乳液

ライゼ(reise)エッセンスセラム乳液の成分評価や効果、口コミ検証|加水分解卵殻膜やセラミド配合で抜群の保湿効果を誇る!

この記事では、ライゼ(reise)エッセンスセラム乳液の成分評価や効果、口コミについて説明します。

ライゼ(reise)の成分評価や効果

まず、ライゼの全成分はこちらです。

全成分:水、グリセリン、BG、ジメチコン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル加水分解卵殻膜セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOPヒアルロン酸Naプラセンタエキス(ウマ)シア脂、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルテトラヘキシルデカン酸アスコルビルビルベリー葉エキスヨモギ葉エキスリンゴ果実エキスサガラメエキスヒラマメ果実エキススイカ果実エキスメドウフォーム油、トコフェロール、フィトスフィンゴシン、水添レシチン、コレステロール、乳酸Na、PCA-Naステアリン酸ステアリン酸グリセリル、ポリソルベート60ペンチレングリコールオクチルドデカノールベタインパルミチン酸ソルビタン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カプリル酸グリセリル、水酸化K、キサンタンガム、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)ラウロイルラクチレートNa、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、カルボマー、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、1,2-ヘキサンジオール、クエン酸、安息香酸Na、ソルビン酸K、エチルヘキシルグリセリン

保湿成分

まず、水色で示したものは保湿成分であり、お肌の潤いを維持する働きがあります。

ここで、加水分解卵殻膜やヒアルロン酸Naは保湿力の高い成分です。

加水分解卵殻膜は、ヒアルロン酸Naに次ぐ保湿力を持つコラーゲンや肌なじみのいいアミノ酸、肌にツヤを与えるシスチンを豊富に含んでいます。

 

そして、ヒアルロン酸Naはわずか1gで6Lもの水分を抱え込んで保持できる優れた保湿成分です。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分であり、以下のような働きがあります。

  • お肌を柔らかくしたり、滑らかにする
  • 肌になじんでバリア機能を高める
  • お肌を保護する
  • 水分蒸発を防ぐ
  • お肌にツヤを出す
    etc

ライゼに含まれている油分では、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOPといった3種類のセラミドが特に重要な成分です。

まず、セラミドはお肌の角質層に含まれている油分であり、お肌の水分蒸発を防いだり、肌のバリア機能を高めて外部刺激からお肌を守るという2つの重要な役割を担っています。

 

セラミドは、油分で水分を挟み込んで、サンドイッチのようにして保持する性質があり、水分保持力が抜群に高いです。

ちなみに、保湿力では、先に紹介したヒアルロン酸を凌駕します。

また、セラミドは角質層の隙間を埋めることで、紫外線や異物などの外部刺激からお肌を守る働きも備えています。

 

そのため、化粧品によりセラミドを外部から補給することで、お肌の潤いを強力にキープしたり、バリア機能をサポートして、紫外線や刺激に強いお肌に導いてくれます。

 

美肌成分

黄色で示したプラセンタエキス(ウマ)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヨモギ葉エキスは、美肌効果の高い成分です。

まず、プラセンタエキス(ウマ)やテトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、シミの原因となるメラニンにアプローチする働きがあるため、美白化粧品によく配合される成分です。

また、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、ビタミンC誘導体と呼ばれており、ニキビやシワなどの肌トラブルを引き起こす活性酸素を退治してくれます。

 

最後に、ヨモギ葉エキスは消炎作用や収れん作用を備えた成分です。

そのため、肌荒れを防いでお肌を清潔に保ったり、お肌を引き締めてキメを細かく整えて滑らかなお肌へと導きます。

 

界面活性剤

ピンク色で示したものは界面活性剤と呼ばれる成分です。

界面活性剤は水と油を混合して、安定して分散させることができる成分です。

そのため、ライゼのように水性の成分と油分が混在している化粧品には必須の成分です。

 

総合評価

ライゼは、セラミドや加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Naが含まれているため、保湿効果は抜群に高いです。

また、セラミドが入っているため、お肌のバリア機能を整えて、紫外線や外部刺激に強いお肌を作るのに役立ちます。

そして、ライゼにはプラセンタやビタミンC誘導体などの美肌成分の高い成分が配合されているため、お肌を清潔に整えて肌荒れを防いだり、活性酸素のような悪い成分を退治して肌トラブルからお肌を守ってくれます。

 

ちなみに、ライゼのデメリットとしては、セラミドやヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体のような高価な成分がたくさん配合されているため、一般の乳液よりもお値段が少し高めということです。

公式ページ⇒保湿効果抜群のライゼの詳細をチェックしてみる

ライゼ(reise)の口コミ検証

ここでは、公式ページの口コミを取り上げて、レビュアーの言うような美容効果が本当に期待できるのか評価します。

まず、公式ページを半分くらいまでスクロールしていくと、26歳専業主婦のレビューが紹介されています。

使い始めて一番感じられたのは、テクスチャーがゼリーのように軽くてみずみずしいのに、ずっと潤い感が続くことです。

さらに使い続けると、翌朝の顔の明るさとふっくら感にびっくり!

化粧水の後これ1本でTゾーンのテカリもなく、時間が経っても頬のツヤが残っているのもうれしい変化でした。

公式ページより一部抜粋

ライゼを使うとずっと潤い感が続くとのことですが、ライゼにはセラミドや加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Naなどの水分保持力が強い成分が配合されているため保湿効果が高いです。

そのため、お肌の水分を長時間キープしてくれるため、潤い感がずっと続くということです。

 

次に、使い続けると、朝の顔が明るく、ふっくらしてきたとありますが、こちらも保湿効果によるものと考えられます。

そもそも、お肌が乾燥していると、ターンオーバーがうまく機能せず、古い角質が皮膚表面に堆積していくので、お肌がくすんで暗い印象に見えてしまいます。

また、古い角質がたまることで、お肌がザラザラしたり、硬くなったり、滑らかさが失われたりします。

 

しかし、ライゼのように保湿力の高い化粧品でスキンケアを続けていくと、お肌の水分量がアップしていき、水分と油分のバランスが整っていきます。

すると、ターンオーバーが正常に戻り、古い角質が剥がれ落ちていくため、お肌のくすみが取れて、元の明るいお肌に整っていきます。

さらに、お肌は水分をたっぷり含んでいるので、ふっくらしていて、ハリや滑らかさがあります。

 

最後に、Tゾーンのテカリがなくなったとのことですが、これこそ水分と油分のバランスが整ってきた証拠ですね。

お肌が乾燥していると、相対的に水分が少なくて、油分が多い状態になるので、乾燥しているのにお肌がテカってしまいます。

しかし、保湿力の高い化粧品でスキンケアをすることで、お肌の水分がアップして、水分と油分のバランスが正常な状態に整っていくため、お肌のテカリが緩和されていきます。

 

というわけで、公式ページの26歳専業主婦の方のレビューは、成分的に不自然な点はなく、信用できそうな口コミと判断できます。

ちなみに、公式ページは他にも顔写真つきの信頼性の高いレビューがいくつか掲載されているので、信用できる口コミが知りたい方は、今すぐ公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒ライゼの信頼できる口コミをチェックしてみる

ライゼ(reise)のまとめ

ライゼはセラミドや加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Naといった水分保持力の強い成分が複数配合されているので、高い保湿効果が期待できます。

また、プラセンタやビタミンC誘導体のような美肌効果の高い成分も入っているので、肌トラブルを防いで、清潔で綺麗なお肌を維持するのに役立ちます。

そのため、こんな悩みを抱えている人にピッタリですね。

・毎日保湿ケアしているのに、お肌の乾燥が気になる

・お肌が乾燥しているときもあれば、テカっているときもあり、インナードライ状態だ

・乾燥ニキビが繰り返しできて困っている

sponsored link