化粧品

サエル化粧品の成分評価や効果|化粧水、美容液、クリームの美白効果が気になる

ポーラの敏感肌専門ブランドであるディセンシア。

そのディセンシアから誕生した美白ケアシリーズ・saeru(サエル)は、敏感肌だけど美白ケアして綺麗になりたい女性たちから人気です。

この記事では、ディセンシアのサエル化粧品(化粧水、美容液、クリーム)の成分評価や効果について説明します。

【通常使用】サエルトライアルセット

サエル化粧水の成分評価や効果

サエル化粧水・ホワイトニング ローション コンセントレートの全成分はこちらです。

【有効成分】アルブチン、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】水、1,3-プロパンジオールグリセリン、ローズ水、セラミド2桃葉エキス、アーティチョークエキスムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液BG、キサンタンガム、フィトステロール、クエン酸Na、クエン酸、PEG(80)、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、セタノール、オレイン酸ポリグリセリル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール

まず、この化粧水は医薬部外品であり、アルブチングリチルリチン酸2Kという有効成分が含まれています。

アルブチンは、シミの原因となるメラニンの生成をブロックする働きのある美白有効成分です。

そして、グリチルリチン酸2Kは強い消炎作用があり、ニキビを鎮めたり、肌荒れを予防したりする効果が期待できます。

 

続いて、水色で示した成分は保湿成分であり、お肌の表面や内側で水分を保持することで、潤いをキープしてくれます。

 

次に、オレンジ色で示したものは油分であり、お肌を柔軟にしたり、水分蒸発を防いだり、バリア機能をサポートしたりする働きがあります。

特に、セラミド2という油分は、非常に強力な水分保持力を備えているので、お肌の潤いを長時間持続させて、乾燥を防ぎます。

さらに、セラミド2はお肌になじんで、角質層の隙間を埋めることでバリア機能(お肌の防御機能)を強化してくれます。

これにより、肌は異物や紫外線などの外部刺激に強くなります。

 

では、最後にサエル化粧水を5点満点で評価するとこのようになります。

 

・保湿力:4.0

・美白力:3.5

・ニキビケア効果:4.0

・低刺激性:3.0

 

サエル化粧水はセラミドが配合されているので、保湿力は高いです。

そして、この化粧水は美白有効成分と抗炎症成分が配合された医薬部外品なので、美白力やニキビケア効果も高いと考えられます。

 

なお、低刺激性については、ローズマリーエキスというアレルギーを起こす可能性のある香料が配合されているので、やや低めに評価しています。

なので、過去に香料がお肌に合わずにアレルギーを起こしたことがある人は避けたほうがいいでしょう。

サエル化粧水の成分や効果について詳しく知りたい方は、公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒サエル化粧水の詳細を今すぐ確認してみる!

【アイテム訴求・化粧水】サエルトライアルセット

サエル美容液の成分評価や効果

サエルの美容液・ホワイトニング エッセンス コンセントレートの全成分はこちらです。

【有効成分】アルブチン、トラネキサム酸
【その他の成分】水、グリセリン、ローズ水、BG、α-オレフィンオリゴマー、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、硬化油、セラミド2桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、シモツケエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、ビタミンE、濃グリセリンジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ジグリセリンフィトステロール、ベヘニルアルコール、クエン酸Na、クエン酸、セタノール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、ステアリン酸、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、オレイン酸ポリグリセリル、ポリグリセリル-3メチルグルコースジステアレート、ステアリン酸ソルビタン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、水酸化K、フェノキシエタノール

サエル美容液は、有効成分としてアルブチントラネキサム酸が配合されています。

まず、トラネキサム酸は、アルブチン同様にメラニン生成抑制作用がある美白有効成分です。

また、トラネキサム酸は肝斑(かんぱん)というタイプのシミによく効くことが知られています。

 

ちなみに、肝斑は30~40代の女性に多くできるシミでああり、女性ホルモンのバランスが崩れるときにできやすいシミです。

このシミは、左右の頬骨のあたりにモヤモヤと広がってできるのが特徴です。

サエル美容液にはトラネキサム酸が配合されているので、肝斑に悩んでいる人にピッタリですね。

 

続いて、オレンジ色で示した油分ですが、美容液にも化粧水同様にセラミド2という優れた油分が配合されています。

そのため、お肌の乾燥を防ぎつつ、肌のバリア機能を高めて、外部刺激や肌荒れなどからお肌を守ります。

 

では、最後にサエル美容液を5点満点で評価するとこのようになります。

・保湿力:4.5

・美白力:4.0

・ニキビケア効果:3.0

・低刺激性:3.0

 

サエル美容液はセラミドが入っているので保湿力は高いです。

また、美容液は油分が多めで、セラミドを配合しやすいので、化粧水よりも保湿力が高くなります。

 

そして、美白有効成分が2種類配合されているので、化粧水よりも美白力に優れています。

ただ、ニキビへの効果については、抗炎症成分・グリチルリチン酸2Kが配合されている化粧水の方が優秀でしょうね。

【アイテム訴求・美容液】サエルトライアルセット

サエルクリームの成分評価や効果

サエルクリーム・ホワイトニング クリーム コンセントレートの全成分はこちらです。

【有効成分】アルブチン、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ローズ水、BG、POE・ジメチコン共重合体、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、メドウフォーム油、ジメチコン、セラミド2桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液フィトステロール、クエン酸Na、クエン酸、ポリグルコシルオキシエチルメタクリレート液、セタノール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

サエルクリームは、サエル化粧水と同様にアルブチンとグリチルリチン酸2Kが有効成分として配合されています。

そのため、日焼けによるシミやそばかすを予防する美白効果と、ニキビをケアする効果が期待できます。

 

さらに、化粧水や美容液と同様に、セラミドが配合されているので、お肌の乾燥を防ぎ、肌の防御力を高めてくれます。

では、最後にサエルクリームを5点満点で評価するとこのようになります。

 

・保湿力:4.5

・美白力:3.5

・ニキビケア効果:4.0

・低刺激性:3.0

 

なお、サエルクリームの成分や効果をもっと詳しく知りたい方は公式ページをチェックしてみてください。

公式ページ⇒サエルクリームの詳細を今すぐ確認してみる!

【シミにアプローチ訴求(クリーム)】サエルトライアルセット

サエル化粧品のまとめ

サエルの化粧品は、30~40代の敏感肌を持つ女性のうち、「美白ケアをしてシミやくすみを取り去り、もっと綺麗になりたい人」をターゲットに作られています。

そして、サエルの化粧水、美容液、クリームのすべてに共通するのは、セラミドという非常に優れた美肌成分が配合されている点です。

セラミドは強力な水分保持力によりお肌の乾燥を防ぎ、なおかつバリア機能を強化する働きを持っています。

 

そのため、お肌のバリア機能が弱っている敏感肌の女性にとっては、とてもありがたい成分と言えますね。

また、サエルの化粧品には、美白有効成分や抗炎症成分が配合されているので、シミをケアしつつ、肌荒れを防いで清潔で健康なお肌をつくるのに役立ちます。

そして、美白有効成分はお肌に刺激が少ないものが配合されているため、敏感肌の人のデリケートなお肌でも安心ですね。
【保湿x美白訴求】サエルトライアルセット

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

sponsored link