Pocket

この記事では、ザーネクリームの成分評価や効果について説明しています。

「ザーネには危険な成分が入っていたり、副作用が起きないか気になる」

「顔に毎日塗るのはよくない?」

「肌荒れに効果があるのかな」

「ニキビやニキビ跡に効果あるって本当?」

このような疑問や悩みにお答えしていきます。

 

ちなみに、保湿効果が高いクリームを探しているなら、女性タレントが使っていることで知られているクラウンセルクリームをチェックしてみてください。

 

ザーネクリームの成分評価や効果|危険成分や副作用が判明

まず、ザーネクリームの全成分がこちらです。

有効成分:酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、グリチルリチン酸二カリウム

その他の成分:オクチルドデカノール吸着精製ラノリングリセリン、クレゾール、香料、自己乳化型ステアリン酸プロピレングリコールジプロピレングリコール、シリコーン樹脂、セトステアリルアルコール、d--トコフェロール、パラフィン、パラベン、部分水素添加大豆リン脂質、ベンジルアルコール、飽和脂肪酸セチル、ミリスチン酸イソプロピルモノステアリン酸グリセリンモノステアリン酸ポリエチレングリコールモノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタンラウリルリン酸ナトリウム

有効成分

ザーネクリームは、医薬部外品であり、有効成分として酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)グリチルリチン酸二カリウムが含まれています。

酢酸d-α-トコフェロールはお肌の酸化を防ぐことで、肌荒れを防止する効果があります。

そして、グリチルリチン酸二カリウムは強力な抗炎症作用があるので、赤く腫れたニキビを鎮めたり、ニキビを予防したりする効果が期待できます。

 

保湿成分

ザーネクリームには、グリセリンという保湿成分が含まれています。

グリセリンは、空気中の水分を吸収してお肌の潤いをキープしてくれますが、湿度が下がると効果も弱くなってしまいます。

なので、冬場のように空気が乾燥した状況下では、保湿効果はあまり期待できません。

 

油分

オレンジ色で示したものは油分です。

油分は、お肌を柔らかくしたり、保護したりする効果があります。

ただし、ザーネに含まれている油分は、水分保持力が弱いので、お肌に潤いを与えたり、潤いをキープする効果は乏しいですね。

 

お肌によくない成分

ザーネのお肌によくない成分としては、吸着精製ラノリンジプロピレングリコールが挙げられます。

まず、吸着精製ラノリンは、アレルギーの懸念がある成分です。

続いて、ジプロピレングリコールは、目や肌に刺激をともなう人がいます。

 

さらに、ザーネにはピンク色で示したように5種類の界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きがあり、水性の成分と油分が混在するザーネのようなクリームには欠かせない成分です。

ただし、この界面活性剤は、配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなります。

 

ザーネには界面活性剤が5種類も配合されているので、皮膚への刺激性などの副作用が懸念されますね。

なので、少なくとも顔には使わない方が安全です。

 

総合評価

ザーネのクリームは、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)やグリチルリチン酸二カリウムなどの肌荒れを防ぐ成分が入っているので、ニキビケアには効果的です。

ただし、ザーネクリームには油分が含まれているので、塗りすぎると、毛穴に詰まって、逆にニキビを悪化させてしまう恐れがあるので、その点は注意が必要です。

 

それと、ザーネは、ニキビ跡の赤みやデコボコ肌、色素沈着には効果が期待できません。

そして、紫外線を浴びたことでできた日焼けによるシミにも同様に効果はありません。

 

これは、プラセンタやビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合されていないからです。

なので、ニキビ跡やシミのケアには不向きと言えます。

 

続いて、ザーネは、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸などの成分が入っていないので、保湿効果は弱いです。

なので、お肌を潤したり、潤いをキープする効果はあまり期待しない方がいいでしょう。

ザーネに含まれている油分は、お肌を柔らかくしたり、なめらかにしてくれますが、潤いを保つ効果は低いです。

 

最後に、ザーネには、お肌への刺激性やアレルギー性が懸念される成分が入っており、界面活性剤の配合数も多いので、お肌への負担は大ですね。

そのため、敏感肌やアトピー肌のように、お肌が弱い人は避けた方がいいです。

 

というわけで、ザーネはニキビケアクリームとしては使えますが、ニキビ跡やシミのケアには適していません。

さらに、保湿効果が弱いので、乾燥対策の保湿クリームとして使うこともおすすめしません。

加えて、お肌によくない成分が含まれているので、肌荒れなどでお肌が弱っているときは使わない方がいいでしょう。

 

ちなみに、顔やボディ(手、肘、かかとなど)の保湿クリームを探してるなら、タレントの熊田曜子さんが使っていることでも有名なクラウンセルクリームの方がザーネよりいいですよ。

最強の保湿成分・セラミドが配合されているので、保湿効果が抜群に高くて、お肌によくない成分も入っていません。

公式ページ⇒芸能人がこっそり使う高保湿クリームをチェックしてみる!

ザーネがクリームのまとめ

ザーネクリームは、ニキビケアには効果的ですが、ニキビ跡やシミには効果が期待できません。

また、保湿効果は低いので、保湿クリームとしても不向きです。

そのうえ、お肌によくない成分が複数入っているので、使わない方がいいです。

 

もし、あなたが保湿効果の高いクリームを探しているなら、セラミド配合で圧倒的な保湿力を誇るクラウンセルクリームをチェックしてみてください。

 

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒最強の保湿クリームランキングTOP3|砂漠肌を潤い溢れるぷるるん肌にするのはこのクリームだ!

上で紹介したクラウンセルクリームの詳細が気になる方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事⇒クラウンセルクリームの全成分解析や使い方まとめ|私が実際に使って感じたメリット・デメリットも紹介!

sponsored link