Pocket

この記事では、HAKUの美白美容液・『HAKU メラノフォーカス3D』の成分分析の結果や効果について説明しています。

 

「お肌に悪い成分が入っていないか気になる。」

「HAKUは、肝斑(かんぱん)のようなシミやニキビに効果あるの?」

「HAKUは高くて手が出せないから、もう少し安いもので、美白効果の高い美容液を紹介して!」

このような疑問にお答えしていきます。

HAKU美白美容液の成分分析の結果|美白力は高いけど、肌への刺激性が大きすぎる!

HAKUの美白美容液・『HAKU メラノフォーカス3D』の全成分はこちらです。

配合数が多いので、似た働きをする成分に同じ色をつけて分類しています。

<有効成分>4-メトキシサリチル酸カリウム塩、トラネキサム酸

<その他の成分>ユリエキス、塩酸グルコサミン、濃グリセリンハス種子乳酸菌発酵液ルムプヤンエキスヒアルロン酸ナトリウム(2)、精製水、ジプロピレングリコールベヘニルアルコールエタノールα-オレフィンオリゴマー、メチルポリシロキサン、キシリット、ピバリン酸イソデシル、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム【界面活性剤、洗浄剤】ワセリンポリエチレングリコール1000ミリスチン酸ミリスチルポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル【乳化剤】ステアリルアルコールマルチトール液ポリエチレングリコール20000ジイソステアリン酸グリセリル1,3-ブチレングリコールステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド【柔軟剤】、エデト酸二ナトリウム、クエン酸、l-メントール、クエン酸ナトリウム、イソステアリン酸、ピロ亜硫酸ナトリウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン【界面活性剤、洗浄剤】L-セリン3-O-エチルアスコルビン酸、フェノキシエタノール、β-カロチン

有効成分

まず、HAKU メラノフォーカス3Dは医薬部外品であり、有効成分として4-メトキシサリチル酸カリウム塩とトラネキサム酸が配合されています。

4-メトキシサリチル酸カリウム塩は、メラニンの生成抑制とメラニンの排出促進という2つの効果を持つ非常に強力な美白成分です。

メラニンが作られるのを防ぐことで、新たなシミができるのを予防します。

 

そして、古い角質の剥離を早めることで、肌のターンオーバーを促し、古い角質とともに溜まったメラニンを排出させます。

つまり、すでにできたシミを早く剥がすように働きかけるというわけです。

よって、日焼けによるシミやニキビ跡のシミのケアに効果的です。

 

ただし、4-メトキシサリチル酸カリウム塩は非常に強い美白作用を持っている一方で、その分お肌への負担が大きいのです。

 

続いて、トラネキサム酸はメラニンの生成抑制と抗炎症作用を持つ成分です。

トラネキサム酸は、4-メトキシサリチル酸カリウム塩のような刺激が強めの成分による皮膚の炎症を抑えるために配合されていると考えられます。

なお、トラネキサム酸は肝斑(かんぱん)というタイプのシミによく効くことが知られています。

 

保湿成分

保湿成分は水色で示しています。

保湿効果が高いものとしては、ヒアルロン酸ナトリウム(2)が配合されていますね。

ヒアルロン酸ナトリウム(2)は、肌の表面で水分を保持することで、お肌の潤いをキープしてくれます。

 

油分

油分はオレンジ色で示しています。

油分は、肌を柔軟にしたり、皮膜で保護したりする働きがあります。

 

お肌によくない成分

お肌によくない成分は、赤色で示したエタノールジプロピレングリコールです。

エタノールはさっぱりした使用感や、成分がお肌に入り込んでいくような浸透感を演出してくれる成分です。

ただ、揮発性が高くて、蒸発するときに肌の水分も巻き添えにするので、お肌を乾燥させる恐れがあります。

 

そのため、お肌の弱い方や乾燥が気になる方は、エタノールが配合されていない化粧品を使った方がいいでしょう。

続いて、ジプロピレングリコールは、目や肌に刺激を感じる人がいます。

 

界面活性剤

界面活性剤はピンク色で示しています。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあり、美容液や乳液のように水性成分と油性成分が混在した化粧品には欠かせない成分となります。

この界面活性剤は、種類によってはお肌への刺激が強いものもあるので、注意が必要です。

 

また、配合数や配合量が多くなると、お肌への負担も大きくなります。

HAKUには4種類の界面活性剤が配合されており、配合数が多いです。

また、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウムは洗浄作用に優れており、お肌への負担がやや懸念される成分です。

 

ちなみに、界面活性剤の配合数は多いのは、美肌成分の肌への浸透性を上げるためだと考えられます。

メラニンが生成されるのは、肌の奥の方なので、そこまで美白成分を届けるには、界面活性剤の浸透力が必要なのです。

 

総合評価

HAKUには、強力な美白成分・4-メトキシサリチル酸カリウム塩が配合されているので、シミの予防やケアには大きな効果が期待できます。

ただし、4-メトキシサリチル酸カリウム塩は肌への負担も大きいので、お肌の弱い人は注意が必要です。

また、エタノールやジプロピレングリコールのように、お肌によくない成分が含まれていたり、界面活性剤の配合数が多いことからも、お肌への負担が心配されます。

 

HAKUは、美白力で評価するなら、他の美白化粧品よりも優れていると言っていいでしょう。

そのため、「圧倒的に美白効果の高い美容液を使いたい」という方にはピッタリですね。

HAKU美容液のまとめ

HAKUの美白美容液・『HAKU メラノフォーカス3D』は、強力な美白成分・4-メトキシサリチル酸カリウム塩が含まれているので、美白効果は高いです。

また、トラネキサム酸が配合されているので、肝斑というタイプのシミに効果を発揮します。

さらに、ヒアルロン酸が配合されているので、保湿効果も高めです。

 

そのため、シミを徹底的にケアしたい方や、美白効果が抜群の美容液を探している方は、HAKUを使うといいかもしれませんね。

 

【参考】HAKUより安くて、美白効果が高い美容液はコレ!

HAKU メラノフォーカス3Dは高い美白効果が期待できますが、お肌への負担が大きいのが難点です。

そこで、ここではHAKU には及ばないものの、美白効果が高くて、なおかつ皮膚への負担が小さい美白美容液を紹介します。

先に結論から言うと、エバーピンクという美白美容液が、現在多くの雑誌やメディアで紹介されており、美白美容液として評価が高いです。

 

おそらく名前は聞いたことがないかもしれませんが、すでに世界で60万個以上売れており、美白化粧品としては実績もあって有名です。

 

エバーピンクは、HAKUのように美白力が非常に強い4-メトキシサリチル酸カリウム塩は配合されていません。

しかし、L-アスコルビン酸2-グルコシドという美白有効成分が含まれています。

L-アスコルビン酸2-グルコシドはビタミンC誘導体と呼ばれており、とても優れた美白効果を持つ成分です。

 

ビタミンC誘導体は、

1.メラニンの生成抑制

2.メラニンの排出促進

3.黒色メラニンの分解

という3つの美白機能を持っています。

 

HAKUの4-メトキシサリチル酸カリウム塩は、1と2の働きしかありませんが、ビタミンC誘導体には1と2に加えて、黒色メラニンを分解する働きがあります。

これにより、すでにできてしまったシミ(黒色メラニン)を分解してくれます。

そのため、シミの予防やケアに大変効果的です。

 

このエバーピンクですが、通常価格は90mlで6372円(税込み)です。

HAKUは45gで10800円(税込み)でしたから、随分とお得だと思います。

さらに、エバーピンクは今なら、公式ページから定期コース申し込むと、初回限定で通常価格の60%OFFの2500円(税込み)から試すことができます。

 

なお、定期コースといっても購入回数のしばりがないので、2回目で解約することができます。

購入回数のしばりについては、公式ページに記載はありませんが、サポートに電話で確認したところ、購入回数の約束はなく、2回目での解約も可能とのことでした。

2回目以降も低下の20%OFFの5097円(税込み)で買えるのはありがたいのですが、それ以上に購入しばりがないので、安心して試すことができますね。

 

エバーピンクが気になった方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒HAKUより安くて、美白効果の高い美容液の詳細はこちら



肌活30おすすめの化粧品ランキング

関連記事⇒美白美容液ランキングTOP3|濃いシミを消し去って、あの頃の綺麗な肌を取り戻そう

関連記事⇒美白オールインワンジェル ランキングTOP3|頑固なシミとは永久にサヨナラ!

sponsored link