洗顔料

ギャツビー洗顔料の口コミ、ニキビが悪化したとの報告も・・・

CMでもおなじみの男性化粧品・ギャツビーの洗顔料。

ドラッグストアで購入できて、値段も安いことから、若い男性に人気です。

そんなギャツビーの洗顔料は、Amazonなどの通販サイトでの評価も高く、「しっかりと洗えた感じがする」「洗いあがりが爽快で気持ちいい」などの良いコメントが並んでいます。

 

それに加えて安価なので、洗顔料としてギャツビーを選ぶ男性も多いです。

しかし、ギャツビー洗顔料で、使用後にお肌が乾燥したり、ニキビが悪化したりた肌トラブルを起こした人もいます。

 

実は、ギャツビーは洗浄力が高いのですが、洗顔時に肌を保護してくれる潤い成分がほとんど配合されておらず、皮脂を落としすぎてしまう恐れがあります。

また、肌への刺激が懸念される成分もいくつか含まれています。

 

そこで今回は、ギャツビーの洗顔料の本当の口コミを紹介し、成分評価についてもまとめておきます。

ギャツビーの購入を迷っている人は、ぜひ成分評価に目を通してから検討してください。

 

ちなみに、お肌に優しくて、汚れだけをごっそり落としてくれる洗顔料を探しているなら、Amazonで1位を獲得したバルクオムという洗顔料をチェックしてみてください。

 

ギャツビー洗顔料の口コミまとめ、乾燥やニキビなどの肌トラブルを起こす人も・・・

ギャツビーの洗顔料には次の8種類の商品がありますが、今回は一番上のパーフェクトスクラブについて評価します。

  1.  パーフェクトスクラブ
  2. ミクロリッチスクラブ
  3.  オイルクラッシュフォーム
  4.  薬用トリプルケアアクネフォーム
  5.  クリアスキンフォーム
  6. モイスチャーフォーム
  7.  モイスチャーホイップ
  8. つるんとフェイス ピーリングウォッシュ

では、通販サイトでのパーフェクトスクラブの評価や口コミについて紹介します。

パーフェクトスクラブの星評価

まず、Amazonでは、5つ星のうち5.0という最高評価を獲得していますが、口コミ件数が11件しかないので、偏った意見が集まっている可能性があります。

次に、アットコスメでは、7つ星のうち5.5であり、まずまずの評価ですが、こちらも口コミが13件しかなく、十分な数とは言えません。

よって、ユーザーの星評価はあまり参考にしない方がいいでしょう。

 

パーフェクトスクラブの口コミ

続いて、Amazonやアットコスメをチェックすると、実際の口コミとしては次のような意見が挙がっています。

  • 洗った後のサッパリ感や爽快感がいい
  • 脂っこい顔が綺麗になった
  • 感触や泡立ち、汚れの落ち方には満足している
  • 秋頃から使ったところ、少し乾燥が気になった
  • 混合肌だが、とても乾燥してニキビが悪化した
    etc

 

口コミを見る限り、脱脂力や洗浄力は高そうな印象です。

ただ、「洗顔後に肌が乾燥した」というコメントが散見されたのは少し心配ですね。

サッパリというと聞こえはいいですが、季節によってはそれがヒリヒリ感に変わる人もいます。

 

ギャツビー洗顔料の成分評価、肌に良くないのはこの3つ!

ギャツビーパーフェクトスクラブの全成分がこちらです。

水、グリセリン、パラフィン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化K、ラウリン酸、PEG−8ソルビトール、ステアリン酸グリセリル、ラウラミドプロピルベタインメントールシリカエトキシジグリコールベントナイトEDTA−4NaPCA−Na、香料

 

お肌によくない成分

お肌によくないのは、ピンク色で示した成分です。

 

まず、メントール(香料)は爽快感を与えますが、人によっては洗いあがりがヒリヒリする要因になります。

エトキシジグリコール(香料)目にしみる成分です。

EDTA−4Na(防腐剤)は、目と皮膚への刺激性に懸念があり、最近では化粧品での使用は減ってきている成分です。

 

というわけで、パーフェクトスクラブは、肌に優しい洗顔料ではないです。

 

脱脂成分

お肌の皮脂を吸着する働きがある成分は、オレンジ色で示しています。

ベントナイトは、毛穴に詰まった古い角質や皮脂汚れを吸着してかき出してくれます。

 

洗浄成分

洗浄成分は、肌色で示したラウラミドプロピルベタインという界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きがあり、お肌の皮脂汚れを洗い落としてくれます。

ラウラミドプロピルベタインは、両イオン系界面活性剤なので洗浄力は弱く、皮膚への刺激は無視できるほど小さいです。

 

保湿成分

保湿に関わる成分は、水色で示しています。

  • グリセリン
  • PEG−8
  • ソルビトール
  • PCA−Na

 

まず、グリセリンは安価で安全性も保湿力も高い成分です。

PEG−8は保湿作用と、とろみをつける増粘作用があります。

ソルビトールは、水分とゆるく結合して蒸発を防ぐので保湿効果があります。

PCA−Naは、角質層に含まれている天然保湿因子の一つで、保湿力はそれほど強くはありません。

 

よって、パーフェクトスクラブには、保湿効果が高そうなものはグリセリンくらいしか配合されていません。

 

総合評価

まず、ギャツビーのパーフェクトスクラブには、脱脂成分・ベントナイトが入っているので脱脂力は強いです。

しかし、配合されている保湿成分の保湿力はそれほど高くはないので、脱脂力と保湿力のバランスが悪いです。

脱脂力 > 保湿力という状態ですね。

 

このように、脱脂力と保湿力のバランスがとれていないと、お肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまう恐れがあります。

つまり、洗顔後にお肌の乾燥を招くリスクが高いということです。

口コミで、使用後に乾燥が気になったとのコメントがありましたが、この意見からもパーフェクトスクラブの脱脂力と保湿力のバランスが悪いことが伺えますね。

 

そのうえ、パーフェクトスクラブにはお肌によくない成分が3つも配合されており、肌への負担が大きいです。

というわけで、パーフェクトスクラブは、お肌を乾燥させる恐れがあり、お肌によくない成分も入っているので、おすすめはできませんね。

 

ドラッグストアで買えるメンズ洗顔料の落とし穴、「安いものにはワケがある!」

さて、ギャツビーの洗顔料・パーフェクトスクラブは、脱脂力と保湿力のバランスが悪いので、お肌を乾燥させる恐れがあると説明しました。

ただ、これはギャツビーに限ったことではなく、ドラッグストアで購入できる他の安いメンズ洗顔料にも共通しています。

 

そもそも、一般的に洗顔料の相場2000~5000円と言われています。

潤いは残して汚れだけを落としてくれるお肌にいい洗顔料”であれば、たいていこのくらいの価格はします。

 

一方で、ギャツビー、ウーノ、メンズビオレなどの洗顔料は、ワンコインで買えてしまいます。

では、お肌にいい洗顔、ギャツビーなどのお肌に悪い洗顔の違いは何なのでしょうか。

 

実は、脱脂力や洗浄力はほとんど同じなのですが、保湿成分に大きな差があります。

ギャツビー、ウーノ、メンズビオレなどの洗顔料が安いのは、保湿効果の高い成分がほとんど配合されていないからです。

その分、安く売ることができるのですが、脱脂力と保湿力のバランスが悪いので、お肌に必要な成分まで洗浄してしまい、肌を乾燥させることがあります。

 

それをサッパリ、爽快と表現すれば聞こえはいいですが、寒い季節になって肌が乾燥しやすくなると、サッパリしていた洗いあがりが、カサカサやヒリヒリに変わってしまう人もいます。

男性は皮脂分泌量が多いので、夏場はそれほど問題になりませんが、冬にギャツビーなどの保湿力が低くて脱脂力の強力な洗顔料を使っていると、肌の乾燥を進行させてしまう恐れがあります。

 

ちなみに、20代後半くらいになると、年齢を重ねるにつれて肌の水分量はどんどん少なくなっていくので、学生時代に使っていた潤い成分の少ない安っぽい洗顔料や化粧水を使い続けていると、肌の乾燥を招いてしまいます。

 

偉そうに言いましたが、私自身も学生時代から30代になるつい最近まで、メンズビオレというスクラブ洗顔料を使ってきました。

その結果、インナードライ肌になってしまい、角栓や毛穴の黒ずみ、肌のベタつき、ニキビなど様々な肌トラブルに悩まされた経験があります。

なので、ギャツビーのような相場よりもかなり安い洗顔料を使うのは避けた方がいいですよ。

 

では、どのような洗顔料を使えば、お肌に必要な潤い成分を残したまま、汚れだけを落とせるのでしょうか?

 

肌を保護しながら洗浄し、汚れだけをきっちり落としてくれる洗顔料はコレ!

先に結論から言うと、お肌の潤いを守りつつ、汚れだけをきちんと落としてくれるのは、バルクオムのような洗顔料です。

このバルクオムは、ある若手俳優が使っていることでも有名な洗顔料です。

ギャツビーよりは知名度が低いかもしれませんが、アマゾンの売れ筋ランキングで1位を獲得したり、2016年と2017年のベストコスメに選ばれるなど、実績はギャツビーより上です。

 

そして、有名雑誌でも紹介されるなど、今注目度の高いメンズコスメなんですよ。

このように、人気と実績を兼ね備えたバルクオムですが、バルクオムが高く評価されているのは、汚れをごっそり落としつつも、お肌の潤いはしっかり守ってくれるからです。

 

まず、バルクオムには、クレイミネラルズやベントナイトといった脱脂力の強い成分が配合されています。

そのため、皮脂汚れをしっかり除去してくれます。

 

そして、バルクオムには、以下のような保湿力の高い成分が配合されているので、洗顔時にお肌の潤い成分を落としすぎないように保護してくれます。

リンゴ果培養細胞エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシド

 

なので、バルクオムは汚れをしっかりと落としつつ、保湿効果の高い成分がお肌の潤いをきちんと守ってくれるというわけですね。

ちなみに、私自身もバルクオムを愛用していますが、バルクオムを使うようになってから、肌が乾燥することが徐々になくなり、化粧水の浸透もよくなりました。

そして、使い続けるうちに、少しずつ肌に潤いや滑らかさが出てくるようになりました。

 

今では朝から肌が潤っていて調子がいいので、とても気分良く出社できます。

日中のベタつきもなくなったので、会社のトイレで鏡を見ることも苦痛ではなくなりましたし、人と会う前にせっせとあぶらとり紙を使う必要もありません

肌の状態がよくなっただけで、これほど気持ちに余裕ができるとは思ってもいませんでした。

 

もし、あなたが、肌のベタつきや洗顔後の乾燥感で悩んでいるなら、バルクオムによるスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。

公式サイト⇒今すぐバルクオムで肌ケアを始めて、スベスベした清潔感のあるモテ肌を手に入れる
BULK HOMME

ギャツビー洗顔料のまとめ

ギャツビーは、脱脂力と保湿力のバランスが悪いので、皮脂を落としすぎてしまう恐れがあります。

夏場は皮脂分泌量が多いので、肌トラブルを起こすことはないかもしれませんが、冬場は肌の乾燥を招くでしょう。

さらに、肌への刺激が心配な成分も配合されているので、私的にはおすすめしません。

 

ギャツビーのようなお肌を乾燥させる洗顔料よりも、お肌の潤いをしっかり守ってくれるバルクオムのような洗顔料を使った方がいいですよ。

ちなみに、バルクオムはロフトや東急ハンズでも買えますけど、公式ページから購入するのが一番お得です。

通販で購入すると、初回1480円(税別)の送料無料で試せます。

 

そのうえ、万が一、お肌に合わなかったときのために23日間の全額返金保証もついています。

なので、お得にバルクオムを購入したい方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式サイト⇒バルクオムの6つの特典や全額返金保証についてチェックしてみる!

あなたが次に読んだ方がいい記事

上で紹介した洗顔料・バルクオムについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

関連記事⇒バルクオムでニキビは治る?増える?乾燥肌の人は”乾燥ニキビ”ができる可能性も・・・

 

関連記事⇒バルクオムの効果発現までの期間は?効果絶大は本当なのか・・・

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link