美容液

ジェニフィックアドバンストの成分評価や違い|デュアルコンセントレートとの違いが気になる!お肌への刺激性が強い成分に注意しよう



sponsored link


この記事では、ジェニフィックアドバンストとジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートの成分評価や違いについて説明します。

ジェニフィックアドバンストの成分評価

まず、ジェニフィックアドバンストの全成分はこちらです。

水、BG、ビフィズス菌発酵エキス変性アルコールグリセリン、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ヒドロキシエチルピペラジンエタンスルホン酸アスコルビルグルコシド、安息香酸Na、フェノキシエタノール、アデノシン、酵母エキス、PEG-8、PPG-3ミリスチル、サリチロイルフィトスフィンゴシン、ポリアクリロイルジメチルタウリンアンモニウム、リモネン、リナロール、カプリリルグリコール、カルボマー、メチルグルセス-20、水酸化K、シトロネロール、香料

まず、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いを保つ効果があります。

ただし、この美容液には保湿力の高い成分は入っていませんね。

 

次に、黄色で示したものは美肌効果のある成分です。

ヒドロキシエチルピペラジンエタンスルホン酸は、角質剥離作用があるので、古い角質を除去して、お肌を柔軟にしたり、くすみを取り除いてくれます。

 

そして、アスコルビルグルコシドは、シミやシワなど様々な肌トラブルを引き起こす活性酸素にアプローチしてくれる優秀な美肌成分です。

また、サリチロイルフィトスフィンゴシンは最近注目されている次世代のエイジングケア成分です。

 

最後に、赤色で示したものはお肌によくない成分です。

変性アルコールは揮発性が高いので、配合量が多くなるとお肌を乾燥させる恐れがあります。

リモネンとシトロネロールは、癒やしの効果がある芳香成分ですが、どちらも皮膚への刺激性が懸念される成分です。

 

最後に、ジェニフィックアドバンストを5点満点で評価するとこのようになります。

・保湿力:3

・エイジングケア効果:3.5

・肌荒れ防止効果:2

・低刺激性:2



sponsored link

ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートの成分評価

ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートの全成分はこちらです。

ベースフォーミュラ:水、ビフィズス菌培養溶解質、グリセリン、プロパンジオール、ベタイン、パイナップル果実エキス、t-ブタノール、乳酸桿菌発酵液、トコフェロール、クエン酸Na、ヒアルロン酸Na、マデカッソシド、安息香酸Na、加水分解コムギタンパク、デヒドロ酢酸Na、コハク酸Na、フェノキシエタノール、酵母エキス、アデノシン、カフェイン、PPG-6デシルテトラデセス-30、PEG-32、アルギニン、クロルフェネシン、ポリアクリロイルジメチルタウリンアンモニウム、キサンタンガム、ペンチレングリコール、エーデルワイスエキス、カプリリルグリコール、パパイン、EDTA-2Na、クエン酸、ソルビン酸K、メチオニン、グリシン、香料

ブルーのフォーミュラ:DPG、トコフェロール、フェルラ酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、紫401、ココベタイン、アルギニンヤグルマギク花水、プロパンジオール、クエン酸、水、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー

まず、水色の保湿成分ですが、保湿力の高いヒアルロン酸Naが配合されています。

そのため、保湿効果はまずまずといったところでしょう。

 

続いて、黄色で示した美肌成分ですが、マデカッソシドは消炎作用があるので、肌荒れを防いでお肌を清潔に保ちます。

また、ヤグルマギク花は収れん作用があるので、肌を引き締めてキメを整えたり、毛穴を引き締めてくれます。

 

次に、赤色で示したお肌に悪い成分としては、パパイン、DPG、紫401が挙げられますね。

パパインはタンパク質分解酵素であり、角質を分解する作用があるので、皮膚への刺激が強いです。

また、目の粘膜から侵入することでアレルギーを誘発するリスクもあります。

 

DPGは皮膚への刺激性が懸念される保湿成分です。

紫401はタール色素であり、アレルギーの懸念がある成分です。

 

最後に、この美容液を5点満点で評価しておきましょう。

・保湿力:3.5

・エイジングケア効果:2.5

・肌荒れ防止効果:3

・低刺激性:2

 

上で紹介したジェニフィックアドバンストと比べると、保湿力はデュアル コンセントレートの方がやや高いです。

また、デュアルには消炎成分も入っているので、肌荒れ防止効果も高めです。

ただし、デュアルにはエイジングケア成分が入っていないので、エイジングケア効果ではジェニフィックに軍配が上がります。

低刺激性については、どちらもお肌によくない成分が配合されているので、評価は低いです。

 

ジェニフィックアドバンストのまとめ

ジェニフィックアドバンストとジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートの違いを表にまとめると次のようになります。

よって、保湿効果が高い美容液を使いたい場合はデュアルを、エイジングケア効果が高い方を使いたい場合はジェニフィックアドバンストを使うといいでしょう。

ただ、どちらもお肌によくない成分が入っているので、肌が弱い人にはおすすめしません。

sponsored link