肌の悩み

妊娠中の脇の黒ずみやシワを消す方法|保湿力と美白力の高い黒ずみケア化粧品を使って、早く黒ずみを排出させよう!

妊娠中の女性の体には、様々な変化が現れますが、脇の下の黒ずみや黒いシワもその一つです。

あの黒ずんだ脇の下を見ると、「もう一生ノースリーブは着れないかも」と絶望的な気持ちになってしまいますよね。

 

でも、ご安心ください。

妊娠中の脇の下の黒ずみや黒いシワは一過性のもので、個人差はあるものの、出産から半年くらいまでには黒ずみが消えて、元通りになるようです。

経験者の言葉をかりるなら、「いつの間にかできていて、いつの間にか消えていた」とのこと。

 

ただ、そうは言っても

「半年も待てない!」

「恥ずかしいから、できるだけ早く黒ずみを消したい」

というのが本音ではないでしょうか。

 

そこで今回は、妊娠中の脇の下の黒ずみや黒いシワを早めに消す方法をお伝えします。

 

妊娠中に脇に黒ずみやシワ(脇にできた黒い線)ができる原因

妊娠中に脇の下が黒ずんだり、黒い線が現れるのは、ホルモンバランスの変化にともなって、黒ずみの元となるメラニンが増加することが原因です。

妊娠時にホルモンバランスが乱れるというのは、よく聞く話ですよね。

 

まず、妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが増えていきます。

そして、これらの女性ホルモンは、メラニンを生み出すメラノサイトという色素細胞を刺激して、メラニンを増加させます。

ここで、メラニンは紫外線から肌を守る日傘のような役割をしています。

しかし、急激に増えると色素沈着を起こしやすくなり、脇の下の黒ずみや黒いシワの原因となります。

 

ちなみに、余談ですが、女性のホルモンバランスの変動は、妊娠時だけでなく、生理中や過度のストレスによっても起こります。

だから、妊娠時以外のときでも、脇の下の黒ずみが悪化することはありますよ。

 

また、ムダ毛処理や毛抜きによって、皮膚が外部から刺激を受けた場合も、メラニンの生成が過剰となって黒ずみ(炎症性色素沈着)が起こりますね。

 

妊娠中の脇の黒ずみやシワはいつ消えるのか?

妊娠中に脇の下が黒ずんでいたり、黒い線が入っているのを見つけると、「もう二度と戻らないんじゃないか」と不安な気持ちになりますよね。

ツイッターを見ると、他のママさんたちも、あなたと同じように、妊娠時の脇の黒ずみで絶望しているようです。

 

 

 

でも、ご安心ください。

妊娠中のメラニンの過剰生成は一時的なものであって、個人差はあるものの、産後半年くらいまでには元の状態に戻ります。

 

出産後しばらくして、ホルモンのバランスが徐々に整っていくことで、メラニンの生成量が通常の状態に戻ります。

そして、お肌のターンオーバーによって、蓄積していたメラニンが古い皮膚とともに体外に排出されていくため、脇の下の黒ずみも薄くなっていきますよ。

 

実際に、知恵袋などで、先輩ママさんのコメントを見ると、妊娠時の黒ずみは、出産後に元通りに治っている例が多いですね。

 

現在、2人目を妊娠中です。
私も今、脇が黒くなってますー(^_^;) ついでに乳首も黒い・・・(笑)

1人目を妊娠中も脇の黒ずみが気になって気になって・・・
もぅ元には戻らないのかも~!?と悲しくなったことがありましたが、
出産後には(すぐではないかも知れませんが)元通りになるので、
心配いりませんよ(^^)

出典:知恵袋

 

治る治る!
いやぁ~、あれは焦った。もうノースリーブが着れない!って思いましたが、
産んでしばらくしたら、元通りに治りましたよ。

出典:知恵袋

 

 

ただ、黒ずみが元通りに治ると聞いても、

「半年も待てないんだけど・・・」

というのが本音ですよね。

 

そこで、次は、妊娠時の脇の黒ずみや黒い線を早く元通りにする方法をお伝えしますね。

 

妊娠中の脇の黒ずみやシワをできるだけ早く消す7つの方法

短期間で妊娠時にできた脇の黒ずみや黒いシワを消すには、次の7つの方法が効果的です。

 

  1. 保湿ケアでターンオーバーを促す
  2. 美白ケアで黒ずみの排出を加速させる
  3. 生活習慣を改善する
  4. ピーリングで余分な角質を除去する
  5. ビタミンやミネラルを摂取して肌の機能を正常に保つ
  6. 紫外線対策を行う
  7. 脇の下を刺激しない

 

保湿ケアでターンオーバーを促す

まず、脇の下の黒ずみや黒い線を早く消すには、保湿ケアが最重要となります。

上で説明したように、黒ずみの元となっているメラニンは、お肌のターンオーバーによって体外に排出されます。

そのため、肌のターンオーバーを促すことができれば、古い皮膚とともに、どんどんメラニンを排泄できるので、黒ずみを早く治すことができるというわけですね。

 

そして、肌のターンオーバーが正常に行われるためには、お肌の水分と油分のバランスがとれて、肌が潤っていることが大切です。

肌が乾燥していると、ターンオーバーが滞ってしまうため、メラニンがいつまでも排出されないため、黒ずみが残ったままになってしまいます。

なので、妊娠時の黒ずみや黒いシワをすぐに綺麗にしたいと考えているなら、まずは脇の下の保湿ケアに留意しましょう。

 

そして、脇の下の保湿ケアを行う際には、保湿力の高い成分がきちんと配合された化粧品を選ぶことが大切です。

これについては、後で詳しく説明しますね。

 

美白ケアで黒ずみの排出を加速させる

美白化粧品の中には、メラニンの排出を促す働きを持った美白成分(プラセンタなど)が配合されているものがあります。

このようなメラニン排出促進が期待できる美白化粧品を使うことで、黒ずみを早く取り除くことができますね。

こちらも後で詳しく説明します。

 

ここでは、「美白化粧品を使うと、黒ずみを早く改善できる」というくらいの認識でいいです。

 

生活習慣を改善する

睡眠不足や過度なストレスは、ホルモンバランスの乱れを招きます。

ホルモンバランスが乱れると、メラノサイトが刺激されてメラニンの生成が促されるので、黒ずみが悪化する原因となります。

 

ただ、妊娠時や出産後は、育児や旦那に対して何かとストレスがたまることも多いので、ストレスを受けないようにするというのは現実的ではありませんよね。

そんなときは、1日のうちで、ふと一息つけるようなリラックスタイムを設けるといいですよ。

 

ピーリングで余分な角質を除去する

ピーリングは、アルファヒドロキシ酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布することで、古い角質を剥がして、肌の新陳代謝を促す美容医療です。

ピーリングにより肌のターンオーバーが促進されるので、脇の下の黒ずみを早く排出することができます。

 

ピーリングは、化粧品でケアする方法よりも即効性は高いのですが、肌への負担が大きかったり、費用もそれなりにかかるので、あまりおすすめはしません。

 

ビタミンやミネラルを摂取して肌の機能を正常に保つ

ビタミンは、皮膚を健康に保つうえで欠かせない栄養素です。

 

例えば、ビタミンであれば、こちらの表に記載したものが特に重要です。

 

種類 主な働き 多く含む食品
ビタミンA ・皮膚や粘膜を正常に保つ
・活性酸素除去
鶏や豚のレバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃなど
ビタミンE ・抗酸化
・肌にハリを出したり、髪をつややかにする
ナッツ類、植物油、うなぎ、かぼちゃなど
ビタミンB2 ・皮膚や粘膜を正常に保つ 豚や牛のレバー、納豆、鶏卵、ブリ、サンマ、牛乳など
ビタミンB6 ・肌荒れを防ぐ にんにく、カツオ、ささみ、サンマ、バナナなど
ビタミンC ・体の老化を防ぐ
・肌を守る
野菜や果物全般

 

このように、ビタミンは、ターンオーバーなどのお肌の働きを正常に保ったり、肌を守る役割があります。

そのため、脇の下の黒ずみを早く治したいのであれば、上記のビタミンを偏りなく摂取するようにしましょう。

 

そして、ミネラルは体内でビタミンと相互に協力し合って働いているので、ミネラルが不足すると、ビタミンの働きが低下してしまいます。

両者を有効に働かせるためにも、ビタミンとミネラルを偏りなく摂取しましょう。

 

紫外線対策を行う

紫外線を浴びると、紫外線からお肌を守るために、メラニンの生成が促されます。

そのため、紫外線はシミや黒ずみの原因になります。

 

「脇の下は直接太陽の光に当たらないから、紫外線対策なんて必要ないでしょ」なんて考えていませんか?

夏は薄着ですし、袖の短い衣類を着用することが多いので、脇の下が無防備になりがちです。

 

そもそも、紫外線は地面から跳ね返った光や、窓ガラスに反射した光にも含まれているので、太陽光を直接浴びていなくても、紫外線は脇の下に当たっています。

だから、日焼け止めクリームを塗るなどして、きちんとUV対策を行なっておかないと、脇の下の黒ずみを悪化させかねませんよ。

 

脇の下を刺激しない

脇の下に刺激が加わると、メラニンが生成されるため、黒ずみが悪化することがあります。

そもそも、脇の下はデリケートな部位の一つなので、日常の何気ない動作でダメージが蓄積しやすいんです。

 

例えば、

「黒ずみが気になるからといって、ゴシゴシと洗う」

「ムダ毛処理を行う」

「制汗スプレーを使う」

「脇汗をかいた状態で放置する」

といったことを行なっていると、脇の下の肌がダメージを受けてしまい、メラニンの過剰生成から黒ずみが悪化することがあります。

 

だから、妊娠時の黒ずみや黒いシワを早く治したい方は、脇の下に刺激を与えることは極力避けるようにしてください。

 

保湿効果や美白効果が高い化粧品を使って、妊娠時の黒ずみを早く治そう!

さて、上でも説明したように、妊娠中の脇の黒ずみや黒いシワを改善するには、保湿ケアや美白ケアが効果的です。

まあ、ピーリングも効果は高いのですが、費用がかさむので、お金持ちの女性以外は現実的な方法ではないでしょうね。

 

反対に、化粧品での黒ずみケアであれば、ピーリングのような即効性はありませんが、保湿効果や美白効果が高い黒ずみケア化粧品を使えば、早い人で1ヶ月くらいで黒ずみが薄くなっていきますよ。

 

ちなみに、最近だと、脇の黒ずみケア化粧品では、ピューレパールという美白ジェルが人気が高いです。

ピューレパールは、4年連続でモンドセレクション銀賞を受賞したり、女性誌のベストビューティアワードに選ばれたりして、今注目度の高い黒ずみケア化粧品です。

 

このピューレパールの特徴は、保湿効果と美白効果が非常に高いことです。

ピューレパールには、最強の保湿成分・セラミドをはじめとして、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿力の高い成分がふんだんに配合されています。

 

そのため、脇の下の潤いをキープして乾燥を防ぎ、ターンオーバーを正常に整えて、黒ずみがスムーズに排出されるようにしてくれます。

また、脇の下の潤いを保つことで、乾燥による小じわを防いで、黒いシワシワをケアします。

 

さらに、ピューレパールには、プラセンタという美白有効成分が配合されていて、高い美白効果が期待できます。

プラセンタは、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えることで、黒ずみが悪化するのを防いでくれます。

また、メラニンの排出を促す働きもあるので、脇の下の黒ずみを効率よく取り除いて、透明感のある元の綺麗なお肌に整えていきます。

 

このように、ピューレパールは、脇の下の黒ずみケアに最適な成分が配合されているので、黒ずみに悩んでいる女性にピッタリですね。

なお、ピューレパールのリピート率は98.1%と非常に高く、実際に黒ずみに悩む女性たちからの支持が厚いです。

ピューレパールの公式ページには、脇の下の黒ずみの悩みから開放された女性のレビューが掲載されているので、まずは公式ページをチェックしてみてください。

 

公式ページ⇒ピューレパールの顔出しレビューを確認してみる
脇訴求

ちなみに、ピューレパールは通常価格が7600円(税抜)ですが、公式ページから購入する場合は初回限定で2750円(税抜)で手に入れることができます。

もちろん、送料無料です。

さらに、契約しばりもなくて、電話1本でいつでも解約することができます。

 

さらにさらに、お肌が弱い女性のために、ピューレパールには永久返金保証制度がついているので、万が一、肌に合わなかった場合は、初回分の商品代金を返金してもらえます。

もし、あなたが、妊娠中の脇の下の黒ずみや黒いシワで悩んでいるなら、ピューレパールで美白ケアをして、透明感のある綺麗な脇を取り戻してみませんか。

公式ページ⇒ピューレパールの詳細をチェックしてみる

脇訴求

妊娠中の脇の黒ずみやシワのまとめ

妊娠中の脇の下の黒ずみや黒い線は、ホルモンバランスの乱れによるメラニンの生成過剰が原因です。

ただ、メラニンの急増は一時的なものなので、出産から数ヶ月~半年くらいで元通りのお肌に戻ります。

 

脇の下の黒ずみを早く元通りに治したいのであれば、次の7つの点に気をつけてみてください。

  1. 保湿ケアでターンオーバーを促す
  2. 美白ケアで黒ずみの排出を加速させる
  3. 生活習慣を改善する
  4. ピーリングで余分な角質を除去する
  5. ビタミンやミネラルを摂取して肌の機能を正常に保つ
  6. 紫外線対策を行う
  7. 脇の下を刺激しない

 

特に、保湿力や美白力の高い化粧品でケアをすることで、脇の黒ずみを早く治すことができますよ。

もし、あなたが妊娠中の脇の黒ずみで絶望的な気持ちになっているなら、まずは黒ずみケア化粧品・ピューレパールの公式ページを読んで、先輩ママさんの声を聞いてみてくださいね。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ピューレパールはデリケートゾーンにも効果あり!ちくびやひじ、Vライン、ひざなど全身の黒ずみに効果的

sponsored link