化粧水

イプサ化粧水はニキビ跡に効果なし!成分分析で落とし穴が判明!

伊勢丹や大丸、三越などの化粧品売り場でよく見かけるイプサの化粧水。

「多少値段は高くても、本当にいい化粧品を使って、もっと綺麗になりたい」と考えている美意識の高い女性なら、やっぱり気になりますよね。

 

そんなイプサ化粧水では、ザ・タイムRアクアなどのニキビケア化粧水の人気が高いです。

なので、「ニキビを治して、スベスベした綺麗な肌にしたい」と思っているなら、イプサの化粧水でケアしようと考えているかもしれません。

 

ただ、イプサの化粧水は、お肌によくない成分が入っているので、ニキビを悪化させて、今よりブツブツを増やしてしまう恐れがあります。

それに、ニキビ跡の色素沈着(茶色いシミ)に効果的な成分が入っていないんです。

イプサ化粧水の成分をチェックしていると、こんな落とし穴が見つかったので、この記事で詳しく説明しますね。

 

あっ、ちなみに、ニキビを根絶させたいのであれば、楽天で1位を獲得し、ミスユニバースジャパン公認化粧品にも認定されたテアテというニキビケア化粧水をチェックしてみてください。

イプサ化粧水がニキビ跡の色素沈着に効かないたった1つの理由

まず、イプサの化粧水は、ニキビ跡の茶色いシミ(色素沈着)に効果的なプラセンタビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合されていません。

そのため、ニキビ跡の色素沈着を薄くしたり、消したりする効果は期待できないんです。

 

なお、プラセンタやビタミンC誘導体といった成分は、シミの元となるメラニンの排出を促す働きがあるので、シミのケアに効果的な成分として知られています。

もし、あなたがニキビ跡のシミに悩んでいるなら、プラセンタやビタミンC誘導体が配合された美白化粧品(医薬部外品)を使った方がいいですね。

 

ちなみに、ニキビ跡の色素沈着を綺麗に治したい方は、こちらの記事を読んでみてください。

関連記事⇒1年以上消えないニキビ跡の色素沈着を綺麗に治す方法はこちら!

 

イプサ化粧水の成分分析の結果|お肌を乾燥させる成分が・・・

 

今回は、イプサ化粧水のうち、以下のアイテムの成分解析を行っています。

  1. ザ・タイムRアクア
  2. クリアアップローション1
  3. クリアアップローション2
  4. ザタイムリセット マイクロミスト
  5. プレミアライン ローションセラム
  6. ME(メタボライザー)

では、順番に成分を見ていきましょう!

 

ザ・タイムRアクアの成分評価|保湿力はまずまず!肌に悪い成分には注意を!

ザ・タイムRアクアの全成分がこちらです。

有効成分:トラネキサム酸,グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分:アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,シャクヤクエキス,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ソルビット液,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,1,3-ブチレングリコール,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ノバラエキス,マヨラナエキス,テンチャエキス,フェノキシエタノール

  :保湿成分
  :界面活性剤
  :肌に悪い成分

ザ・タイムRアクアの良い点

ザ・タイムRアクアは医薬部外品で、有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムトラネキサム酸が配合されています。

まず、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があるので、ニキビの炎症を鎮めて赤みを抑えてくれますね。

 

そして、トラネキサム酸は、肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミによく効く成分です。

他にも、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、シミ予防にも効果的ですよ。

 

次に、ザ・タイムRアクアには、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムという保湿効果に優れた成分が配合されています。

この成分は、お肌にしっかり吸着して、水分を保持することで、乾燥を防いでくれます。

というわけで、ザ・タイムRアクアはニキビケアやシミ予防に役立つ化粧水であり、まずまずの保湿効果が期待できますね。

 

ザ・タイムRアクアの悪い点

ザ・タイムRアクアの悪い点は2つあります。

1つは、美容成分のお肌への浸透性を高めるために、界面活性剤(ピンク色で示した成分)が配合されている点です。

界面活性剤は、水分と油分のように混ざりにくいものを混ぜ合わせる働きがあります。

ただ、界面活性剤は配合量や配合数が増えると、お肌への負担が大きくなります

 

ザ・タイムRアクアの場合、3種類もの界面活性剤が使われているので、赤く腫れたニキビができていたり、ニキビ跡の赤みが残っているような敏感なお肌には刺激になることがあります。

 

そして、もう1つの悪い点は、お肌に良くないジプロピレングリコールという成分が入っていることです。

ジプロピレングリコールは、目や肌に刺激を感じる人もいるので、できれば配合されていない商品を選んだ方がいいです。

 

ザ・タイムRアクアの総合評価

最後に、ザ・タイムRアクアの美容効果や安全性の各項目を5点満点で評価すると、このようになります。

・保湿力:3.7

・ニキビへの効果:3.9

・ニキビ跡への効果:3.4

・低刺激性:2.5

なので、これらの平均をとると、ザ・タイムRアクアの総合評価は3.4点です。

 

ザ・タイムRアクアは、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムが入っているので、保湿力はやや高めです。

また、抗炎症作用のある成分が含まれているので、赤く腫れたニキビを抑えてくれます。

ただし、ニキビ跡をケアしてくれる成分は入っていないので、ニキビ跡への効果は低いです。

 

あと、界面活性剤が3種類も含まれていたり、お肌によくないジプロピレングリコールも入っているので、ニキビ肌には負担が大きいですね。

こういった皮膚への刺激性が強い化粧水を使い続けていると、ニキビを悪化させてしまう恐れがあるので、お肌の弱い人は避けた方が無難かと思います。

 

ちなみに、お肌に優しくて、ザ・タイムRアクアよりニキビケアに効果的な化粧水を使いたいのであれば、95.4%がすっぴん肌に自信を持てるようになったテアテという化粧水をチェックしてみてください。

クリアアップローション1の成分評価|肌を乾燥させる成分配合!

クリアアップローション1の全成分はこちらです。

成分;水,DPG,エタノール,ジメチコン,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,グリセリン,BG,ベタイン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,キサンタンガム,ヒドロキシプロピルシクロデキストリン,キシリトール,ラウリルベタイン,アセチルヒアルロン酸Na,ベヘニルアルコール,バチルアルコール,カルボマー,EDTA-2Na,水酸化K,イソステアリン酸,(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー,フェノキシエタノール,安息香酸Na

  :保湿成分
  :肌に悪い成分
  :油分

クリアアップローション1の良い点

この化粧水の良い点は2つあって、1つは、キシリトールという清涼感のある保湿成分が配合されているため、さっぱりとしていて使用感がいいですね。

もう1つは、オレンジ色で示したように油分が配合されていることです。

油分は、肌を柔らかくしたり、肌を保護したり、滑らかに整えたりする働きがあります。

 

ただし、油分はアクネ菌の栄養となるので、ニキビができているときは油分が入った化粧品は避けたいものです。

 

クリアアップローション1の悪い点

さて、クリアアップローション1の悪い点は、肌に悪い成分が2つ入っていることです。

問題の成分は、赤色で示したDPGエタノールです。

 

まず、DPGは、ザ・タイムRアクアにも配合されているいわくつきの成分ジプロピレングリコールのことです。

化粧品の成分は、基本的に配合量の多い順に記載されているので、水に次いで配合量が多い成分がDPGということです。

 

目や肌への刺激が懸念される成分が水の次に多く配合されている・・・。

この時点で”ヤバイ”ですよね。

 

続いて、DPGの次に配合量が多い成分がエタノールです。

エタノールは揮発性が高くて、蒸発することで清涼感を演出してくれるため、化粧水によく配合される成分です。

 

ただ、エタノールは蒸発するときに周りの水分も一緒に持っていってしまうので配合量が多くなると、肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

お肌が乾燥すると、皮膚表面に角質が堆積していくので、毛穴の出口が狭くなり、皮脂や古い角質が詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなるんです。

 

だから、ニキビ肌で悩んでいるなら、こういった界面活性剤の配合数が多い化粧水は避けたいところですね。

 

クリアアップローション1の総合評価

最後に、クリアアップローション1の各項目を5点満点で評価すると、このようになります。

・保湿力:3.7

・ニキビへの効果:2.5

・ニキビ跡への効果:2.5

・低刺激性:2.0

なので、これらの平均をとると、クリアアップローション1の総合評価は2.7点です。

 

ザ・タイムRアクアと同様に保湿力はやや高めですね。

ただ、お肌への負担が大きいので私なら絶対使いたくないです。

 

クリアアップローション2の成分評価|ニキビケアに効果なし!

クリアアップローション2の全成分はこちら。

成分;水,シクロペンタシロキサン【溶剤】,DPG,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,グリセリン,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,ベタイン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,キシリトール,PCA-Na,ブドウ種子油,アセチルヒアルロン酸Na,ラウリルベタイン,EDTA-2Na,クエン酸Na,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,クエン酸,イソステアリン酸,フェノキシエタノール,メチルパラベン,安息香酸Na

  :保湿成分
  :肌に悪い成分
  :油分

クリアアップローション2の良い点

まず、クリアアップローション2は、クリアアップローション1の進化版です。

ただ、成分を見る限り、保湿効果や美肌効果において、大きな差はありませんね。

アセチルヒアルロン酸Naが配合されているので、保湿力はまずまずと言えます。

 

また、クリアアップローション1で問題になっていたエタノールは姿を消しています。

 

クリアアップローション2の悪い点

クリアアップローション2は1の改良版ですが、DPGは相変わらず配合されていますし、配合量で3位に入っています。

そのため、肌への刺激性が気がかりなところですね。

 

クリアアップローション2の総合評価

最後に、クリアアップローション2の効果や安全性を5点満点で評価すると、このようになります。

・保湿力:3.7

・ニキビへの効果:2.2

・ニキビ跡への効果:2.5

・低刺激性:2.5

なので、これらの平均をとると、クリアアップローション2の総合評価は2.7点です。

こちらもクリアアップローション1と同様に、ニキビやニキビ跡への効果は薄いですね。

 

ザタイムリセット マイクロミストの成分評価|肌に悪い3つの成分に注意!

ザタイムリセット マイクロミストの全成分はこちらです。

水,エタノール,グリセリン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ヒドロキシプロピルシクロデキストリン,ポリクオタニウム-51,カミツレ花エキス,ラベンダー油,チャエキス,DPG,PEG/PPG-30/10ジメチコン,クエン酸Na,BG,クエン酸,メタリン酸Na,トコフェロール,フェノキシエタノール

  :保湿成分
  :肌に悪い成分

ザタイムリセット マイクロミストの良い点

この化粧水は、ポリクオタニウム-51という水分保持力の強い成分が入っているので、保湿力が高めです。

 

ザタイムリセット マイクロミストの悪い点

ザタイムリセット マイクロミストは、エタノールラベンダー油DPGという肌に悪い成分が3つ入っています。

 

まず、エタノールは配合量が多いので、お肌を乾燥させるリスクが高いです。

次に、ラベンダー油は芳香性のある成分で癒やしの効果が期待できますが、アレルギー性に懸念がある成分です。

そして、イプサではおなじみのDPGも入っていますね。

 

ザタイムリセット マイクロミストの総合評価

最後に、ザタイムリセット マイクロミストの効果や安全性を5点満点で評価すると、このようになります。

・保湿力:3.9

・ニキビへの効果:2.2

・ニキビ跡への効果:2.5

・低刺激性:2.0

なので、これらの平均をとると、ザタイムリセット マイクロミストの総合評価は2.7点です。

 

プレミアライン ローションセラムの成分評価|保湿力が弱い!

プレミアライン ローションセラムの全成分はこちらです。

水,DPG,グリセリン,エタノール,ベタイン,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,BG,PEG-6,PEG-32,2-O-エチルアスコルビン酸,PEG-90M,ヒドロキシプロリン,ラウリルベタイン,セリン,アルギニンHCl,酢酸トコフェロール,ミシマサイコ根エキス,クララエキス,ポリ-γ-グルタミン酸Na,ギョリュウエキス,水添ポリデセン,PEG-30ダイズステロール,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,クエン酸Na,EDTA-2Na,セスキオレイン酸ソルビタン,クエン酸,シリカ,BHT,トコフェロール,フェノキシエタノール,安息香酸Na,メチルパラベン

  :保湿成分
  :肌に悪い成分
  :美肌成分

プレミアライン ローションセラムの良い点

まず、この化粧水には、2-O-エチルアスコルビン酸という美肌成分が配合されています。

2-O-エチルアスコルビン酸は、ビタミンC誘導体と呼ばれていて、ニキビやシミ、シワなど様々な肌トラブルを引き起こす活性酸素にアプローチしてくれる優秀な美肌成分です。

そのため、エイジングケア化粧品によく配合されますね。

 

プレミアライン ローションセラムの悪い点

プレミアライン ローションセラムは、肌に悪いDPGエタノールの配合量が多いので、肌負担の大きな化粧水ですね。

それと、この化粧水には保湿力の高い成分が配合されていません。

そのため、肌の乾燥対策として使うのは、やめておいた方がいいでしょう。

 

プレミアライン ローションセラムの総合評価

プレミアライン ローションセラムの効果や安全性を5点満点で評価すると、このようになります。

・保湿力:3.0

・ニキビへの効果:3.0

・ニキビ跡への効果:3.0

・低刺激性:2.0

なので、これらの平均をとると、プレミアライン ローションセラムの総合評価は2.8点です。

繰り返しになりますが、この化粧水には、保湿力の高い成分が入っていないので、ここまで紹介してきたイプサの化粧水と比べると、保湿効果が弱いです。

 

ME(メタボライザー)の成分評価

メタボライザーは、化粧水よりもしっとり感の強い”化粧液”に分類されるので、正確に言うと化粧水ではありません。

ただ、化粧水に近いサラサラした使用感があり、イプサ化粧品の中でも非常に人気が高いアイテムです。

 

もし、あなたが、メタボライザーの使用を検討しているなら、以下の記事で成分や美容効果を詳しく説明しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事⇒イプサメタボライザー全17商品の成分評価やニキビへの効果、使い方|手でつけるのがベスト!刺激性の強い成分には注意しよう

 

イプサ化粧水のまとめ

イプサ化粧水の成分評価を行うと、5点満点中2.4~3.4点という結果になり、お世辞にも美容効果が高い化粧水とは言い難いです。

ただ、イプサ化粧水の良い点を挙げるなら、消炎成分・グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものは、ニキビの炎症を鎮めてくれるので、ニキビケアに一定の効果が期待できることです。

 

反対に悪い点は、イプサ化粧水にはニキビ跡の茶色いシミのケアに有効な成分は入っていないので、ニキビ跡への効果は期待できません

それに、ジプロピレングリコールなどのお肌によくない成分が含まれています。

 

また、界面活性剤の配合数が多いので、敏感なニキビ肌にとっては、負担が大きいです。

そのため、返ってニキビを悪化させたり、お肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

さすがに、ニキビを悪化させる恐れのある化粧水なんて、誰も使いたくないですよね。

 

ちなみに、もし、あなたが「ニキビを今すぐ治したい」と考えているなら、楽天で1位を獲得し、ミスユニバースジャパン公認化粧品にも認定されたテアテというニキビケア化粧水をチェックしてみてください。

このテアテは、使用者の満足度が95.4%と非常に高く、今SNSで話題のニキビケア化粧水です。

 

「ニキビのせいで自分の肌に自信が持てず、メイク無しでは夜にコンビニに行くのも抵抗がある」と嘆いていた20代の女性が、今では毎日鏡を眺めては、肌をぷにぷにして思わず笑みがこぼれてしまう・・・。

こんなふうに、大嫌いだったすっぴん肌に自信が持てるようなった女性が続出しています。

 

なので、もしあなたが、髪の毛やマスクでニキビをこそこそ隠しているなら、今すぐテアテをチェックしてみてください。

公式ページ⇒満足度95.4%!つるスベの美肌になれるテアテをチェックしてみる

ちなみに、このテアテは1ヶ月分の容量100mlが、初回1980円から試せます。

つまり、テアテを使うと、1日あたり約66円から効果の高いニキビケアを行うことができますよ。

 

肌活30が厳選した化粧水ランキング

関連記事⇒ニキビケア化粧水ランキングTOP3|繰り返すニキビを根絶!

 

関連記事⇒最強の保湿化粧水ランキングTOP3|お肌のぷるんぷるんに潤すのはコレ!

 

関連記事⇒ニキビ跡ケア化粧水ランキングTOP3|茶色いシミやみかん肌に悩む女性は要チェック!

ニキビを根絶させたいあなたが今すぐ読むべき記事

関連記事⇒ニキビを根絶させる方法|知っているようで実は知らない正しいニキビの治し方を解説

 

関連記事⇒アルビオン化粧水の成分に落とし穴|毛穴やニキビ跡に効果はあるのか

sponsored link