化粧品

オロナイン毛穴パックはなぜ危険?代わりの方法を紹介

角栓や毛穴の汚れがごっそり取れることで有名なオロナイン毛穴パック。

ただ、人によっては実践後に鼻がヒリヒリしたり、痛みが出たりといったトラブルも起きています。

 

そこで今回は、オロナイン毛穴パックが危険な理由について説明します。

なぜ、この方法で肌トラブルが起こるのか知らない方はぜひ最後まで読んでみてください。

ちなみに、オロナイン毛穴パックの代わりの方法としては、毛穴汚れが根こそぎとれると評判のファンケルのクレンジングオイルがおすすめですね。

 

オロナイン毛穴パックが危険な理由

まず、オロナイン毛穴パックを行うと、人によっては鼻に痒み、乾燥感、赤み、痛み、ヒリヒリ感などが現れることがあります。

実際に、オロナイン毛穴パックを実践した人からも、以下のような意見があがっています。

 


では、なぜこのような肌トラブルが起こるのでしょうか。

 

その理由は2つあります。

まず、1つは、オロナインに含まれる成分が、お肌に合っていないために、皮膚に不快な症状が現れているということですね。

オロナインは医薬品であり、クロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌消毒作用のある有効成分が含まれています。

そして、クロルヘキシジングルコン酸塩液は、アクネ菌を退治することでニキビに効果を発揮しますが、お肌の弱い人はヒリヒリすることがあります。

 

次に、もう1つの理由は、毛穴パックにあります。

毛穴パックは、肌にシートを密着させ、乾燥させた状態で剥がすだわけですから、皮膚には負担となります。

というのも、角栓と一緒に皮膚の保護に必要な皮脂までも除去してしまったり、剥がす際に表皮を傷つけてしまうこともあるからです。

 

さらに、毛穴パックには皮膚を刺激するような成分が含まれているものもあり、こちらも肌への負担になります。

例えば、毛穴パックで有名なビオレ毛穴すっくりパックには、ハマメリスエキスという敏感肌の人にとっては皮膚への刺激性が懸念される成分が含まれています。

 

というわけで、オロナイン毛穴パックは、お肌を傷める恐れがあるので、やめた方がいいでしょう。

 

では、オロナイン毛穴パックを使わずに、角栓や毛穴の黒ずみを綺麗に除去するにはどうすればよいのでしょうか。

 

角栓をごっそり取りたいならクレンジングがベスト!撫でるだけで、するっと毛穴汚れを落としてくれるものを使おう!

角栓を根本から綺麗さっぱり取り除きたいのであれば、クレンジングが最適ですね。

クレンジングは、角質を柔らかくする効果があるため、毛穴に詰まった角栓を排出しやすくしてくれます。

 

しかも、クレンジングは、肌から無理矢理シートを引き剥がす毛穴パックや、ゴシゴシこすることでお肌を傷めるスクラブ洗顔とは異なり、お肌を傷つける恐れがないので、お肌に優しい方法で角栓を除去したい女性におすすめですね。

ただ、クレンジングで使うクレンジングオイルは何でもいいわけではありません。

 

クレンジングオイルは、できるだけお肌に優しい成分で構成されていて、角栓を効率よく除去してくれるものを選んだほうがいいですよ。

例えば、最近だとファンケルのマイルドクレンジングオイルが頑固な角栓に悩む女性から人気ですね。

 

ちなみに、マイルドクレンジングオイルは、@cosmeのベストコスメアワードを3年連続で受賞して殿堂入りした実績があります。

また、美容雑誌で3冠を獲得したり、トータルで7200万本売り上げたりと実績のあるクレンジングオイルです。

 

そして、マイルドクレンジングオイルが、他のクレンジングオイルと異なるのは、あらゆるタイプの角栓をケアしてくれる「毛穴つるすべオイル」が配合されていることです。

ファンケルが独自開発した「毛穴つるすべオイル」が頑固な角栓を柔らかくして、毛穴からすっぽりと角栓を取り除きやすくしてくれます。

もし、あなたが、鏡を見るたびに角栓を見つけて憂鬱な気分になっているなら、使用者満足度91%を誇るファンケルのマイルドクレンジングオイルをチェックしてみてください。

公式ページ⇒マイルドクレンジングオイルの詳細をチェックしてみる!

マイルドクレンジングオイル

角栓を予防する方法|落とすより、お肌の潤いをキープする方が大事!

まず、角栓の根本的な原因は、間違ったスキンケアによる肌の乾燥や肌への刺激、皮脂過剰などが原因です。

毛穴パックや筆などの角栓除去グッズは、一時的に角栓を取り除いてくれますが、皮膚への刺激が強いので、後にインナードライや皮脂過剰などの要因となります。

さらに、皮膚への負担が大きいことから頻繁に使用できないので、すぐまた角栓ができてしまい、根本的な解決にはなりません。

 

また、スクラブ洗顔料によるゴシゴシ洗顔も肌への刺激が強いので、やめるべきでしょう。

まずは間違ったスキンケアをすべて中止して、保湿ケアに注意することが大切です。

皮脂の分泌量が多いのは、インナードライなどで肌が乾燥しており、乾燥から皮膚を守るために脳が皮脂をたくさん分泌するよう指令を出していることが原因です。

 

そのため、しっかりと保湿ケアを行い、肌が潤いをキープできていれば、皮脂で顔がベタつくことがなくなり、毛穴に皮脂が詰まることを予防できますよ。

sponsored link