化粧水

ケシミン化粧水の成分評価やニキビ跡への効果|ニキビケアに効果的な抗炎症成分配合!



sponsored link


「シミがなければもっといい肌!」というキャッチコピーでお馴染みの小林製薬の美白化粧水・ケシミン。

ケシミンという名前からして、シミを消してくれそうな印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では、小林製薬のケシミン化粧水の成分評価や効果について説明します。

 

「ケシミン化粧水はニキビ跡のシミに効果あるの?」

「赤く腫れたニキビの炎症を抑えてくれるのかな」

「肌が弱いからお肌に悪い成分が入っていないか気になる」

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに、シミによく効く化粧水を探しているなら、医学誌で紹介された実績があるシミトリーという化粧水が進化したオールインワンジェルをチェックしてみてください。

 

ケシミン化粧水の成分評価や効果

ケシミンの化粧水には、ケシミン化粧水A(しっとりもちもち肌)とケシミン化粧水B(さっぱりすべすべ肌)の2種類があるので、それぞれの成分を評価します。

 

ケシミン化粧水A(しっとりもちもち肌)の成分評価

まず、ケシミン化粧水A(しっとりもちもち肌)の全成分はこちらです。

有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸2K

その他の成分:ヒアルロン酸Na-2プルーン酵素分解物、ホオノキ抽出液、精製水、濃グリセリン、BGDPG、水酸化K、POE硬化ヒマシ油、イソステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、クエン酸Na、EDTA-2Na、クエン酸、エタノール、フェノキシエタノール、パラベン

ケシミン化粧水は医薬部外品なので、有効成分としてL-アスコルビン酸 2-グルコシドとグリチルリチン酸2Kが配合されています。

L-アスコルビン酸 2-グルコシドはビタミンC誘導体と呼ばれる美白有効成分です。

このビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニンの生成をブロックしたり、メラニンの排出を促したり、メラニンを分解する作用があります。

そのため、日焼けによるシミやそばかす、ニキビ跡の色素沈着などのケアにはピッタリの成分です。

 

グリチルリチン酸2Kは強い抗炎症作用があるので、ニキビを鎮めたり、予防したりするのに効果を発揮します。

続いて、水色で示したものは保湿成分であり、水分を保持することで肌の乾燥を防ぐ働きがあります。

ケシミン化粧水にはヒアルロン酸Na-2という水分を大量に抱えてキープする成分が配合されているので、保湿力は高めです。

 

最後に、赤色で示したDPGとエタノールはお肌によくない成分です。

DPGは皮膚刺激性が懸念される保湿成分です。

エタノールは皮膚刺激性やアレルギー性に難のある成分です。

 

というわけで、上記の成分解析の結果より、以下の4つの指標にて、ケシミン化粧水をMAX5つ星で評価すると、このようになります。

 

・美白効果:3.5

・ニキビケア効果:3.5

・保湿力:3.5

・低刺激性:2

 

ケシミン化粧水は医薬部外品であり、美白有効成分や抗炎症成分が配合されているので、美白効果やニキビケア効果は高めです。

また、水分保持力の強いヒアルロン酸が入っているので、保湿力も比較的高い評価を与えています。

ただ、お肌に悪い成分が2つ入っているので、低刺激性ではやや不安がありますね。

 

ケシミン化粧水B(さっぱりすべすべ肌)の成分評価

ケシミン化粧水B(さっぱりすべすべ肌)の全成分はこちらです。

有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸2K

その他の成分:ヒアルロン酸Na-2、プルーン酵素分解物、ホオノキ抽出液、精製水、濃グリセリン、エタノール、DPG、水酸化K、クエン酸Na、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、パラベン、BG、クエン酸

まず、ケシミン化粧水Bでは、有効成分や保湿成分はAと同じものが配合されています。

そのため、美白効果やニキビケア効果、保湿効果はほぼ同じと考えて差し支えないでしょう。

 

なお、ケシミン化粧水Aとケシミン化粧水Bの成分的な違いと言えば、赤文字で示したように界面活性剤の種類が異なることです。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる働きがあり、浸透効果、保湿効果、柔軟効果など様々な目的で化粧品によく配合される成分です。

POE・POPデシルテトラデシルエーテルは低刺激性な界面活性剤なので、お肌への負担は小さいです。

 

ちなみに、ケシミン化粧水Aに配合されたPOE硬化ヒマシ油やイソステアリン酸POE(20)ソルビタンといった界面活性剤も低刺激です。

このように、ケシミン化粧水Aとケシミン化粧水Bはどちらも低刺激な界面活性剤が使われているので、低刺激性の評価も変わりません。

 

以上から、ケシミン化粧水Bは、ケシミン化粧水Aと同じ総合評価となります。

・美白効果:3.5

・ニキビケア効果:3.5

・保湿力:3.5

・低刺激性:2

両者の違いを上げるなら、使用感くらいですね。

さっぱりした使用感が好きな人はBを、しっとりした使用感を好むならAを選ぶといいでしょう。

 

ケシミン化粧水のまとめ

ケシミン化粧水は医薬部外品であり、優秀な美白有効成分・ビタミンC誘導体が配合されているので、シミのケアに役立ちます。

ただし、この化粧水は、すでにできたシミを消すためではなく、あくまでシミができないように予防する目的で使った方がいいです。

ケシミン化粧水を使うことで、新たなシミを予防し、すでにできたシミについては保湿ケアによってターンオーバーを整えることで、スムーズに排出させていきましょう。

 

もし、あなたがシミによく効く化粧水を探しているなら、芸能人が密かに使っているシミトリーというオールインワンジェルをチェックしてみてください。

薬用シミトリー

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒SimiTRY(シミトリー)の評判や成分評価まとめ|美白有効成分アルブチン配合!セラミド配合で保湿力も高い!

sponsored link