化粧水

オルビス アクアフォースの成分評価|ニキビやニキビ跡に効果あるのか

愛用者数が420万人を突破したオルビスのアクアフォースシリーズ。

これだけ使用者が多いのに、「毎日のメイクが楽しくなった」、「朝の化粧のノリが全然違う」など、喜びの声も多く、満足度が90%と高いです。

この記事では、そんなオルビスのアクアフォースシリーズから、アクアフォースローションMを取り上げて、その成分評価や効果、口コミについて説明します。

 

また、次のような疑問にもお答えしていきます。

「アクアフォースローションは、ニキビに効果ある?」

「お肌に悪い成分が入っていないか心配」

「インナードライ肌を改善できるのかな」

 

ちなみに、オルビスのアクアフォースシリーズを買おうか迷っているなら、こちらの3週間分トライアルセットがお得ですね。

公式ページ→お肌をぷるっぷるに潤す人気のアクアフォースはこちら
オルビス

オルビス アクアフォースローションの成分評価|肌なじみがよくて、お肌に優しい!

まず、オルビス アクアフォースローションの全成分はこちらです。

【全成分表示】水、BG、グリセリン、DPG、ソルビトール糖脂質褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリングリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10【感触改良】、グリセレス-12ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

  :保湿成分
  :美肌成分

アクアフォースローションの良い点

アクアフォースローションの良い点は、次の4つです。

  1. 使用感がいい
  2. 保湿力はまずまず
  3. お肌を清潔に保つ
  4. お肌に優しい

 

1.使用感がいい

まず、アクアフォースローションはさっぱりした使用感で、肌なじみのいい成分が多く配合されています。

例えば、この化粧水で水の次に多く配合されているBGは、さっぱりした使用感が特徴の保湿成分で、低刺激で安全性が高いです。

 

また、アラニン、グリシン、セリンなどのアミノ酸は、保湿力は弱いのですが、肌なじみがいい成分です。

このように、アクアフォースローションは、使用感に優れた成分が複数入っているので、つけ心地がいいです。

 

2.保湿力はまずまず

アクアフォースローションは、お肌の潤いをキープする成分として糖脂質が配合されています。

そのため、まずまずの保湿効果が期待できますね。

 

ここで、糖脂質は公式ページにて「うるおいマグネットAQ」と紹介されている成分です。

この糖脂質は、お肌(角質層)に浸透して、細胞と細胞の間にある隙間を埋めつつ、潤いを与える働きがあります。

 

そして、与えた潤いが逃げないように、角質層内で水分をつなぎとめて、水分量の高い状態を維持します。

そのため、お肌の潤いが長時間持続するというわけですね。

このように、アクアフォースローションは、角質層に水分を導き、その水分を角質層内でしっかりと保持する働きのある成分・糖脂質が含まれているため、まずまずの保湿効果が期待できそうです。

 

3.お肌を清潔に保つ

アクアフォースローションは、グリチルリチン酸2Kという消炎作用を持つ成分が入っているので、肌荒れを防いで清潔なお肌を保つのに役立ちます。

 

4.お肌に優しい

アクアフォースローションは、お肌への刺激性やアレルギー性が懸念される成分は配合されていません。

そのため、お肌には優しい化粧水です。

これなら、敏感肌のように肌が弱い人でも安心して使えますね。

 

アクアフォースローションの悪い点

悪い点は特にないのですが、強いて言えば、保湿力が期待できる成分が糖脂質のみだということです。

糖脂質以外の保湿成分は、いずれも水分を保持する働きが弱いので、お肌の潤い維持にあまり貢献してくれません。

 

総合評価

アクアフォースローションは、まずまずの保湿力があって、お肌を清潔に維持してくれて、お肌に優しくて、使用感がいい化粧水ですね。

だから、軽いつけ心地で、お肌の潤いをキープできる化粧水を使いたい方におすすめです。

 

ちなみに、もし、あなたがアクアフォースローションを使いたいと考えているなら、まずは洗顔料、化粧水、保湿液がセットになったお得なトライアルセットを使ってみるといいですよ。

アクアフォースローションは単品で1620円(税込)かかりますが、トライアルセットなら、洗顔料と保湿液がついて1296円(税込)と安いです。

 

だから、アクアフォースシリーズの他の化粧品も試してみたい方にぴったりです。

また、冬場は化粧水だけでは保湿しきれない恐れがあるので、後で保湿液を追加で買う可能性があるなら、お得なトライアルセットで保湿液も試してみるといいですね。

公式ページ→サラッっとしていて、お肌にスーッとなじむ使用感抜群の保湿化粧水はこちら
オルビス

オルビス アクアフォースローションはニキビに効果ある?肌荒れ予防には役立つ

さて、ここではアクアフォースローションのニキビへの効果について説明します。

アクアフォースローションは、消炎作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されているので、お肌を清潔に保つ効果は期待できます。

 

ただし、この化粧水は医薬部外品ではないので、ニキビの炎症を鎮めるほどの効果はありません。

そのため、ニキビケアには不向きですね。

 

もし、あなたが赤く腫れたニキビで悩んでいるなら、オルビスのニキビケア化粧水であるクリアローションをチェックしてみてください。

関連記事→オルビスクリアローションの成分や効果、口コミまとめ

オルビス アクアフォースローションはインナードライに効果的!お肌を内側から潤して、水分と油分のバランスを整える!

アクアフォースローションは、肌なじみがよくて、角質層の潤いを保つ効果に優れているので、インナードライ肌のケアに役立ちます。

ここで、インナードライ肌は、肌の内側が乾燥しているのに、肌表面は皮脂でベタベタしている状態の肌です。

このような乾燥するのにベタつくお肌には、油分少なめで、お肌を内側から潤してくれるアクアフォースローションのような化粧水がピッタリです。

 

上でも説明したように、アクアフォースローションは、うるおいマグネットAQ(糖脂質)が角質層の隙間に浸透して密着します。

そして、隙間を埋めつつ、角質層に水分を与えて潤します。

 

さらに、水分が逃げないようにつなぎとめておくことで、角質層の潤いをアップさせます。

これにより、お肌の内側が潤い、水分と油分のバランスも正常に戻っていくので、徐々にインナードライ肌が改善していくと考えられます。

 

オルビス アクアフォースローションの正しい使い方

上では、アクアフォースローションの成分や効果について説明しましたが、ここでは正しい使い方を説明します。

アクアフォースローションの正しい使い方は、公式ページで説明されていて、次のステップでスキンケアを行います。

洗顔 → 化粧水 → 保湿液

 

夏場は、肌質によっては保湿液は不要な人もいるでしょう。

ただ、冬場は化粧水だけだと保湿しきれない可能性があります。

だから、化粧水の後に保湿液やクリームなどを追加して、乾燥対策をするといいです。

 

オルビス アクアフォースローションの口コミを評価

最後に、アクアフォースローションの良い口コミと悪い口コミを評価しておきます。

良い口コミを評価

→アクアフォースローションの口コミでは、使用感がいいというコメントが多いです。

これは、成分分析の項でも説明したように、使用感に優れた成分が多く配合されているからですね。

また、油分が入っていないので、ペタペタせず、サラッとしたテクスチャで、つけ心地がいいのです。

→アクアフォースローションの保湿力については意見が割れています。

上記のように、乾燥せず潤いを保てているというコメントもありますが、反対の意見もあります。

アクアフォースローションは、水分保持力に優れた成分が糖脂質だけなので、乾燥がひどい方は保湿しきれない可能性があります。

→アクアフォースはインナードライ肌の人から好評なようです。

アクアフォースは、角質層への浸透性がよくて、お肌を内側から潤してくれます。

また、油分が配合されていないので、ベタつく肌のスキンケアにはピッタリの化粧水ですね。

悪い口コミを評価

→アクアフォースローションの悪い口コミとしては、「乾燥する」というコメントが散見されます。

乾燥肌や敏感肌のように、角質層の乾燥がひどい方はアクアフォースローションだけで潤いをキープするのは難しいかもしれませんね。

だから、乾燥がひどい方は、保湿液やクリームなどで潤い保持成分を追加して、保湿力をアップさせてください。

オルビス トライアルセットのレビュー

ここでは、オルビスのアクアフォーストライアルセットを使った私のレビューを紹介します。

購入した理由

オルビスはSNSでの口元評価が高くて、トライアルも3週間分で1296円とリーズナブルなので、とりあえず使ってみてもいいかかなと思い購入しました。

最悪、お肌に合わなかったとしても1296円なら、まあ許せるかなと・・・。

 

注文から到着までにかかった時間

公式ページから注文すると、3日後に商品が届きました。

 

商品外観等

開封したときの様子はこちら。

同梱物は、オルビスのマガジンと商品ガイドですね。

そして、トライアルセットの中身は

  1. 洗顔料 20g
  2. 化粧水 40ml
  3. 保湿液 14g

の3点です。

テクスチャや匂い、使用感

洗顔料

洗顔料は、泡立てネットを使うと、モコモコのの泡が作れます。

洗い上がりは、どちらかと言うとさっぱりしていますね。

 

化粧水

化粧水はシャバシャバしたテクスチャで、とろみはありませんね。

匂いも無臭です。

顔に塗布すると、肌なじみの具合もいいですし、伸びもよかったです。

 

つけ心地はサラッとしていて、お肌がスベスベになるので肌触りもいいです。

しっとり感はほとんどなく、手に吸い付く感じもありません。

保湿液

保湿液は、少しとろみがあって、化粧液のようなテクスチャです。

つけ心地はみずみずしくて気持ちいいです。

肌なじみもいいですし、少しとろみがあるので伸びもいいです。

保湿液をつけると、お肌がしっとりして、潤い感があります。

あと、少しもちもちした肌触りになりますね。

 

一緒に使った化粧品

オルビスのトライアルを使った時期が12月ということもあり、保湿液の後に手持ちの保湿クリームを追加しました。

オルビスの化粧水と保湿液は水分が多めなので、角層を潤すのに役立つのですが、洗顔後は油分も不足するので、乳液やクリームで補う必要がありますね。

化粧水と保湿液だけだと、冬場は厳しいでしょう。

 

3週間後のお肌の状態

オルビスのトライアルを使い切ったところ、起床時のお肌の潤い感やスベスベ具合がよくなりました。

オルビスの化粧水や保湿液自体の保湿力はそれほど高くない印象ですが、肌なじみがいいのと、みずみずしくてつけ心地がいいので、使い続けやすかったです。

ただ、オルビスは冬場のスキンケアではなくて、春~秋にかけて使った方がいいかなと思いますね。

 

私の場合は、GWあたりから、脂性肌に傾いていくので、油分少なめで水分多めの化粧品がお肌にマッチします。

だから、私がオルビスを使うなら、5月~9月にかけてですかね。

 

オルビス アクアフォースローションの成分や効果、口コミのまとめ

アクアフォースローションは、肌なじみがよくて、まずまず保湿効果が期待できる化粧水です。

この化粧水は、オイルフリーで、使用感のいい成分が配合されているため、つけ心地が抜群です。

また、角質層に浸透しやすく、お肌の内側に潤いをとどめる効果が優れています。

 

だから、アクアフォースローションの特徴を考慮すると、肌表面はベタつくのに、内側は乾燥しているインナードライ肌の人に最適な化粧水ですね。

実際に、口コミを見ても、インナードライ肌の人からの評価が高いですし。

公式ページ→インナードライ肌に最適!お肌にぐんぐん浸透して、内側から潤す保湿化粧水はこちら
オルビス

sponsored link