化粧水

雪肌精化粧水の落とし穴や成分分析、使い方を解説|エンリッチも効果は期待できないぞ

新垣結衣さんのCMでおなじみの雪肌精化粧水。

私もガッキーのような美しい肌になりたいと思っている女性なら、雪肌精が気になりますよね。

でも、実は、雪肌精にはお肌に悪い成分が入っているので、お肌には優しくないんです。

 

あと、保湿効果の高い成分が含まれていないので、雪肌精でスキンケアを続けても、みずみずしいお肌は手に入らないでしょう。

雪肌精の成分を分析していると、こんな落とし穴が見つかったので、この記事で詳しく説明しますね。

また、雪肌精に期待できる美肌効果や使い方についても解説します。

 

ちなみに、お肌に優しくて、保湿効果の高い化粧水を探しているなら、読売テレビの情報番組で紹介されたナールスピュアという高保湿化粧水をチェックしてみてください。

雪肌精化粧水の成分分析から2つの落とし穴が判明|美白効果なし!

先に結論から言うと、雪肌精の落とし穴は次の2点です。

  1. 保湿力が弱い
  2. 美白効果がない

 

まず、雪肌精の化粧水には、”薬用 雪肌精”と”薬用 雪肌精エンリッチ”という2つのタイプがありますが、どちらも保湿力の高い成分が入っていないので、保湿効果が弱いです。

 

それに、どちらにも美白有効成分は配合されていないので、美白効果は期待できません。

だから、雪肌精でスキンケアを行っても、シミやくすみ、ニキビ跡の色素沈着を薄くすることはできませんね。

 

これは成分分析をすると一発で分かることなので、このセクションでは”薬用 雪肌精”と”薬用 雪肌精エンリッチ”の成分や効果について詳しく説明します。

”薬用 雪肌精”の成分評価|お肌によくない2成分に注意

まず、”薬用 雪肌精”の全成分を見てみましょう。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

その他成分:精製水、エタノール濃グリセリンコムギ胚芽油トウキエキス(1)、ハトムギエキス、ハマメリス抽出液、メロスリアエキス、酢酸dl-α-トコフェロール【酸化防止剤】、クエン酸【pH調整剤】、クエン酸ナトリウム【キレート剤】、セスキオレイン酸ソルビタントリ2-エチルヘキサン酸グリセリルパラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル【紫外線吸収剤】、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、無水エタノール【溶剤】、パラオキシ安息香酸エステル【防腐剤】、香料

  :保湿成分
  :油分
  :界面活性剤
  :お肌によくない成分

 

薬用 雪肌精の良い点

”薬用 雪肌精”の良い点は2つあります。

1つは、”薬用 雪肌精”が医薬部外品であり、有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることです。

グリチルリチン酸ジカリウムは強力な消炎作用があり、ニキビの赤みを鎮めたり、肌荒れを防ぐ働きがあります。

 

もう1つは、コムギ胚芽油などの油分が配合されていることです。

油分は肌を柔軟にしたり、油膜で肌を保護したりする働きがあります。

ただ、化粧水は8~9割が水で占められており、油分が入っていたとしても極僅かなため、油分による効果はあまり期待しない方がいいでしょう。

 

薬用 雪肌精の悪い点

”薬用 雪肌精”の悪い点は3つあります。

1つ目は、保湿力が弱いことです。

”薬用 雪肌精”には、濃グリセリン、トウキエキス(1)、ハトムギエキス、ハマメリス抽出液、メロスリアエキスといった保湿成分が配合されています。

ここで、保湿成分は、肌の表面や内側で水分を保持して潤いをキープしてくれるものをいいます。

ただ、残念ながら”薬用 雪肌精”の保湿成分はいずれも保湿力が低く、肌の水分を長時間保持する効果は期待できません。

 

そもそも、保湿効果が高い成分というのは、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンのような、水分保持力に優れた成分のことをいいます。

 

乾燥しやすい冬場は、”薬用 雪肌精”のような弱々しい保湿化粧水では、お肌の潤いをキープできないかもしれませんね。

 

続いて、2つ目の悪い点は、界面活性剤の配合数が多いことです。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きのある成分のことです。

有用成分(保湿成分など)の肌への浸透性を高める効果があるので、化粧品によく配合される成分ですね。

ただ、界面活性剤は、配合数や配合量が多くなると、お肌への負担が大きくなります。

”薬用 雪肌精”には、3種類の界面活性剤が配合されていて、配合数が多いので、お肌への負担が気がかりですね。

 

最後に、3つ目の悪い点は、お肌によくない成分が入っていることです。

”薬用 雪肌精”のお肌によくない成分としては、エタノールパラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルが挙げられます。

 

エタノール

エタノール(アルコール)は、サッパリした使用感や浸透感を演出してくれるので化粧水によく配合されます。

また、お肌を引き締める収れん効果もあります。

 

ただ、エタノールは揮発性が高くて、蒸発するときに周りの水分も持っていってしまい、肌を乾燥させる恐れのある成分です。

さらに、お肌に合わない人が使うと、顔が赤くなったり、ヒリヒリ感が出たりすることがあります。

 

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルは紫外線吸収剤と呼ばれるもので、紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。

しかし、紫外線吸収剤は肌を乾燥させやすく、まれに刺激を感じる人もいます。

 

総合評価:55点

”薬用 雪肌精”には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿力の高い成分が配合されていないので、保湿効果は弱いです。

また、美白有効成分が入っていないので、ニキビ跡の色素沈着(茶色いシミ)を改善する効果はありません。

 

さらに、肌への刺激性が心配されるエタノールやパラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルが含まれており、お肌の弱い人は肌荒れを起こす恐れがあるので使わない方がいいでしょう。

なお、”薬用 雪肌精”の効果や安全性を100点満点で評価するなら、55点ですね。

 

ちなみに、あなたが、お肌をひたひたに潤してくれる化粧水を探しているなら、高保湿成分プロテオグリカンが配合されたナールスピュアという化粧水をチェックしてみてください。

公式ページ→お肌をぷるんぷるんに潤す高保湿化粧水はこちら

”薬用 雪肌精エンリッチ”の成分評価

”薬用 雪肌精エンリッチ”の全成分はこちらです。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

その他成分:精製水、無水エタノール【溶剤】、1,3ブチレングリコールポリオキシエチレングリセリン(26E.O.)、d-δ-トコフェロール【酸化防止剤】、テンニンカ果実エキス、トウキエキス(1)トリメチルグリシンバクモンドウエキス、ブナエキス、メマツヨイグサ抽出液、メロスリアエキス、ヨクイニンエキスエタノール、エデト酸ニナトリウム、オレイン酸オレイル、クエン酸【pH調整剤】、クエン酸ナトリウム【キレート剤】、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

  :保湿成分
  :油分
  :界面活性剤
  :お肌によくない成分

 

”薬用 雪肌精エンリッチ”にも有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、ニキビの赤みを抑える効果は期待できるでしょう。

次に、”薬用 雪肌精エンリッチ”には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿効果の高い成分は配合されていないので、化粧水としての保湿力は弱いです。

 

また、美白有効成分も含まれていないので、ニキビ跡への効果は望めません。

一方で、肌を乾燥させる恐れのあるエタノールはきっちり入っていますね。

 

というわけで、成分解析の結果から、冒頭でも説明したように、”薬用 雪肌精”と”薬用 雪肌精エンリッチ”は保湿効果が低く、ニキビ跡への効果はありません。

よって、保湿化粧水としても、美白化粧水としてもおすすめはできませんね。

そもそも、肌によくない成分が入っている時点で、使わない方がいいでしょう。

 

雪肌精化粧水の使い方のコツ

ここでは、雪肌精化粧水の効果的な使い方を説明します。

 

まず、雪肌精の化粧水をつける順番ですが、洗顔後すぐのお肌につけましょう。

そもそも、化粧品は水っぽいものからつけるのがセオリーなので、スキンケアの順番は基本的に次のようになります。

洗顔 → 雪肌精化粧水 → ジェルや乳液、美容液等 → クリーム

 

ここで、雪肌精化粧水は保湿効果が弱いので、保湿力の高いセラミド等がたっぷり配合されたクリームを追加した方がいいですね。

 

そして、雪肌精化粧水は抗炎症成分が入っているので、ニキビケア効果は期待できますが、美白効果やエイジングケア効果などは有していません。

そのため、美白ケアをしたい場合は、雪肌精化粧水の後に、美白乳液や美白美容液などを使うといいでしょう。

 

例えば、私が雪肌精を使うなら、次のようなアイテムを併用しますね。

洗顔 → 雪肌精化粧水(ニキビ対策) → 美白美容液(シミ対策) → 高保湿クリーム(乾燥対策)

 

雪肌精 化粧水の口コミを検証

ここでは、雪肌精化粧水の口コミをいくつか紹介します。

→雪肌精の化粧水は抗炎症成分が配合された医薬部外品なので、肌荒れのケアには効果を発揮します。

→雪肌精の化粧水はエタノールが配合されているので、アルコールがお肌に合わない人が使うと、ヒリヒリしたり、顔が赤くなったりすることがあります。

→雪肌精の化粧水は、そもそも保湿力が高い成分が入っていないので、お肌の潤いをキープする効果は弱いです。

だから、お肌の乾燥で悩んでいる人は、プロテオグリカンやヒアルロン酸のような水分保持力の強い成分が入った化粧水を選んだ方がいいですね。

 

雪肌精 化粧水の値段は?コスパが恐ろしく悪いぞ!360mlや500mlは買わない方が賢明!

雪肌精の化粧水は、マツキヨなどのドラッグストアで簡単に手に入れることができます。

お値段は、薬用 雪肌精 化粧水が200ml5400円(税込み)とかなり高いです。

しかも、雪肌精の化粧水は、配合成分をチェックしたところ、高価な成分は1つも配合されていないので、コスパがかなり悪いです。

 

原価の高いエイジングケア成分や美白成分が入っていて5400円なら、まだ納得もできますが・・・。

 

いずれにせよ、雪肌精の化粧水はお値段が高いので、いきなり360mlや500mlのフルサイズのボトルを購入することはおすすめしません。

そもそも、雪肌精はエタノールなどのお肌によくない成分が入っていますし、植物エキスが肌に合わないリスクもあります。

 

だから、買うなら、まずはお試しサイズのものを使ってみて、乾燥したり、刺激が起きたり、アレルギー反応が出たりしないかチェックしてみるといいですね。

ちなみに、雪肌精化粧水のお試しサイズは、24mlで500円(税抜き)です。

雪肌精化粧水の落とし穴や成分分析、使い方まとめ

雪肌精の化粧水には、”薬用 雪肌精””薬用 雪肌精エンリッチ”があります。

 

薬用 雪肌精

”薬用 雪肌精”は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、赤く腫れたニキビのケアには効果的です。

ただし、保湿力が弱いので、お肌の潤いをキープする効果はあまり期待しない方がいいでしょう。

また、乾燥が原因でニキビができている場合は、保湿力の乏しい”薬用 雪肌精”を使っても、根本的な解決にはなりませんね。

それに、お肌によくない成分も配合されているので、肌が弱い人は避けた方がいいかもしれません。

 

薬用 雪肌精エンリッチ

続いて、”薬用 雪肌精エンリッチ”ですが、こちらもグリチルリチン酸ジカリウムが入っているので、ニキビのケアや予防には効果を発揮します。

ただし、”薬用 雪肌精”と同様に保湿力の高い成分が入っていないので、乾燥対策の保湿化粧水として使うことはおすすめしません。

 

ちなみに、あなたが次のような悩みを抱えているなら、雪肌精のような保湿効果の弱い化粧水ではなく、もっと保湿効果が高いものを選んだ方がいいです。

「化粧水でしっかり保湿ケアしているのに、いつもお肌が乾燥している」

「肌に潤い感がなく、触るとザラザラしていて滑らかさもない」

「肌にハリや弾力、透明感がない」

 

例えば、最初に紹介したナールスピュアという保湿化粧水は、保湿力の高いプロテオグリカンという成分が配合されているので、お肌の水分量を高めつつ、潤いを長時間キープしてくれます。

また、界面活性剤フリーなので、乾燥肌や敏感肌のように、お肌が弱い女性でも安心して使えますよ。

公式ページ→お肌をひたひたに潤す高保湿化粧水はこちら

 

肌活30おすすめの化粧品ランキング

関連記事⇒ニキビケア化粧水ランキングTOP3|繰り返すニキビを根絶!

関連記事⇒最強の保湿化粧水ランキングTOP3|お肌のぷるんぷるんに潤すのはコレ!

関連記事⇒ニキビ跡ケア化粧水ランキングTOP3|茶色いシミやみかん肌に悩む女性は要チェック!

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ナールスピュア+の成分評価や効果まとめ|保湿効果とエイジングケア効果が高い!私が実際に使った感想も紹介!

 

関連記事→アクアレーベル化粧水の成分解析や効果、ニキビができやすくなる恐れが

sponsored link