美容液

ワンバイコーセー潤い改善美容液の成分解析|お肌の水分保持力を改善する画期的な有効成分配合!

北川景子さんのCMが印象的なONE BY KOSEの潤い改善美容液。

この美容液は、お肌の水分保持機能を改善できる有効成分・ライスパワーNo.11が配合された医薬部外品です。

そのため、肌の乾燥や小じわ、ハリ不足などに悩んでいる女性の救世主になるかもしれませんね。

 

この記事では、ワンバイコーセーの潤い改善美容液の成分解析について説明します。

ちなみに、ワンバイコーセーより保湿効果が高い美容液を使いたいなら、ライスビギンというオールインワン美容液をチェックしてみてください。

 

ワンバイコーセー潤い改善美容液の成分解析

ワンバイコーセー潤い改善美容液の全成分はこちらです。

有効成分:ライスパワーNo.11

その他の成分:精製水・ 1.3-ブチレングリコール・エタノール・濃グリセリン・ d-δ-トコフェロール・アルカリゲネス産生多糖体・チャエキス(1)・酵母エキス(1)2-オクチルドデカノール・エデト酸二ナトリウム・キサンタンガム・クエン酸・シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール・チオ硫酸ナトリウム・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油・リン酸一水素ナトリウム・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料

まず、この美容液は医薬部外品であり、有効成分としてライスパワーNo.11が配合されています。

ライスパワーNo.11は、お肌の保湿成分・セラミドを増やすことで、肌の潤いを保つ力を改善する効果が認められた成分です。

そもそも、セラミドは角質層(お肌の最外層)に含まれている成分であり、細胞と細胞の隙間を埋めることで、お肌の防御機構として働き、外部からの異物の侵入や刺激に対してお肌を守っています。

 

また、セラミドは水分をサンドイッチのようにして挟み込むことで、角質層から水分が蒸発しないように、強力に保持しています。

このように、セラミドはお肌の防御力を強化したり、水分をキープする働きを担う非常に重要な成分です。

 

ところが、セラミドは加齢とともに徐々に失われていくため、年をとるとお肌が乾燥しやすくなり、刺激にも弱くなります。

また、保湿化粧品にてセラミドを与えたとしても、お肌に定着しないのでセラミドを増やすことはできません。

 

ここで、ライスパワーNo.11は、お肌のセラミドを増やす働きがあり、衰えた肌の水分保持力を改善することが認められています。

そのため、ライスパワーNo.11が配合された化粧品でケアを続けることで、乾燥から起こる肌トラブルを改善することができます。

例えば、カサつき、乾燥小じわ、乾燥ニキビ、くすみなどが挙げられますね。

 

次に、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いを保つ働きがあります。

ただし、ワンバイコーセーには保湿力の高い成分は配合されていないので、保湿効果は弱いです。

 

そして、オレンジ色で示したものは油分であり、お肌を柔軟にしたり、保護したりする働きがあります。

最後に、ワンバイコーセー潤い改善美容液は、保湿力の高い成分が入っていないので、この美容液自体の保湿効果は弱いです。

ただし、お肌の水分保持力を高めるライスパワーNo.11が配合されているので、使い続けることで、肌のセラミド量が増大していきます。

その結果、肌の水分量が増えて、潤いを実感できるようになったり、乾燥による肌トラブルが改善するでしょう。

 

ワンバイコーセー潤い改善美容液のまとめ

ワンバイコーセーのうるおい改善美容液は、セラミドの生成能力を高めることで、お肌の水分保持力を改善するという画期的な機能を備えています。

そのため、お肌の乾燥や、乾燥による肌トラブル(くすみ、小じわ、ゴワつきなど)で悩んでいる方にピッタリの保湿化粧品です。

 

ただ、保湿力の高い成分が入っていないので、この美容液自体の保湿効果は弱いです。

なので、使ってすぐに潤い効果を実感できるようなものではありません。

ちなみに、ワンバイコーセーと同様にライスパワーNo.11が配合されていて、さらに保湿効果が高い美容液を探しているなら、ライスビギンというオールインワン美容液が人気ですよ。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ライスビギンオールインワンの成分評価や評判、使い方まとめ|セラミドを増やして肌の水分保持量をぐ~んとアップさせよう

sponsored link