改善する画期的なクリームの詳細はこちら!

エリクシール・リンクルクリームの成分評価

まず、リンクルクリームの全成分はこちらです。

有効成分:レチノール,酢酸DL-α-トコフェロール

その他の成分:水溶性コラーゲン(F),濃グリセリン,精製水,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,1,3-ブチレングリコール,ジプロピレングリコール,エタノール,メドウフォーム油,ポリエチレングリコール1000,メチルポリシロキサン,アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80,ポリプロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,トリイソステアリン酸グリセリル,ベヘニルアルコール,ヒドロキシエチルセルロース,ポリビニルアルコール,ステアリルアルコール,モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.),ジブチルヒドロキシトルエン,エデト酸三ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,酵母エキス(3),無水エタノール,マリンエラスチン,クララエキス(1),カノコソウエキス,フェノキシエタノール,香料,β-カロチン

  :保湿成分
  :油分
  :界面活性剤
  :お肌によくない成分

有効成分

リンクルクリームは医薬部外品であり、有効成分としてレチノールと酢酸DL-α-トコフェロールが含まれています。

まず、レチノールは皮膚の角質の代謝を促す効果がある成分です。

シワのある部分の肌(角質)を強制的に代謝させて剥がすことで、シワをケアすることができます。

 

さらに、レチノールは表皮でヒアルロン酸の産生を促進させる働きがあるので、表皮内の水分量を高めて、お肌の潤いやハリをアップさせます。

 

ただし、レチノールは、肌への負担がやや懸念されるので、敏感肌やアトピー肌の人は注意が必要です。

肌が弱い人が使うと、副作用として肌荒れが起きたり、刺激感をともなうことがあります。

 

リンクルクリームの販売ページにも、皮膚トラブルを起こしやすい方やこれまでレチノールでトラブルを起こした方は使用を控えるようにとの注意書きがありますね。

 

続いて、酢酸DL-α-トコフェロールは、肌荒れを防ぐ働きがあります。

おそらく、レチノールによる肌荒れを防ぐ目的で配合されているのだと考えられます。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム水溶性コラーゲン(F)は保湿効果が高い成分として知られています。

これらの成分は、水分を捕まえて保持する機能に優れていて、湿度が下がってもお肌の潤いをキープしてくれます。

 

油分

油分はオレンジ色で示しています。

油分は、水分蒸発を防ぐ効果は弱いのですが、お肌を柔らかくしたり、油膜を張って保護したりしてくれます。

 

界面活性剤

ピンク色で示した成分は界面活性剤です。

界面活性剤は、通常は混じり合わない水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

界面活性剤はお肌に負担となる成分なので、配合数や配合量が少ない方がいいです。

 

しかし、リンクルクリームには界面活性剤が3種類配合されています。

これは、レチノールのお肌への浸透性を高めるためだと考えられます。

というのも、レチノールは確かにしわやシミの改善に効果的な成分なのですが、基底層というお肌の奥まで浸透しないと、大きな効果は期待できないのです。

 

だから、界面活性剤の助けを借りて、よりお肌の奥まで成分を届かせようとしているんですね。

 

お肌によくない成分

お肌への刺激性が懸念される成分は、エタノールです。

 

エタノールは、アルコールが苦手な人が使うと、ヒリヒリしたり、顔が赤くなったりすることがあります。

だから、アルコールが肌に合わない人は避けたほうがいいですね。

 

総合評価:85点

リンクルクリームは、「しわを改善する」という効能を取得した画期的な医薬部外品です。

このクリームは、レチノールという有効成分が配合されていて、シワができた箇所の角質を剥離を促すことで、シワを目立ちにくくしてくれます。

さらに、レチノールは表皮でヒアルロン酸の産生を促し、表皮内の水分量を高めることで、お肌の潤いをアップさせ、ハリや弾力を生み出します。

 

角質層の乾燥によってできた浅い”小じわ”を改善する化粧品は数多く存在しますが、年齢を重ねることでできた”しわ”を改善できる化粧品は非常に珍しいです。

だから、あなたが、年齢を重ねる毎にどんどん深くなっていくしわに悩んでいるなら、リンクルクリームがぴったりですね。

 

ちなみに、リンクルクリームは、資生堂の公式サイトでも効果や使い方、口コミなどが掲載されているので、まだ見ていない方はチェックしてみてください。

以下サイトの右上の検索窓にて、「リンクルクリーム」と入力して検索するとすぐに出てきますよ!

公式サイト⇒深く刻まれたしわを改善して、あの頃のハリ肌を取り戻す!

 

エリクシール・リンクルクリームのほうれい線やたるみへの効果

上で説明したように、リンクルクリームは、しわを改善する効果を持った医薬部外品です。

そして、リンクルクリームはしわだけでなく、しわと同じ理由で発生するほうれい線やたるみにも効果を発揮します。

そもそも、しわやほうれい線、たるみが生じるのは、加齢によってお肌の潤いが失われていくためです。

 

肌の水分量が減少することで、お肌にハリや弾力がなくなり、肌が沈んでシワ(ほうれい線)やたるみが生じます。

しかし、リンクルクリームに配合されたレチノールという成分は、肌内部で潤い成分・ヒアルロン酸の産生を促進させることで、肌の水分量を高めてくれます。

ここで、ヒアルロン酸は、わずか1gで6Lもの水分を捕まえてキープできるほど、水分保持力の強い成分です。

 

この保湿力が高いヒアルロン酸を増やすことで、お肌の潤いをグーンとアップさせて、肌にハリや弾力を生み出します。

そして、肌にハリや弾力が戻ることで、沈んだ肌がピンと張って滑らかに整うので、しわやほうれい線、たるみが目立ちにくくなるというわけです。

 

エリクシール・リンクルクリームの使い方のコツ

まず、リンクルクリームを使う際には、使用頻度に注意する必要があります。

というのも、リンクルクリームに配合されているレチノールは、しわへの効果は高いのですが、肌への負担がやや懸念される成分だからです。

公式ページにも、リンクルクリームを使う際の注意書きとして、以下のような記載があります。

初めて使用するときや肌が敏感なときは、最初の2週間は2~3日間隔で夜のみ、次の2週間は毎夜と、少しずつ使用回数を増やすことをおすすめします。
※使用回数・使用量を守って正しくお使いください。

出典:リンクルクリームの公式ページ

 

次に、リンクルクリームは、朝と夜のスキンケアで使用します。

そして、リンクルクリームをつける順番は、以下の通りです。

<朝のスキンケア>

洗顔→化粧水→乳液や美容液等→リンクルクリーム→UVカット化粧品

<夜のスキンケア>

洗顔→化粧水→乳液や美容液等→リンクルクリーム

朝のスキンケアのポイントは、リンクルクリームをつけた後に、紫外線をカットしてくれる化粧品を塗布するのを忘れないことです。

そもそも、米国皮膚科学会によると、シワやたるみなどの肌老化の約80%が紫外線の影響だとされています。

 

だから、いくらリンクルクリームでシワ対策を行っても、強い紫外線を浴びてしまうと、せっかくのスキンケアが水の泡になってしまいます。

なので、朝のスキンケアではリンクルクリームを塗布した後に、UVをカット効果のある化粧品で肌を紫外線から守りましょう。

 

最後に、夜のスキンケアでは、リンクルクリームを最後に塗布するのがポイントです。

リンクルクリームは保湿力も高めなので、保湿ケア用のクリームとしても使えますね。

 

エリクシール・リンクルクリームの口コミを検証

ここでは、リンクルクリームの口コミをいくつか紹介しておきます。

 

→頬の毛穴がふっくらするとのことですが、これはレチノールと保湿成分の両方の効果だと考えられます。

上でも説明したように、レチノールは、ヒアルロン酸の産生を促すことで、肌の水分量を高めてくれます。

そして、お肌の水分量が増えると、肌がふっくらして、ハリや弾力がアップします。

さらに、リンクルクリームは、保湿力の高い成分も配合されているので、肌の水分を捕まえて蒸発を防ぐことで、肌の潤いを長時間キープしてくれます。

→肌がピンと張るのは、お肌が潤っている証拠ですね。

逆に、肌が乾燥していると、肌が水分を失ってスカスカの状態なので、ハリや弾力がなく、たるんでしまいます。

さらに、肌のキメが荒くなるので、ゴワゴワして手触りも悪いです。

→眉間のシワが柔らかくなったとのことですが、こちらはレチノールや油分の効果と考えられます。

レチノールは、角質の代謝を促すことで、肌を柔らかくする働きがあります。

また、メドウフォーム油などの油分は、肌を柔軟にしたり、ツヤを出したりします。

ちなみに、リンクルクリームの口コミは、公式サイトにも掲載されているので、まだ見ていない方はチェックしてみてください。

以下サイトの右上の検索窓にて、「リンクルクリーム」と入力して検索するとすぐに出てきますよ!

公式サイト⇒沈んだ肌をふっくら、柔らかくする話題のしわ改善クリームはこちら!

 

sponsored link