肌の悩み

肘の黒ずみを取るクリームならコレ!肘の黒ずみの取り方も解説!レーザーや市販薬、ニベア、重曹などいろいろあるけど、どれがベスト?

肘に黒ずみがあると、半袖を着るのに少し躊躇しませんか。

それに「肘どうしたの?」なんて、黒ずみを家族や友達に指摘されると、結構ショックを受けちゃいますよね。

 

おそらく、あなたは肘の黒ずみがなかなか取れずに悩んでいるのではないでしょうか。

「お風呂でゴシゴシこすっていたら、余計に黒くなって、乾燥してカサカサになった」

「ネットで調べたら、重曹やニベアがいいと書いてあったけど、全然効果なかった」

 

そこでこの記事では、肘の黒ずみの取り方を紹介します。

 

なお、肘の黒ずみについては、肘の黒ずみを取るクリームや市販薬、ニベア、重曹など、様々な方法で取ることができます。

ただ、やり方によっては、お肌への負担が大きいものもあるので注意が必要ですね。

 

肘の黒ずみの原因|問題はメラニンの生成過剰と排出の遅れ!

まず、肘に黒ずみができるのは、メラニン色素が皮膚に蓄積していることが原因です。

肘に摩擦や刺激が加わると、メラノサイトというメラニンを産生する細胞からメラニンが放出されます。

このメラニンがスムーズに排出されれば黒ずむことはありません。

 

しかし、メラニンが過剰に発生して排出が追いつかない場合や、肘の乾燥などが原因でターンオーバーが滞っていると、メラニンの排出が遅れてしまうため、肘に黒ずみが現れます。

 

ここで、よく肘の黒ずみで悩んでいる人は、テーブルに肘をついたり、頬杖をつく癖のある人だと言われていますが、誰にでも起こりえます。

例えば、会社でパソコン作業している際に、肘が机と接触している人は、日常的に長時間にわたって肘が摩擦を受けることになります。

そして、肘をついたときは、接地面積が小さいので、机と軽く当たっているだけに思えても、実際には大きな摩擦力が皮膚に加わっているのです。

そのため、知らないうちにメラニンがどんどん作られているかもしれませんね。

 

さらに、エアコンが効いている時期だと、オフィスは乾燥しやすいので、しっかりと保湿ケアをしておかないと、肘が乾燥してしまいます。

肘が乾燥してカサカサになると、お肌のターンオーバーが遅れるため、メラニンの排出が滞り、黒ずみができる原因となります。

 

他にも、黒ずみが気になるからと、入浴時にゴシゴシこすったりすると、皮膚に刺激や摩擦が加わり、メラニンが過剰生成するため、やはり黒ずみを悪化させることになります。

 

というわけで、肘の黒ずみは

・摩擦や刺激によるメラニンの生成過剰

・皮膚の乾燥によるメラニン排出の遅れ

という2つが大きく関与しています。

 

では、次に肘の黒ずみを取る方法について説明しますね。

 

肘の黒ずみを取る効果的な5つの方法|クロキュアは効果あるけど尿素に注意を!

まず、肘の黒ずみを取るには、次のような方法があります。

  1. ニベアなどの市販の保湿クリームでケアする
  2. クロキュアEXなどの医薬品(市販薬)でケアする
  3. 重曹で汚れや古い角質を落とす
  4. 美容皮膚科のレーザーで黒ずみをとる
  5. 保湿力と美白力の高い黒ずみ対策化粧品でケアする

 

ニベアなどの市販の保湿クリームでケアする

肘の軽い乾燥が原因でできた薄い黒ずみであれば、ニベアなどの市販の安価な保湿クリームで治せることがあります。

実践した人に聞くと、2~3週間くらいで黒ずみが薄くなり、肘もスベスベになったとのことです。

実際にSNSを見ても、ニベアで肘や膝の黒ずみが治ったというコメントがありますね。

 

ただし、ニベアは保湿力の高いセラミドなどの成分が配合されていないので、実は保湿効果は弱いんです。

だから、肘の乾燥がひどい人はニベアでケアをしても、効果が出ない可能性はあります。

 

それに、ニベアにはメラニンの生成をブロックしたり、排出を促す美白有効成分も配合されていないので、黒ずみへの効果はそれほど高くはありません。

 

クロキュアEXなどの医薬品(市販薬)でケアする

クロキュアEXは、肘や膝の黒ずみをケアする治療薬です。

この医薬品には、以下の4種類の有効成分が配合されているのが特徴です。

  • 尿素:古い角質の除去
  • グリチルリチン酸一アンモニウム:肘の炎症を抑える
  • トコフェロール酢酸エステル:血行促進で肌の新陳代謝を促す
  • ガンマ-オリザノール:皮脂分泌の促進

 

まず、尿素はメラニンを含んだ古い角質を除去することで、ターンオーバーを促し、黒ずみを薄くするのに役立つ成分です。

また、角質を溶かすことで、硬くなった肘を柔らかくしてくれます。

 

続いて、グリチルリチン酸一アンモニウムは、摩擦や刺激により炎症を起こした肘をケアしてくれます。

次に、トコフェロール酢酸エステは、血行を促すことで、ターンオーバーを促進させて、メラニンの排出をサポートします。

 

最後に、ガンマ-オリザノールは皮脂分泌を促すことで、肘の皮膚表面の保湿効果をアップさせて、乾燥を防ぎます。

 

このように、クロキュアEXは黒ずみケアに効果的な成分がたくさん配合されているのですが、デメリットもあります。

尿素は、お肌のターンオーバーを早めるため、使い続けると、お肌の表面にまだ十分に育っていない未熟な角質が増えていきます。

すると、お肌のバリア機能が弱くなり、結果的にお肌の乾燥をもたらすこともあります。

 

肌が乾燥すると、メラニンの排出が滞るため、黒ずみの悪化につながります。

さらに、クロキュアEX自体には、保湿力の高い成分が入っていないので、保湿効果は弱いです。

だから、クロキュアEXを使い続けることは避けた方がいいでしょう。

 

重曹で汚れや古い角質を落とす

肘の汚れや古い角質は重曹で落とすことができます。

これは、アルカリ性の重曹が酸性の皮脂汚れを除去し、重曹の研磨作用によって古い角質を落とす効果が期待できるからです。

そして、古い角質を落とすことで肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出させることで黒ずみを薄くしていきます。

 

ただし、重曹は粒子による摩擦で皮膚が炎症を起こすリスクもあるので、肘の黒ずみを悪化させてしまうこともあります。

SNSを検索すると、重曹で黒ずみが取れて、肌がツルツルになったとのコメントが散見されますが、実際のところ、肌にはよくないので、おすすめはしません。

 

それでも実践したい方は、粒子が小さい食用の重曹を用意してください。

そして、大さじ1杯の重曹に水を加えてペースト状にします。

それから、重曹ペーストを肘の黒ずみに塗って、指の腹で優しくマッサージして、黒ずみを落としましょう。

 

最後に、肘の乾燥を防ぐために、保湿力の高いクリームで肘をケアしてくださいね。

 

美容皮膚科のレーザーで黒ずみをとる

肘の黒ずみは、美容クリニックなどでレーザー治療を受けることで、除去することができます。

レーザー治療は、弱いパワーのレーザーを黒ずみに照射することで、皮膚に溜まったメラニンを少しずつ除去していくものです。

レーザーは、上記で紹介した保湿クリームや市販薬、重曹などと比べると、即効性があり、なおかつ綺麗に除去できる可能性も高いです。

 

ただし、レーザーは2周間に1回くらいの頻度で5~10回施術を受ける必要があり、時間がかかります。

さらに、色素沈着や色素脱失(メラニンが抜けすぎて白っぽくなる)、肌荒れなどの副作用が起こる恐れもあります。

その上、1回あたりの料金が約1万~3万と高いこともネックですね。

 

肘の黒ずみは、女性にとって重大問題ですけど、数万円も支払うのは負担が大きすぎますよね。

 

保湿力と美白力の高い黒ずみ対策化粧品でケアする

肘の黒ずみを早く治すには、保湿力と美白力が高い黒ずみケア化粧品を使うといいです。

まず、保湿力の高い化粧品を肘に塗ることで、お肌の乾燥を防ぎ、お肌の潤いをキープすることで、ターンオーバーを正常に整えます。

これにより、肘に溜まった黒ずみを古い角質とともにスムーズに排出できるようにします。

 

そして、美白力が高い化粧品を使うことで、肘にメラニンが蓄積するのを防いで、これ以上黒ずみが悪化するのを食い止めます。

さらに、メラニンの排出を促すことで、黒ずみを薄くしていきます。

 

このように、保湿力と美白力が高い化粧品を使うことで、効率よく黒ずみを薄くしていくことができますね。

ちなみに、上で紹介したクロキュアEXは、古い角質を除去したり、ターンオーバーを促すことで、黒ずみケアに効果があります。

しかし、尿素が配合されているので、お肌への負担が大きく使い続けることが難しいのです。

 

そこで、保湿力と美白力が高く、なおかつお肌に優しい黒ずみ対策化粧品を選ぶことが大切ですね。

次の項では、実際に肘の黒ずみによく効く黒ずみケア化粧品を紹介します。

 

肘の黒ずみを取る美白クリームなら、コスパのいいピューレパールがおすすめ

上で説明したように、肘の黒ずみは保湿力と美白力が高い化粧品でケアすることで、綺麗に治すことができます。

ここで、肘の黒ずみ対策化粧品は、市販品がいくつかありますが、その中で最もコスパがよくて、効果の高い成分が配合されているのがピューレパールという黒ずみ美白ジェルクリームです。

 

ピューレパールは累計販売数が20万本を突破している人気の黒ずみケア美白ジェルです。

 

このピューレパールは、4年連続でモンドセレクション銀賞を受賞し、世界からその品質の高さが認められています。

また、雑誌のベストビューティーアワードに選ばれるなどして、今最も注目されている黒ずみケアジェルですね。

 

ピューレパールが一般の黒ずみケア化粧品と異なるのは、保湿効果と美白効果が圧倒的に高いという点です。

ピューレパールには、最強の保湿成分と称されるセラミドが配合されているので、肘の乾燥を防いで、潤いのあるお肌へと導いていきます。

そして、脇の下が水分をたっぷり含んで潤った状態になることで、滞っていたターンオーバーが正常に行われるようになるため、黒ずみ(メラニン)の排出が促されます。

さらに、ピューレパールにはプラセンタという美白有効成分が配合されています。

プラセンタは、メラニンの生成を抑えることで、これ以上黒ずみが悪化するのを食い止めてくれます。

また、メラニンの排出を促す作用もあるので、肘に溜まったメラニンをどんどん排出させて、綺麗な肌色の脇へと導きます。

なお、ピューレパールはお肌によくない成分が配合されていないので、クロキュアEXと異なり、肌に優しいのも嬉しいですね。

このように、ピューレパールは、保湿力と美白力が高く、お肌に優しいため、黒ずみケアに最適な化粧品と言えますね。

 

そして、実際にピューレパールを使った女性からは、こんな声が聞かれます。

 

また、ピューレパールはリピート率が98.1%と非常に高く、黒ずみに悩む女性たちがずっと使い続けたいようですね。

 

なお、ピューレパールのレビューは公式ページにも掲載されているので、顔写真がついた信頼性の高い口コミが知りたい方は公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒ピューレパールの顔出しレビューを確認してみる

夏限定ボトルバナー

 

ちなみに、ピューレパールは通常価格が7600円(税抜)ですが、公式ページから購入する場合は初回限定で2750円(税抜)で手に入れることができます。

もちろん、送料無料です。

さらに、契約しばりもなくて、電話1本でいつでも解約することができます。

 

容量は60g(約1ヶ月分)なので、1日あたり約92円で肘の黒ずみを薄くしていくケアができますね。

 

さらにさらに、お肌が弱い女性のために、ピューレパールには永久返金保証制度がついているので、万が一、肌に合わなかった場合は、初回分の商品代金を返金してもらえます。

 

もし、あなたが肘の黒ずみに悩んでいるなら、ピューレパールで美白ケアして、元の綺麗な肘を取り戻しませんか。

公式ページ⇒ピューレパールの詳細をチェックしてみる

夏限定ボトルバナー

 

 

肘の黒ずみのまとめ

肘の黒ずみはメラニンの蓄積が原因です。

肘は、摩擦や刺激によるダメージを受けやすい部位なので、日常のちょっとした動作でお肌にダメージが蓄積して、その結果メラニンが過剰に生成されてしまいます。

そして、お肌の乾燥などが原因でメラニンの排出が滞ると、黒ずみとして皮膚に残ってしまうのです。

 

なお、肘の黒ずみには、次のような方法が効果的です。

  1. ニベアなどの市販の保湿クリームでケアする
  2. クロキュアEXなどの医薬品(市販薬)でケアする
  3. 重曹で汚れや古い角質を落とす
  4. 美容皮膚科のレーザーで黒ずみをとる
  5. 保湿力と美白力の高い黒ずみ対策化粧品でケアする

 

薄い黒ずみであれば、保湿力の弱いニベアでも綺麗に治せるかもしれませんね。

クロキュアEXや重曹も効果があることはあるのですが、お肌への負担が大きいので、おすすめはしません。

また、美容クリニックのレーザーは即効性が高いのですが、副作用と料金が高いことがネックになりますね。

 

黒ずみに効果が高くて、現実的なケア方法としては、やはり保湿力と美白力の高い黒ずみ対策化粧品でケアすることに落ち着くのではないかと思います。

肘をしっかりと保湿してあげることでターンオーバーを促し、黒ずみの排出を早めます。

そして、美白成分の働きによって、肘の黒ずみの排出を促してあげます。

 

ちなみに、黒ずみ対策化粧品では、ピューレパールという美白ジェルが、肘や膝の黒ずみに悩む女性から人気ですよ。

公式ページ⇒ピューレパールの詳細をチェックしてみる

夏限定ボトルバナー

sponsored link