クリーム

米肌ccクリームの成分評価|澄肌ホワイトCCクリームは紫外線防御力とカバー効果が抜群!

KOSEの人気ブランド・米肌が出している澄肌ホワイトCCクリームは、1本でベースメイクが全部完了してしまうので、時短ケアしたい女性に人気の美白CCクリームです。

それに、澄肌ホワイトCCクリームはUVカット効果やカバー効果が抜群なので、紫外線を徹底的にブロックしつつも、シミや毛穴をしっかりとカバーして、綺麗なお肌をキープしてくれます。

この記事では、米肌のccクリーム(澄肌ホワイトCCクリーム)の成分評価について説明します。

 

もし、あなたが、今使っているCCクリームでシミや毛穴をうまくカバーできずに困っているなら、公式ページにて、米肌の口コミや効果をチェックしてみてください。

公式ページ⇒米肌の口コミを覗いてみる

澄肌CCクリーム

米肌ccクリームの成分評価や効果|紫外線防御力とカバー効果が優れている

まず、米肌ccクリームの全成分はこちらです。

水・シクロメチコン・メトキシケイヒ酸エチルヘキシルエタノールパルミチン酸オクチル・メチルトリメチコン・ジメチコン・BGジカプリン酸ネオペンチルグリコール・ポリメチルシルセスキオキサン・ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・オレンジ油・グリコシルトレハロース・コメ発酵液・サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液・トコフェロール・加水分解コメヌカエキス・BHT・(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・コハク酸ジエチルヘキシルシリカジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル・ジステアルジモニウムヘクトライト・スクワラン・ステアラルコニウムヘクトライト・セスキオレイン酸ソルビタン・タルク・トリエチルヘキサノイン・トリエトキシカプリリルシラン・ハイドロゲンジメチコン・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン・メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール・ラウリン酸ポリグリセリル-10・塩化Na・加水分解水添デンプン合成金雲母鉄・酸化スズ・水添レシチン・乳酸・乳酸Na・エチルパラベン・フェノキシエタノール・メチルパラベン・マイカ酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄硫酸Ba

保湿成分

水色で示したものは保湿成分です。

保湿成分は、お肌の潤いをキープして乾燥を防ぐ働きがあります。

 

米肌ccクリームには複数の保湿成分が配合されていますが、保湿力の高いものは配合されていません。

なので、お肌の潤いを保つ効果は弱めです。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、お肌を柔らかくしたり、ツヤを出したり、外部の刺激からお肌を守る働きがあります。

 

収れん成分

黄緑色で示したエタノールは収れん作用がある成分です。

エタノールは、お肌を引き締める作用があるので、毛穴を引き締めたり、お肌のキメを整えてくれます。

ただし、エタノールは揮発性が高いので、お肌を乾燥させる恐れもあります。

 

紫外線吸収剤

紫色で示した成分は、紫外線吸収剤です。

まず、日焼け止めに配合される紫外線防止剤には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線の防御力は高いのですが、お肌を乾燥させやすく、まれに刺激が出ることもあります。

 

米肌ccクリームには4種類の紫外線吸収剤が配合されており、SPF50+/PA++++という国内最高レベルの紫外線防御力を誇ります。

ただ、その分、お肌への負担も大きいので注意が必要です。

 

紫外線散乱剤

薄紫色で示した酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄は、紫外線散乱剤です。

紫外線散乱剤は、紫外線の防御力では紫外線吸収剤に劣りますが、お肌への負担はほぼゼロなので、お肌に優しいです。

 

顔料

肌色で示した合成金雲母鉄・酸化スズ・マイカ・硫酸Baは顔料です。

顔料は、メイクアップ効果によって、シミやくすみ、赤みなどの色ムラをカバーして、自然で均一な肌色に仕上げてくれます。

また、お肌に透明感や血色感を演出して、厚ぼったくない仕上がりを実現させます。

 

毛穴カバー成分

黄色で示した(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマーは、毛穴の開きをカバーして、毛穴を目立ちにくくしてくれます。

なので、たるみ毛穴や開き毛穴が気になる方に嬉しい成分ですね。

 

テカリ防止成分

ピンク色で示したシリカは、吸着剤です。

シリカは、皮脂や汗を吸着することで、テカリや毛穴崩れ、ヨレを防ぎます。

そのため、長時間つけていても皮脂ぐすみせず、透明感のあるお肌をキープしてくれます。

 

総合評価

最後に、米肌ccクリームの総合評価について説明します。

 

・紫外線防御力:◎

・カバー力:◎

・テカリ防止:◯

・低刺激性:△

・保湿力:△

 

米肌ccクリームは、紫外線吸収剤が複数配合されているので、UVを防御する効果は高いです。

紫外線をブロックする効果を示す指標は、SPF50+/PA++++と非常に高いので、屋外に長時間いる場合の紫外線対策に適しています。

 

続いて、米肌ccクリームは、シミやくすみ、毛穴開きなどをカバーしてくれる顔料および合成ポリマーが入っているので、カバー力も高めです。

また、皮脂ぐすみや化粧崩れを防いでくれるパウダー成分も含まれているので、顔のテカリやヨレなどを防いで、さらさら肌をキープします。

 

ただし、米肌ccクリームは、お肌を乾燥させる恐れのあるエタノールや紫外線吸収剤が配合されているので、低刺激性には難が残ります。

さらに、保湿力の高い成分が入っていないのもマイナスポイントですね。

紫外線防御力やカバー力は高いので、CCクリームとしては優れているのですが、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめしません。

 

米肌ccクリームの紫外線カット効果やカバー効果について、もっと詳しく知りたい方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒最高レベルの紫外線防御力を誇る米肌ccクリームをチェックしてみる

澄肌CCクリーム

米肌ccクリームのまとめ

米肌ccクリーム(澄肌ホワイトCCクリーム)は、クリーム・日やけ止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダーの6つの役割をたった1本でこなしてくれる美白CCクリームです。

このCCクリームは、紫外線吸収剤が配合されているので、紫外線防御力が高く、SPF50+/PA++++という国内では最高レベルのUVカット機能があります。

そのため、紫外線が強い季節に屋外で長時間作業したり、レジャーに出かける方が使うといいでしょう。

 

また、澄肌ホワイトCCクリームはシミや毛穴のカバー力が高いので、紫外線はしっかりカットしつつも、メイクアップした綺麗なお肌はキープしたいという女性の願いを叶えています。

ただ、米肌ccクリームは、紫外線吸収剤やエタノールが配合されているので、お肌への負担は小さくないです。

なので、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめしません。

澄肌CCクリーム

sponsored link