クリーム

菊正宗クリームの成分解析や効果、使い方|ニキビができないか心配!

日本酒のほのかな香りに癒やされる菊正宗のクリーム。

プチプラなのに最強の保湿成分・セラミドが配合されているとのことで、肌が乾燥気味の私は以前から気になっていました。

そこで、今回は菊正宗クリームの成分解析や効果、使い方についてまとめておきます。

 

また、次のような疑問にもお答えしていきますね。

「菊正宗クリームは、お肌に悪い成分が入っていないか気になる」

「このクリームを使ったら、ニキビができないか心配」

「ニキビに効果的な成分は入っているのかな?」

 

ちなみに、あなたが頬のカサカサで悩んでいるなら、あの女性タレントがこっそり使っているクラウンセルクリームという高保湿クリームをチェックしてみてください。

菊正宗クリームの成分解析や効果

まず、菊正宗クリームの全成分はこちらです。

水、グリセリンミネラルオイル、セタノール、ステアリン酸グリセリルステアリルアルコールコメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシンセラミドEOP、セラミドNP、セラミドAPプラセンタエキスアルブチン、グリチルリチン酸2Kコメヌカ油、コメ胚芽油、ホホバ種子油、スクワラン、プロパンジオール、ジメチコン、コレステロール、フィトスフィンゴシンラウロイルラクチレートNa、トコフェロール、セテス-20、ステアレス-20、ステアリン酸PEG-75、カルボマー、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、香料

  :保湿成分
  :油分
  :美肌成分
  :界面活性剤

菊正宗クリームの良い点

菊正宗クリームの良い点は、次の2つです。

  1. プチプラの中では保湿力が高い
  2. お肌を清潔に保つ

プチプラの中では保湿力が高い

菊正宗クリームは、最強の保湿成分・セラミドが配合されているので、お肌の潤いをキープする効果が高いです。

※菊正宗クリームは、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAPという3種類のセラミドを含む。

セラミドは非常に強い水分保持力がある成分で、お肌の潤いを維持し、乾燥を強力に防ぐ働きがあります。

また、セラミドは、角層になじんで隙間を埋めることで、バリア機能を強化して、お肌の防御力を高めてくれます。

 

お肌を清潔に保つ

菊正宗クリームは、グリチルリチン酸2Kという消炎作用のある成分が配合されているので、肌荒れを防いで、お肌を健康な状態に保ってくれます。

 

菊正宗クリームの悪い点

悪い点は、次の2つです。

  1. お肌への負担がやや気がかり
  2. セラミドの配合量が少ない恐れがある

お肌への負担がやや気がかり

菊正宗クリームは、界面活性剤の配合数が多いので、お肌への負担が懸念されます。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがある成分をいいます。

クリームのように、水性の成分と油性の成分が混在している化粧品をつくる際には必須の成分ですね。

 

ただし、界面活性剤は配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなります。

菊正宗のクリームは、界面活性剤を5種類も含んでいるため、お肌に優しいとはいい難いですね。

セラミドの配合量が少ない恐れがある

セラミドは原価の高い成分であり、化粧品に配合した場合は、1ヶ月分の容量3000~1万円が相場となります。

しかし、菊正宗のクリームは、150gで1015円という異常な安さとなっています。

 

そのため、セラミドの配合量が微量である恐れがあります。

セラミドの配合量が少ない場合は、当然ながら本来の水分保持効果やバリア機能の底上げ効果は期待できません。

こんな人が使うといい

菊正宗のクリームは、プチプラで保湿力の高いものを使いたい方にピッタリですね。

ただし、お肌への負担がやや気がかりなので、敏感肌の人は気をつけてください。

 

菊正宗クリームはニキビに効果ある?

菊正宗クリームは医薬部外品ではないので、ニキビを治すことはできません。

ただし、グリチルリチン酸2Kという消炎成分が配合されているので、肌荒れを防いで、お肌を清潔な状態に整えてくれます。

菊正宗クリームに美白効果はあるのか?

菊正宗クリームは、プラセンタエキスやアルブチンといった美白成分が配合されています。

そのため、美白効果を期待してしまうかもしれませんが、このクリームは医薬部外品ではないので、シミを薄くするほどの美白効果はありません。

 

菊正宗クリームの使い方

菊正宗クリームは、セラミドが配合されているので、洗顔後のお肌に一番最初につけた方がいいです。

先に角層にセラミドクリームをしっかりと塗り込んでおくことで、セラミドが後につける化粧水の水分を捕まえて保持してくれます。

 

もちろん、菊正宗クリームだけで保湿しきることができればベストですが、おそらくセラミドの配合量が少ないので、冬場のように乾燥しやすい時期は、このクリームだけで乾燥を防ぐのは難しいかもしれません。

菊正宗クリームの口コミを検証

ここでは、菊正宗クリームの口コミをいくつか紹介します。

 

「バリア張ってる感じ」とのことですが、菊正宗のクリームは、セラミドが配合されているので、実際にお肌のバリア機能をサポートしてくれます。

→菊正宗のクリームは、収れん成分が配合されていないので、毛穴開きに対する即効性はありません。

ただし、お肌が潤うことで、お肌にハリが出て引き締まるので、乾燥による毛穴開きは改善できるかもしれません。

 

反対に、お肌が乾燥していると、肌のハリや弾力が失われて、たるんでしまうので、毛穴が開いて目立ちます。

また、肌のキメも荒くなるので、余計に毛穴が目立ってしまいます。

だから、毛穴開きが気になる方は、保湿力の高い化粧品でケアしてみるといいですよ。

→菊正宗クリームの最大の欠点は、日本酒のような独特の匂いですね。

プチプラとしては、成分的に優秀なのですが、匂いが嫌いな人は使えませんね。

→成分解析の項でも説明したように、菊正宗クリームには、最強の保湿成分・セラミドが配合されています。

だから、本来は圧倒的な保湿力が期待できるはずです。

 

ただ、原価の高いセラミドが配合されているのに、菊正宗のクリームは、150gで1015円という異常な安さが気になりますね。

セラミド化粧品の相場は、1ヶ月分の容量で3000~1万円ですから。

そのため、セラミドによる保湿力は期待しない方がよさそうです。

 

菊正宗クリームの成分や効果、口コミのまとめ

菊正宗のクリームは、セラミドが配合されているので、本来は高い効果が期待できるはずです。

しかし、価格が適正な範囲から外れているので、セラミドの配合量はごく微量である恐れがあります。

そのため、セラミドによる保湿効果やバリア機能の底上げ効果にはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

また、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されていますが、菊正宗クリームは医薬部外品ではないので、赤く腫れたニキビの炎症を抑える効果はありません。

さらに、このクリームに配合されているコメヌカ油という油脂は、肌の上で分解して刺激になったり、ニキビの原因になったりするので、ニキビで悩んでいる方は、このクリームは使わない方がいいでしょう。

 

ちなみに、あなたが頬の乾燥に悩んでいて、コスパのいい保湿クリームを探しているなら、セラミドがたっぷり配合されたクラウンセルクリームという高保湿クリームの方が、菊正宗より高い保湿効果が期待できますよ。

公式ページ→あの女性タレントも愛用する高保湿クリームはこちら

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使い方まとめ|セラミド配合で保湿力は抜群!私が実際に使った感想も紹介

sponsored link