化粧水

濃密うるみ肌美白化粧水の成分評価|シミを薄くする効果はない!予防的に使うものと心得よ!



sponsored link

相武紗季さんのCMでお馴染みの美白化粧水・濃密うるみ肌

相武さんのような白く美しい肌に憧れて購入する女性も少なくないようですが、残念ながら成分的には美白効果はそれほど期待できません。

この記事では、濃密うるみ肌の美白化粧水の成分評価や口コミなどについて解説します。

濃密うるみ肌の美白化粧水の成分評価|肝斑には効果的!

美白化粧水は医薬部外品なので、全成分表示の義務はありません。

DHCの公式サイトにも全成分が表示されておらず、すべての成分を評価するのは難しいです。

ただし、商品ラベルに有効成分と潤い成分の記載はありました。

有効成分:トラネキサム酸

潤い成分:パワーヒアルロン酸、ディープヒアルロン酸、オウゴンエキス、海藻エキス、ゼニアオイエキス

 

そこで、今回はこれらの成分を評価します。

トラネキサム酸

まず、トラネキサム酸はシミの原因となるメラニン生成を抑制する働きがあり、シミ予防を目的とした美白化粧品によく配合される成分です。

また、抗炎症作用もあるので、ニキビなどの肌荒れを防ぎ、肌を健康に保つ働きもあります。

ただし、トラネキサム酸は紫外線が原因でできたシミ(老人性色素斑)を薄くしたり、消したりする効果はありません。

 

よって、濃密うるみ肌の美白化粧水はあくまで予防目的で使うものです。

なお、トラネキサム酸はホルモンのバランスの崩れなどが原因でできる肝斑という種類のシミには有効とされています。

 

ヒアルロン酸

濃密うるみ肌には、パワーヒアルロン酸とディープヒアルロン酸というヒアルロン酸が配合されています。

ヒアルロン酸は保水力に優れた成分であり、1gで6Lの水分を保持できるとされています。

ヒアルロン酸が配合されているので、化粧水のなかでは保湿力はまずまずと言っていいでしょう。

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスは、シソ科植物のコガネバナの根から抽出されたエキスです。

消炎効果があると言われていますが、化粧品に配合された場合に期待できるのは保湿効果くらいです。

 

海藻エキス

海藻エキスは、アミノ酸や糖類、ミネラル類を豊富に含んでいます。

保湿効果がそこそこ優れています。

 

ゼニアオイエキス

アオイ科植物のゼニアオイの花、葉から抽出したエキスです。

成分的には、多糖類やタンニンなどを含んでいます。

こちらもまずまずの保湿効果を備えています。

 

総合評価

美白有効成分としてトラネキサム酸が配合されていますが、実際にシミを薄くしたり、消したりする効果はありません。

ヒアルロン酸配合ですが、化粧水は8割が水で構成されているので、保湿力は高くありません。

以上から、濃密うるみ肌は、美白効果も保湿効果もいまひとつと考えられます。

sponsored link

濃密うるみ肌の美白化粧水の口コミ|アットコスメの評価は低いぞ

ここでは、濃密うるみ肌の美白化粧水の口コミをいくつか紹介します。

 

→うるみ肌はヒアルロン酸が配合されているので、保湿力はまずまずですね。

乾燥肌でなければ、そこそこの潤い感を実感できるかもしれません。

→濃密うるみ肌の美白化粧水は、美白効果はそれほど高くないのですが、SNSでは高評価するコメントが結構多いです。

→濃密うるみ肌に配合されている美白有効成分のトラネキサム酸は、美白効果は弱いです。

シミを予防する効果はありますが、すでにできたシミを薄くする効果はないので、美白についてはあまり期待しない方がいいですよ。

 

 

ちなみに、濃密うるみ肌の美白化粧水は、アットコスメにも口コミが掲載されています。

7つ星のうち4.1という評価であり、ユーザーからの評価は高くないですね。

おそらく、「美白」というキャッチにつられて購入したものの、期待したような美白効果が得られなかったためと考えられます。

 

前述の通り、濃密うるみ肌の美白化粧水はシミを薄くしたり、消したりする効果はありません。

予防的に使うものです。

ここを理解して購入しているのであれば問題ありませんが、ユーザーの中には「シミが消えたり」、「お肌が白くなったり」といった効果を期待して買っている人も多いようです。

 

トラネキサム酸には、そのような効果はないので、くれぐれもお間違いないように。

sponsored link